プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街のあかり
希望を灯す


街のあかり
原題:LAITAKAUPUNGIN VALOT/LIGHTS IN THE DUSK/LICHTER DER VORSTADT
    /LES LUMIERES DU FAUBOURG



製昨年:2006年 製作国:フィンランド/ドイツ/フランス 78分
監督:アキ・カウリスマキ
出演:ヤンネ・フーティアイネン、マリア・ヤンヴェンヘルミ、カティ・オウティネン
    マリア・ヘイスカネン、イルッカ・コイヴラ

【ストーリー】

警備会社で働く男コイスティネンは友人も恋人も家族もいない孤独な生活を送っていた。
そんな彼に目をつけたギャングは自分の情婦ミルヤをコイスティネンのもとに送り、
彼女に恋をしたコイスティネンはギャングの犯罪に利用されてしまう。

【感想】

フィンランドの巨匠アキ・カウリスマキ監督の、
浮き雲』『過去のない男』に続く敗者を描いた3部作の最終章です。

久しぶりに心を鷲掴みにされる作品に出会いました。

実はアキ・カウリスマキ監督作品を観るのは初めてなんです。
祝アキ・カウリスマキ(笑)
とても独特な作風の監督ですね。すごくヨーロッパ的な匂いがします。

友人も恋人も家族もいない、たった一人孤独に生きる男コイスティネン
夜警員の仕事場でも同僚から無視され、バカにされる彼は、
一人バーに飲みに行っても誰にも気に止められなず、
女性に声をかけても相手にされない本当に孤独な男です。

厳しい社会の中で何とか自分の居場所を見つけようとする彼に、世の中は厳しかった。
ほんの少しの幸せも、ほんの僅かな夢も手に入れる事ができない。

そんな愛情に飢えた孤独な男にギャングが目を付けます。
ギャングは自分の情婦ミルヤを彼のもとに送り、
愛情に飢えたコイスティネンを犯罪に利用しようと企みます。

そのギャングたちに面白いように騙されてしまいます。
愛情に飢えたコイスティネンはミルヤに恋をし、彼女に対して誠実に尽くします。
そして騙されたと分かっていても、彼は彼女に対する誠実さを失いません。
なんて不器用な男なのでしょうか?

不器用だからこそ、彼はヘルシンキの街で一人孤独に生きるしかなかったのかもしれません。
誠実で真面目な男であると同時に、
愛や友情、そして生き方全てに対して不器用な男なんだと思います。

そんな孤独の中で一人生きている彼は、その不器用さで気が付いていませんでした。
彼を照らす“街のあかり”のように、彼を見つめる女性の眼差しを。

コイスティネンは本当に徹底的に痛めつけられます。心も体も。
そして多くを望むわけではないのに、幸せも夢も次から次へと打ち砕かれてしまいます。
この映画のほぼ全てのシーンに渡って彼は不幸のどん底に落とされます。

観ていて本当に辛かったです。
なぜ多くを望まないのに、ほんの僅かな幸せがほしいだけなのに、
なぜ彼はこれほどまでに辛い思いをしなければならないのか・・・
胸が締め付けられる想いでした。

しかし、そこにはほんの少しだけ救いがありました。
主人公はどんなに辛く酷い仕打ちを受けたとしても、決して希望だけは捨てなかったことです。
不器用な彼は誠実さと希望だけはしっかりと心に残していたのです。

全てを奪われ、全てを失った彼には通常であれば絶望しか残されていません。
しかし、主人公にとって本当に幸いだったのは一筋の希望の光りが残されていたことです。

それはとても心優しい監督による暖かい眼差し、ほんの少しの希望です。

物語全編に渡り徹底的に痛めつけられたコイスティネンに訪れるラストのほんの少し希望。
それまでの物語が悲惨極まりない事によって、ラストの小さな希望がとても大きく思えました。

とても辛い映画であり、そしてとても希望を感じられる映画でした。
監督の狙いはそこだったんだと思います。

この作品、というかこの監督の作風なんでしょうか、
余計なものを極力排除した物語、セリフの少なさ、カメラワークなど
全てにおいてシンプルな構成であり演出でしたね。

故小津安二郎監督を敬愛していると知って納得しました。
主人公の表情や行動などを撮る時の構成が小津風でしたので。

あと新しい映画なのに何故かレトロっぽく感じるのはやはり作風なんですかね。
雰囲気やちょっとした小物などいろいろな面でレトロなイメージが残りました。

そして舞台もざわめきのある都会でもなく、壮大な大地の映像でもなく、
閑散とした静かで無機質な街の景色を淡々と映し出しています。

これは主人公の心の孤独をより強調した演出なのでしょうか。
暖かさはまるでなく、心も体も寒くなってしまうような、そんな印象を受けました。

そんなシンプルな構成、無機質な街の景色、そして主人公の悲惨な物語が、
ラストの希望の光をより暖かいものとして感じ取れたのかもしれません。

感動の涙を流すわけでもない、押し付けがましいメッセージがあるわけでもない、
ただ本当にシンプルに“希望”という二文字が心に残ります。

この映画のテーマは“孤独”であると監督は言っています。
その“孤独”が本当に心の奥に痛いほど観る者の心に突き刺さってきます。

そしてその孤独を超えたところに見えるんです。

希望”の光りが。

そして主人公を照らし暖かく包み込む“街のあかり”が。

そしてその“希望”と“街のあかり”が主人公の人間性を回復してゆくのです。

決して興行的な作品ではありません。
しかし多くの事を得る事のできる映画であると思います。

誠実さ”や“希望”、そしてどんな事があっても“諦めない心”、
混沌としたこの世の中を生きていく上で大切な事を教えられたような気がします。

そして自分の心の中にもそっと“街のあかり”が灯りました。

上映時間は78分と短めですが、その短い時間の中に一人の男の人生が詰まっています。


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

街のあかり


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんばんは
アキ・カウリスマキ監督。
恥ずかしながら、初めて聞く監督です。
敗者を描いた三部作というテーマもすごいですね。

でも、面白そう・・・興味アリです。
【2008/01/19 01:01】 URL | ひで #- [ 編集]


>ひでさんへ
実は自分も恥ずかしながら最近になって知りました(^^;
厳しい現実や境遇の中ででささやかに生きる人たちを、
とても暖かい目で見守っているようなヒューマニティ溢れる
映画を撮る監督だと思います。
昨日、敗者3部作の第2章『過去のない男』を鑑賞しましたので、
引き続きレビューを書くつもりです(^^
【2008/01/19 09:40】 URL | Toy's #- [ 編集]

観たい!!
これは、劇場公開を見逃してすご~く後悔した作品です
とても観たかったのに、時間が合わなくて・・(涙)

とても観たい作品なので記事はスルーさせていただきましたが
最初の「久しぶりに心を鷲掴みにされる作品に出会いました」という文で
早く観なくては!!という気持ちが・・・

レンタルショップに行かなくちゃ~~~
【2008/01/19 10:22】 URL | D #k0GcsowQ [ 編集]

とても良かったです
>Dさんへ
本当に久しぶりに心を鷲掴みにされた作品に出会いました。
何故今までこの監督の作品を観なかったんだろうかとプチ後悔してます(^^;
これは劇場でぜひ観たかったですね。
Dさん、ひでさんにはど真ん中の作品なんじゃないかと思います。
是非、是非ご鑑賞下さい。そして感想楽しみにしてますね(^^
【2008/01/19 12:24】 URL | Toy's #- [ 編集]

観ましたぁ~
いやぁ~。良かったです。
心にあかりが灯りました。

「過去のない男」もそうでしたが、
ラストシーンでグッときますね。

あの独特の「間」も活きていました。

邦画は食わず嫌い?のため、
まったくと言っていいほど観ていないのですが、
小津監督作品は観てみたくなってきました。
【2008/05/09 22:08】 URL | ひで #- [ 編集]


>ひでさんへ
この作品の全てがラストシーンに集約されてましたよね。
コイスティネンと共に観ている自分の心にもそっと明かりが灯るような、
大きな優しさを感じました。
ラストシーンは本当にグッときますね。
自分も小津作品は一度も観た事がないのですが、
これだけ欧州の監督さんたちが敬愛する作品がどんなものなのか、
とても興味が出てきています。
っといいながらなかなか手が出ないんですけどね(笑)
【2008/05/09 22:57】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/99-e51c644b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

街のあかり

Comment: アキ・カウリスマキ監督の「敗者三部作」の最終章。 薄暗い街に灯るあかりのように、心の中に希望という名のあかりが灯ります。 警備会社で働く警備員コイスティネン。なぜか彼は周りから嫌われ「負け犬」のレッテルを貼られています。それでも臆するこ ひでの徒然『映画』日記【2008/05/09 22:09】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。