プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステラ
私の最高の親友は、母です。


ステラ
原題: STELLA

D110479570.jpg

製作年:1990年 製作国:アメリカ 109分
監督:ジョン・アーマン
出演:ベット・ミドラー、トリニ・アルヴァラード、マーシャ・メイソン、ジョン・グッドマン
    スティーヴン・コリンズ、アイリーン・ブレナン、リンダ・ハート

【ストーリー】

未婚の母として誰にも頼ることなく力強く生きてゆこうとする女性と、
その娘との20年間にわたる愛情に満ちた関係を描く感動ドラマ。

【感想】

オリーブ・ヒギンズ・プローティの『ステラ・ダラス』の3度目の映画化作品。

この映画は嫁さんが絶賛していて「絶対観なさい!!」と言う言葉に押されて観た映画です。

母娘の物語なので女性向けの映画だと思っていたのですが、
実際にはそんな事はおもいっきり超越した素晴らしい作品でした。

特にラストシーンは呼吸困難になりそうなほど号泣してしまいました。

主人公は明るく誇りをもって生きる女性ステラ
彼女は医大のインターンであるスティーブンという男性と付き合い幸せな時間を過ごしますが、
妊娠発覚を機に二人の関係に終わりが訪れます。
責任を感じたスティーブンから結婚を申し込まれるが、同情されるのが何よりも嫌いなステラは、
その申し込みを断り、産まれてくる娘ジェニーを女手ひとつで育てる事を決意します。

ステラはジェニーのために全てを尽くし、二人の楽しい日々が続きます。
やがて年頃になったジェニーにボーイフレンドができた頃から、
二人の間にすれ違いが多くなり、二人は別々に過ごすようになるが・・・

親の愛情って目に見えるだけのものではないんですよね。
子供が感じているよりも、もっともっと多くの愛情を親は持っているんですよね。
ただ、甘やかせるだけではなく、時には厳しく突き放す事もあります。
それは子供が憎いとか嫌いとかではなく、子供のために心を鬼にする・・・
そんな親の愛情の裏返しなんですよね。

子供の時にはまったく気がつかない事も、成長して行く過程の中で、
その親の愛情を少しづつ分かっていきますよね。
そして自分に子供が出来た時、自分が親になった時に、
さらに親の愛情がどれ程大きかったのかを知る事ができるのだと思います。

現実に自分もそうでした。
まだ未成年だった頃は親の言う事にいちいち反発し、自分をなぜ認めてくれないのか、
自分はもう大人なんだと言う事をなぜ分かってくれないのか、
そんな事ばかり思っていたような気がします。

成人して社会に出て、夢と現実とのギャップや世の中の厳しさ、
自分が今までいかに狭い世界の中で生きてきたのかを知り、
親が今まで自分を育ててくれた大変さを思い知りました。

そして結婚して生活する事の大変さや難しさを知り、
子供が産まれて、一人の人間を育てる事がいかに大変であり、難しい事であり、
とても責任がある事なのだと言う事を思い知らされました。

そして自分が子供へとそそぐ溢れんばかりの愛情は、
自分の親が自分に対してそそいでくれた溢れんばかりの愛情と同じものだったのだと、
親の愛情の深さを本当の気持ちを理解することができました。

この映画を観て、親の愛情の深さをあらためて再確認できたと同時に、
自分自身がその親になったんだと、あらためて実感しました。


子供のために自らを犠牲にする親の姿を他人から見れば何故?と思うかもしれません。
しかし親にとっては、その自己犠牲は苦しい事ではなく、とても幸せな事なのです。

主人公ステラを演じたベッド・ミドラーの名演は本当に素晴らしいです。
常に明るく弱さを見せない、自分の人生に誇りを持って生きる女性ステラは、
彼女の名演技でしか演じることのできない役柄であったと思います。
女性の強さと弱さ、男性を愛する女性として、娘を愛する母親として自分の信念を持って
生きるステラをちょっとした仕草や表情に至るまで完璧に演じていました。

この映画は母親と娘の愛の物語です。
しかし女性だけではなく、男性が観てもきっといつまでも心に残る映画になるでしょう。
それは母親という愛情にあふれた大きな存在をあらためて感じられる映画だからだと思います。

この映画のラストシーン、ステラの笑顔と涙を是非観て下さい。
号泣すること間違いないです。
これほどまでに胸をしめつけられ、涙が止まらなかった映画は他にありませんでした。
しかし、それはただ苦しいだけの涙ではないんです。
とても暖かい涙でいっぱいになります。
今まで観てきた映画の中でも屈指の名ラストシーンだと思います。

女性や男性という性別を超えて、人の子である人々、人の親である人々、
全ての人たちに観て頂きたい、そう思える作品です。


そして年を重ねるごとに見続けてほしいです。
その時、その時にまた違った感動をあると思います。

皆さんも是非、この映画を観て暖かい涙に包まれてみて下さい(^^


評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

STELLA


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

 ステラ、いいですよね。奥様が押す気持ちがよく分かります。数年前にWOWOWで見て、ぜんぜん期待せずに見ていたんですが、だんだん引き込まれて、ラストでは泣いていました。なかなか、ステラを取り上げているブログがなかったんですが、いい記事を読ませていただきました。
 ア、B級のほうも拝見しました。面白いですね。
【2008/01/23 20:55】 URL | B級映画大好き! #- [ 編集]


>B級映画大好き!さんへ
はじめまして。コメントありがとうございます(^^

『ステラ』は本当に良い作品ですよね。
自分も全然期待しないで観たので、
ラストは涙で画面が見えないくらい号泣してしまいました。
たしかに『ステラ』を取り上げたブログはあまりないように感じますね。
沢山の人に観てほしい映画なんですけどね(^^

B級の方も見て頂いたんですか!!ありがとうございます。
こちらもB級映画大好き!さんのブログを拝見させて頂いたのですが、
自分のB級映画レビューはまだまだだなと感じました。
自分が観た映画、観たい映画が沢山レビューされていて、
とても楽しく読ませて頂きました。

また遊びに寄らせて頂きますね(^^
【2008/01/24 12:26】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/95-816076ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。