プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレンジャー・コール
もう、止めて―――。


ストレンジャー・コール
原題: WHEN A STRANGER CALLS

stranger1a.jpg

製作年:2006年 製作国:アメリカ 87分
監督:サイモン・ウェスト
出演:カミーラ・ベル、トミー・フラナガン、ケイティ・キャシディ、テッサ・トンプソン
    ブライアン・ジェラティ、クラーク・グレッグ、ランス・ヘリクセン(声)

【ストーリー】

ロサンゼルス郊外の閑静な丘の上に建つ邸宅でべビーシッターをすることになった女子高生が、
不審な男からかかってくる不気味な電話によって恐怖に突き落とされるサイコスリラー。

【感想】

1979年公開の『夕暮れにベルが鳴る』をリメイクしたサイコスリラーです。

閉鎖的空間に迫り来るサイコキラーの絶望的恐怖がリアルに描かれていて、
物語が進むにつれて映画に釘付けになりました。

どこかで見たことのあるような定番な展開、良くある設定のサイコスリラーですが、
物語を極力シンプルに絞込み、主人公にじわじわと忍び寄る恐怖を徹底的に描いた
演出が恐怖度をよりいっそう高めています。

見終えた後に冷静に考えると、まったく必要のない場面や伏線になっていない展開、
ご都合主義的な殺人鬼の設定などツッコミどころ満載な映画でもありました。

ネタバレしてしまうので詳しくは書きませんが、???な部分も結構あります。
その???なツッコミどころは観て頂ければ確実に分かります(笑)

ただ閉鎖的な空間で迫り来る絶望的な恐怖を描いた部分だけを考えれば、
観ている間中、ハラハラドキドキしまくりだったので恐怖度は合格点だと思います。

映像やカット割りもよりいっそう恐怖度を演出していました。
そして恐怖度を演出する音楽の使い方も良かったですね。
この系統の映画には定番ですが静と動の使い分けが上手かったと思います。

まるで主人公と同じ場所にいて、同じ恐怖を味わっているような感覚になれます。
それだけ恐怖に対する演出には力が入っているって感じですね。

まぁ、映画好きでサスペンス好きな人にはちょっと物足りないというか、
設定や伏線が甘すぎるという評価になりそうですが(^^;

そして物語自体、賛否両論ですが、さらに賛否両論なのがラスト。
うーん、言いたいけどネタバレするから言えないこの辛さ(笑)

この映画は『夕暮れにベルが鳴る』のリメイクですが、
元ネタは「ベビーシッターと二階の男」という都市伝説らしいです。

この話を読んでみると、たしかにこの映画の前半部分はその都市伝説から
作られたって感じがします。
後半部分はその話にオリジナルで考えた物語を足したような形になっています。
その後半部分が問題なんですけどね(笑)

主人公は2006年春夏のブラダガールとして、
ファッションセレブの仲間入りをしたカミーラ・ベル。
日本人受けしそうなルックスですよね。
サイコキラーの恐怖に怯える女子高生を一生懸命演じていました。

この映画は「スクリーム」をはじめとするティーンエイジホラーの部類に入ると思いますが、
他の作品と比べるとちょっとオトナシイというか、パンチがあまりない気がしました。
しかし、シンプルにハラハラドキドキさせる展開は他の作品以上かもしれません。

全体的な構成には疑問な部分が多く、ツッコミどころ満載ですが、
恐怖に対する演出はしっかりと丁寧に描かれているので、
都市伝説を下敷きにした物語と言う事を理解した上で、
恐怖を体験できる映画として観て頂ければ意外と楽しめると思います。


評価★★★★★☆☆☆☆☆(10点満点中5点 …1点)


<DVD情報>

ストレンジャー・コール


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/89-a975cc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。