プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルピコ
一人の若い警官が撃たれた・・・
ニューヨーク市警も彼の死を望んでいた!!



セルピコ
原題:SERPICO

D111728571.jpg

製作年:1973年 製作国:アメリカ 130分
監督:シドニー・ルメット
出演:アル・パチーノ、ジョン・ランドルフ、ジャック・ホーキー、ビフ・マクガイア、
    トニー・ロバーツ、コーネリア・シャープ

第31回ゴールデン・グローブ賞 男優賞(ドラマ)受賞

【ストーリー】

ニューヨーク市警察にはびこる腐敗、汚職にたった一人で戦いを挑んだ男“セルピコ”の
姿を描いた実話が原作の映画化。

【感想】

正義とは何か?何を信じれば良いのか?深く考えさせられる映画です。

希望と正義感に燃え警察学校を卒業したセルピコは理想と現実のギャップに苦しみます。
日常茶飯事に行われる収賄、仕事の怠慢。
個人的ではなく組織的に行われる賄賂。

正義感に燃えるセルピコは決して賄賂を受け取らず、次第に警察内部から孤立して行きます。

警察だけに留まらず、いろんな場所や組織の中で腐敗はあると思います。
ただ大多数の人々はそれに流され、組織という大きな枠の中で罪悪感は薄れてしまいます。

その腐敗に立ち向かうには大きな勇気と誰にも負けない根性が必要だと思います。
周りからは孤立し、それでも自分を信じて戦う強い心がなければ、いつかきっと負けてしまうでしょう。

セルピコは場所が変わってどんなに腐敗していようとも戦い続けます。
その信念は本当に凄い。
誰にでもできることではありませんね。
自分も同じ立場になった時にセルピコのように戦えるのかと考えると、
きっと流されてしまう人間の一人になってしまうのだろうと思います。

セルピコにとっての戦いは警察全体の腐敗を正したかったと言う巨大悪への挑戦ではなく、
自分自身の正義の心、信念を貫き通したかったんじゃないかと感じました。

そして、その行動が少しでも多くの人々の心に届く事ができれば、
いつかきっと腐敗が消えて行く日がくるのだろうと思いました。

ただ、セルピコの行動が本当に正解だったのか?
それは難しいところだと思います。
たった一人で巨大な悪に立ち向かうのは、現実的に考えれば無謀な行動ですよね。
組織の中で生き抜くためには流される部分も必要ですが、
自分を見失ってしまうのは最悪な事です。

その戦い方をいろんな角度で、いろんな人脈を広げて戦いを挑んだほうが現実的です。
セルピコの行動はとても素晴らしい事です。
忘れてはいけない心を持っています。
ただセルピコの行動全てを肯定してしまうのも問題があるんじゃないかと感じました。

そのセルピコを演じたのはアメリカを代表する演技派アル・パチーノ
静と動を演じ分ける彼の演技は、若かりし頃のギラギラした雰囲気も合わさって、
腐敗に立ち向かうセルピコ本人にしか見えないほどハマり役でした。
彼の演技は本当に素晴らしいですね。
この作品で第31回ゴールデン・グローブ賞 男優賞(ドラマ)を受賞しています。

実話を基にしただけあって、内容は結構リアルだったと思います。
それはストーリーもそうですが、映し出される映像が全てリアルに感じられました。

腐敗に立ち向かった一人の男の生き様を通して、自分を信じる事の大切さ、
信念を貫き通す強い心の大切さを感じると同時に、
大きな組織の中で生きてゆく事の難しさを感じました。

世の中は決して綺麗事だけでは済まされない、厳しい現実が待ち受けています。
そのバランスを崩してしまうと、
たとえ正義のためだとしても社会から爪弾きにされてしまいます。

自分を貫く信念、綺麗事では済まされない現実。
セルピコの生き様を通して、自らの生き方を考えさせられました。

観終えた後に残る切なさと余韻が深く心に突き刺り、
正義とは何か?を深く考えさせられる、
重く苦しい映画ですが人生の中で一度は観てほしいと思う映画です。



評価★★★★★★★☆☆☆(10点満点中7点 …1点)


<DVD情報>

セルピコ

セルピコ デジタルニューマスター版


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

かなり昔の作品なんですねー。
アルパチーノの若かりし頃に興味があるので
レンタルして見たいと思います!
実話映画大好きなんで楽しみです♪
【2007/10/23 14:16】 URL | プー子 #- [ 編集]

プー子さんへ
もう30年以上前の作品になりますね~。
アル・パチーノが超若いですよ(^^
この頃のアル・パチーノが役者として一番ノッている時期だったんじゃないかと思います。
重く、苦しく、切ない映画ですが多くの事を考えさせられる映画です。
【2007/10/25 09:30】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/75-36830684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。