プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキー・ザ・ファイナル
NEVER GIVE UP 自分をあきらめない


ロッキー・ザ・ファイナル
原題:ROCKY BALBOA

wzakvpsbhq.jpg

製作年:2006年 製作国:アメリカ 103分
監督:シルベスタ・スタローン
出演:シルベスタ・スタローン、バート・ヤング、アントニオ・ターヴァー、ジェラルディン・ヒューズ
    マイロ・ヴィンティミリア、トニー・バートン

【ストーリー】

かつてボクシング界の栄光を掴んだ男ロッキーは愛する妻エイドリアンに先立たれ、
息子は家を出て独立し、現在はレストラン「エイドリアンズ」を経営し孤独な日々を送っていた。
ロッキーは心の喪失感をぬぐうため、もう一度自分を取り戻すため、再びリングに上がる決意をする。

【感想】

いや本当に最高でした(^^

ロッキー」シリーズの完結編にして第一作と並ぶ最高傑作だと思います。

第5作「~最後のドラマ」の時は本当にこれで完結でいいの?って思ってましたが、
長い年月を経てようやく本当のロッキーの最後のドラマを観る事ができました。

002_20071012161917.jpg

第一作へのオマージュが散りばめられた今回の「~ファイナル」は、
初心に戻り、ボクシングシーンがメインとなっていた2作目以降とは違い、
ドラマ性を重視した素晴らしい人間賛歌が描かれていました。

この「~ファイナル」では最愛の妻エイドリアンに先立たれ、
過去を引きずり、自分を見失ってしまったロッキーが、
心の喪失感をぬぐうため、そして自分を取り戻すためにリングに上がる決意をします。

ロッキーの人生は最愛の妻エイドリアンのための人生でした。
彼女がいてくれたからこそ、ロッキーはどんなに苦しくても戦う事ができたのです。

そのエイドリアンはもういない。

ロッキーの心の中にできた大きな穴、
とても深い喪失感がロッキーに襲いかかっていたのだと思います。

そして自分自身が存在する場所、自分の中に眠る情熱、そして生きる意義とは・・・
ロッキーはその答えを見出します。
その場所はリングであり、情熱、生きる意義はボクシングだったのです。

005_20071012161925.jpg

自分を取り戻すため、自分の夢を追いかけるため、
諦めない男ロッキーは最後のリングに立ちます。

それは偉大なボクサーの息子として世間から見られ、
自分自身を見失ってしまった息子へのメッセージでもあると思います。

ロッキーが息子に言うセリフ、

人生ほど重いパンチはない

どんなに打ちのめされても、あきらめずに前に進むんだ。

ロッキーがボクシングで生きてきた自分の人生で得たものを、
不器用ながらも息子へ伝えた素晴らしい言葉でした。

011_20071012161936.jpg

そしてラストのファイトシーン。
今までのファイトシーンの中で一番良かったです。
諦めずに最後まで戦うロッキーの姿に、今までのロッキーとは違う重さを感じました。
それはロッキー自身を証明するための最後の戦いだったからなのかもしれません。

手に汗握るスリルと興奮、シリーズを通して繰り広げられたファイトシーンは
今作でも色あせることなく壮絶な戦いを繰り広げていました。
勝敗を超越したロッキーの勇姿が今も瞳の奥に焼きついています。
そして戦いを終えた後、ロッキーが見せる爽やかな笑顔がとても印象的でした。

シルベスタ・スタローンは第一作目から本当にロッキーだったんですね。
スタローンの俳優人生はロッキーのボクサー人生と同じで、
俳優とか役柄とかではなくスタローン=ロッキーロッキー=スタローンなんですね。

この「~ファイナル」を撮るに当り、多くの人たちから「なぜ、今さら?
ヒットするわけがない!」と言われ続けたらしいですね。
でも、それはまさしく「~ファイナル」の中のロッキーと同じ。
勝てるわけがない!」「なぜ今さら戦うんだ?」と言われ続けたロッキーは、
周りに何を言われても自分の信念を貫き通し、最高のファイトを見せてくれました。
そのロッキーの勇姿は周りに何を言われても信念を貫き通し、
「~ファイナル」を完成させたシルベスタ・スタローンそのものですね。


003_20071012161942.jpg

多くの感動と勇気を与え続けてくれた「ロッキー」シリーズ。
何度も挫折しかけようとも、そのたびに這い上がり、
不屈の闘志を奮い起こし戦ってきたロッキー。

その勇姿は「ロッキー」シリーズを観ている全ての人たちに勇気と感動を与え、
自分自身を信じる事、そして決して諦めない事の大切さを教えてくれると同時に、
年齢や環境など関係なく、夢を追い続ける事の大切さを教えてくれました。


ロッキー・ザ・ファイナル」はシリーズの完結編として相応しい内容でした。
多くの勇気と感動を与えてくれたロッキーに心から感謝したいと思います。

ありがとう、ロッキー!!

001_20071012162019.jpg


↓↓↓ロッキー・ザ・ファイナルの予告です。
    上映中となってますが、DVD発売中ですね(^^;
    是非参考にして下さい。





評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編/勝負ガウン付BOX)

<CD情報>

ザ・ベスト・オブ・ロッキー~ロッキー・ザ・ファイナル オリジナル・サウンドトラック


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

こんにちは。

ロッキーは実は一度も観た事がないのですが、時々映画にパロディとして出てきたり、あの音楽もよく耳にしたり。非常に気になってはいたのですが、未だ観れていません。

ファイナルは観てみたいと思うので、これを機に最初から鑑賞してみようかと思います。

感想を拝見する限り、良さそうですし、熱くなれそうです(笑
【2007/10/14 15:48】 URL | Nei #- [ 編集]

Neiさんへ
こんにちは。

女性にはなかなか「ロッキー」シリーズって縁がないですよね。
それはやはり“男”を純粋に描いているからなのかもしれません。
あ、あとスタローンが苦手って言う人も多いですよね(^^;

今回の「~ファイナル」は男性でも女性でも楽しめる映画になっていると思います。
1~5作目まで見ていなくても一つの映画として観れるような作品にもなっているので、
「ロッキー」シリーズを観ていないNeiさんでも全然観れると思います(^^

1,2,3作目までは結構ドラマ性がありますが、
4作目はもうボクシング娯楽超大作です(笑)
5作目は・・・自分的にはあまりオススメできません(^^;
やっぱり1作目と「~ファイナル」が一番オススメですね。
【2007/10/14 18:00】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/69-7283312b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。