プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン2
偽ることが、愛なのか。


スパイダーマン2
原題:SPIDER-MAN 2

tujiwepqlo.jpg

製作年:2004年 製作国:アメリカ 127分
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、アルフレッド・モリナ、ジェームズ・フランコ、
   ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ

【ストーリー】

前作から約2年、スパイダーマンとして活躍する生活と普通の青年としての生活の二重生活に
もがき苦しむピーターの前に、新たなる強敵“ドッグ・オク”が現れる。
SFアクション超大作の第2弾。

【感想】

アメリカのマーベル・コミックに登場する“親愛なる隣人”の愛称を持つ、
悩めるヒーロー“スパイダーマン”の続編です。

319039view014.jpg

今回は前作からアクション、ドラマ性、CG技術がさらにスケールアップしています。
特に見所なのは強敵ドック・オクとの熾烈な戦いですね。
原作でも人気のあるこのキャラクターをサム・ライミ監督の想像力と演出力、
そしてアルフレッド・モリナの存在感、そして演技力で素晴らしい強敵を作り上げています。

怪人ドック・オクの武器であり命でもある4本の触手の様なアームが凄かったですね(^^
そのアームの凄まじいパワー、そしてアーム自体が生きている様なリアルな動きに圧倒され、
4本のアームでビルの壁をよじ登ったり、体を浮かせてアームを足代わりに歩いたり、
戦う時には恐ろしい武器になったりと、アメコミキャラの中では恐怖度№1だと思います。

319039view001.jpg

特に科学者オットー・オクタビアスが怪人ドック・オクとなってしまう場面では、
ホラー映画風な映像、構成で、ホラー監督であるサム・ライミ節が炸裂していましたね(^^

そのドック・オクとスパイダーマンが前作のグリーン・ゴブリンとの死闘を
遥かに凌ぐ壮絶な戦いを繰り広げます。

319039view015.jpg

特に電車の上でのバトルは凄かったですね!!
手に汗握る攻防から目が離せませんでした。
そしてドック・オクの手によって暴走させられた電車をスパイダーマンが体を張って
食い止めるシーンはスパイダーマンと一緒に力が入りすぎてめちゃくちゃ疲れました(笑)

ドラマ性も前作よりもさらに深くなっています。
スパイダーマンとして、普通の青年としての二重生活の苦しさ、
そしてMJの婚約という現実に思い悩み、そのストレスによりスパイダーパワーを失ってしまい、
スパイダーマンとしての自分を捨てる決意をするピーター

ピーターを愛しながらも受け入れてくれない彼を諦め、別の人物と婚約してしまうMJ

父親を殺したスパイダーマンの正体を知るためにドック・オクと手を組んでしまうハリー

主人公ピーター(=スパイダーマン)の苦悩だけではく、
MJ、ハリー、それぞれの苦悩がしっかりと描かれていて、
彼らの物語がより深く、ドラマチックになっていました。


やはりこのシリーズの魅力は縦横無尽に飛び回るスパイダーマンの活躍と、
悪役との壮絶なバトル、そして何よりもドラマチックな物語なのだと思います。

319039view004.jpg

スパイダーマンとしての「大いなる責任」と、1人の青年として1人の女性を想う「」。
”する人のために「大いなる責任」を捨てるのか・・・
それとも「大いなる責任」のために“”を捨てるのか・・・

このシリーズを通しての主題「大いなる力には、大いなる責任が伴う」、
そして1人の青年として1人の女性を想う「」。

その二つに大きく揺れるピーター、この二つの苦悩こそが今作の主題なのだと思います。

大きな問題に直面したピーターは果たしてどのような決断を下すのか・・・

それは観てのお楽しみです(^^

前作からのメインキャストであるピーター(=スパイダーマン)役のトビー・マグワイア
MJ役のキルスティン・ダンスト、ハリー役のジェームズ・フランコは、
二作目だけあって、さらに各キャラクターに深みを持たせた演技だったと思います。

319039view008.jpg

そして今回の強敵ドック・オク(科学者オットー・オクタビアス)を演じた
アルフレッド・モリナの存在感、そして演技力は素晴らしいの一言です。
家族思いの科学者だった優しいオクタビアスと、、
アームに精神を支配され怪人ドック・オクに変貌してしまった凶暴なオクタビアスを、
強烈なインパクトを残す存在感抜群の演技で演じていました。

監督はもうサム・ライミ以外に考えられないですね。
アメコミという一歩間違えれば大失敗になってしまう危険な題材を、
CG技術を駆使した素晴らしい映像、壮絶なバトルシーンで観る人々を魅了し、
苦悩する人間ドラマ部分もしっかりと描ききる才能は本当に凄いと思います。

前作からパワーアップした壮絶なアクションシーン、
CG技術を駆使した縦横無尽に飛び回るスパイダーマンの活躍、
そしてより深くなった人間ドラマ。

続編でありながら全てにおいて第一作を超えた第二作目は、
より深くなった人間ドラマとよりスケールアップしたアクションシーンで、
さらに老若男女誰もが楽しめる一級のエンターテイメント超大作となっています(^^



第一作「スパイダーマン」の感想はこちら

第三作「スパイダーマン3」の感想はこちら


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

スパイダーマンTM2

スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

スパイダーマン2プラス1 エクステンデッド・エディション (初回限定生産)

スパイダーマン 2 デスティニーBOX

スパイダーマン 2 [SUPERBIT(TM)]

<CD情報>

スパイダーマン2

<コミック情報>

スパイダーマン―アルティメット(1) アメコミ新潮



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/66-86265749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。