プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

300
300人VS1,000,000人、真っ向勝負!


300<スリーハンドレッド>
原題:300

jkxbocsyu.jpg

製作年:2007年 製作国:アメリカ 117分
監督:ザック・スナイダー
原作:『300』グラフィック・ノベル(フランク・ミラー著)
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト
    ミヒャエル・ファスベンダー、ヴィンセント・リーガン

※R-15指定作品

【ストーリー】

紀元前480年、100万のペルシア軍にわずか300名の軍勢で戦いを挑んだレオニダス王率いる
スパルタの兵士の姿を描くフランク・ミラー原作のグラフィック・ノベルの映画化。

【感想】

この映画は紀元前480年のペルシア戦争テルモピュライの戦いを描いた作品です。

この映画はとにかく映像が凄いです。
前評判通りの度肝を抜く映像は本当に圧巻でした。

003.jpg

そして100万のペルシア軍にわずか300名の軍勢で戦いを挑んだスパルタの兵士達。
勝ち目の無い戦いに誇りを持って戦う彼らの強さ、信念、生き様は、
まさに男の中の男、本当の“”を見た気がします。

今までスパルタ兵というと、スパルタの語源になるだけあって、
人間味がない戦いを好む戦闘集団っていうイメージがありましたが、
この映画を観てスパルタ兵も人間なんだと感じました。
戦闘のために生きる戦闘集団であることは確かでしたけどね。

映画の内容はスパルタ軍がペルシア軍を足止めした3日間の戦いを描いています。
なので全編ほとんどが戦闘シーンです。

004_20071005124450.jpg

その戦闘シーンが今までにない映像で描かれていて斬新でした。
映像全体がトーンを落としたセピア色の色彩で描かれ、
戦闘のシーンではスローモーションを駆使した壮絶な戦いの映像、
首が飛び、腕や足を切られ、血しぶきが舞う。

凄まじいバイオレンスグロテスクな映像は、
生死を掛けた戦いの中に生きる戦士達の本当の戦いを観ているようでした。

全編戦闘シーンの連続なのでドラマ性はほとんどありません。
夫婦愛や親子愛、政治的策略など多少のドラマは盛り込まれていますが、
基本的には300人のスパルタ兵士の戦いがメインです。

008_20071005124459.jpg

これは地球上の長い歴史の中で300人のスパルタ兵が100万のペルシア軍と戦う
ほんの一部分を切り取った映像を観ていると考えれば、
不必要なドラマ性や無意味な脚色はいらないのだと思いました。

斬新な映像、壮絶なバイオレンス描写、スパルタ兵の誇り高い戦い、
見所は沢山ありますが、逆にツッコミどころも沢山ありました(^^;

特に気になったのがペルシア軍の描き方。

スパルタ兵の誇り高さを描くために完全な悪として描いているような気がしました。
彼らもまた人間で、誇り高き心を持つ人々もいたと思います。
逆にペルシア軍にも戦士として戦う誇りを持たせた方が、
300人のスパルタ兵が戦士として華々しく散って行く姿に、
彼らの生き様、そして誇り高さをよりいっそう感じられたのではと思いました。

010_20071005124506.jpg

そしてもう一つはペルシア軍の中に登場する化け物(?)のような存在。
めちゃくちゃ怪力の大男(かなりデカイですけど)はまだ分かりますが、
手が刀みたいになっている人間が出てきた時にはちょっとどうかと思いました。

そして不死身軍団。
アジアを制したペルシア軍の奥の手として登場する彼らもまた微妙でした。
変な仮面をかぶり、微妙に忍者っぽいのには何とコメントしてよいのか(^^;

ペルシア軍の王クセルクセスのビジュアルはまだ良いとしても、
微妙なモンスターや微妙なキャラクターを登場させるのはどうかと思いましたね。

まるでスパルタ兵がエイリアンと戦っているような感覚になりかけました(^^;

製作者の意図としてはペルシア軍を異国の人間としてスパルタ兵との対比を考え、
まったく別のビジュアルにしたつもりだと思うのですが、
ここまでやるとちょっと行き過ぎな気がします。

007_20071005124514.jpg

スパルタの王レオニダスを演じるジェラルド・バトラー
見事に腹筋が割れまくってました(笑)
屈強の戦士たちからの人望も厚く、自らも戦闘に立って戦う誇り高き王レオニダスを、
力強い演技で演じていました。

この映画の撮影前からかなりのトレーニングを積んだ出演者たちの肉体美は、
本当に素晴らしいの一言ですね。

肉体美、戦いの中に美学を求める戦士たち、それぞれに共通するのは“男くささ”。
フランク・ミラーの原作に登場するキャラクターたちには、
その“男くささ”がありますよね。

この『300』では登場する全ての兵士たちがその“男くささ”の魅力に溢れています。
それが戦士としての生き様や、戦士としての誇りをよりいっそう引き立てて、
男の美学、男の中の男である“”の生き様を魅力的に描けたのではないでしょうか?

001_20071005124441.jpg

スパルタ兵もペルシア兵も同じ人間として描いてほしかったと思うところはありますが、
生と死が隣合わせの時代に生きる戦士たちの生き様、誇り高き精神、
そしてまるで一枚の絵画が映像になって動き出したかのような斬新な映像は、
一見の価値があると思います。


この映画は日本人としては好き嫌いがハッキリでる映画だと思います。
ひたすら戦い続ける映画という事を頭に入れてからご鑑賞下さい。

圧倒的に不利な状況、絶望的な数の差をものともせず、
スパルタ兵としての誇り、そして戦士としての生き様を全うした300人の戦士たちの活躍を、
斬新なビジュアルで魅せるスペクタクル超大作です。




評価★★★★★☆☆☆☆☆(10点満点中5点 …1点)


<DVD情報>

300 スリーハンドレッド 特別版(2枚組)

<CD情報>

300 スリーハンドレッド サントラ

<BOOK情報>

300(スリーハンドレッド)


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
お待ちしておりました♪
これ、コメントできないくらい嬉しくなります!
ミーハー魂全開で、劇場へ足を運び・・内容やツッコミどころを無視して感動しました(笑)

かなり暴力・・が描かれているけれど(本来、苦手です。。)
そこはもう役者さんたちの肉体美と監督のこだわりぬいた映像美でヨシとした作品です♪
【2007/10/05 21:09】 URL | D #k0GcsowQ [ 編集]


Dさん、こんにちは。
この映画はストーリー性やドラマ性を期待しては駄目ですよね。
あくまでも300人のスパルタ兵の誇り高き戦士としての生き様を
堪能する映画だと思います。
ミーハー魂全開で全然OKだと思います(^^
彼らの誇りと生き様は男としての憧れですね。
【2007/10/06 08:48】 URL | toy's #- [ 編集]

こんばんは
迫力十分の映像でした。
彼らの生き様にドラマがあるので、他は必要なかったのでしょうね。

Toy'sさんが仰るように、
ペルシア軍の人とは思えない兵士たちに?を感じましたが、
基がアメコミなのでエンターテイメント重視だったのでしょうね。
【2008/02/02 21:11】 URL | ひで #- [ 編集]


>ひでさんへ
まるで絵画の中の世界が動き出したような斬新で度迫力な映像のオンパレードでしたね。
ペルシア軍の兵士達のビジュアルは、たしかにグラフィックノベルが原作なので
エンターテイメント重視で描いたんですね。

戦士としての生き様を全うした300人の戦士たちの姿を観て、とても心揺さぶられました。
男として誇り高き精神を忘れてはいけないと教えられた気がします。
【2008/02/03 09:42】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/64-32d0c20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

300 <スリーハンドレッド>

300特別版(2枚組) 監督:ザック・スナイダー 出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、マイ... ひめの映画おぼえがき【2008/03/31 19:03】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。