プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンシャイン2057
2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか?
危険で予測不可能な旅が始まる



サンシャイン2057
原題:SUNSHINE

raacqjrntb.jpg

製作年:2007年 製作国:アメリカ 108分
監督:ダニー・ボイル
出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エバンス、
    ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ

【ストーリー】

2057年、太陽滅亡の危機に瀕した地球を救うために、宇宙船イカロス2号に搭乗した8人のクルーが、
太陽に核弾頭を打ち込み再生するという究極の任務向かうSFスリラー。

【感想】

久しぶりに王道なSF映画を観た気がします。
っと言っても監督があのダニー・ボイル。一筋縄ではいきません。

SF映画で初めて“太陽”を描いた作品だと思います。
普段は我々にとってとても身近なものですが、普段はあまり気に止めませんよね。
あ、今日は晴れだ、とかくらいですよね(笑)

photo_06.jpg

この映画での“太陽”の映像は圧巻です。
本当に引き込まれてしまいそうな美しくて神秘的な“太陽”。
太陽の放出するわずか4%の光でも網膜が焼けてしまうほどの圧倒的なパワーを持つ太陽に、
接近して核弾頭を打ち込む・・・とても現実では考えられない世界ですね。

人間がちっぽけな存在に思える圧倒的な力を誇る太陽と光り輝く神秘的な太陽、
その恵みにもなり脅威にもなる太陽の存在を見事に表現していたと思います。
太陽の前では人間は本当に塵と同じなんだなと感じました。

そしてその核弾頭を搭載した宇宙船のデザインもまた目を見張るものがありました。
太陽の熱を遮る巨大なシールド、リアリズムに徹した室内空間。
細部にわたっての細かい描写がしっかりと描かれていました。

photo_11.jpg

物語としてはありがちな展開というか定番なストーリーでしたね。
宇宙船内に数ヶ月生活する中での精神状態、極限状態の中での究極の選択、
宇宙船内のトラブルなどSF映画に欠かせない要素はしっかりと押さえていました。

太陽滅亡を阻止して地球を救うという重大な任務の重さ。
今まで人類が遭遇することがなかった神秘的で圧倒的な力を誇る“太陽”の存在を目の前にして、
もし自分がその状態に陥ったらどうするのか・・・
そう考えさせられるクルーの行動力、自己犠牲が痛いほど伝わってきました。

この映画の評価は賛否両論ですよね。
「前半は良かったけど後半の展開は駄目だった」という話を良く聞きます。
各キャラクターの描き方が薄かったかなとは思いました。

photo_01.jpg

でもToy'sとしての感想は全体を通して、かなり良い出来だったと思います。
という結構好きな作品になりました。


前半はSF映画では王道である宇宙船での旅をしっかりと描き、
後半は太陽の破壊し新たな太陽を作るという、
想像を絶する使命を自らを犠牲にしてまで全うしようとするクルーたちの活躍、
そしてスリラー的(ホラー的?)な要素で最後まで引き込まれました。

後半のスリラー的要素はいらないとの意見も沢山ありましたが、
自分は逆にそれがあって良かったんじゃないかと思います。

もしスリラー的要素がなければ、地球を救うためのクルーたちの葛藤と、
自己犠牲を描いただけのお涙頂戴映画に終わってしまったんじゃないかと思うのです。

そのスリラー的要素は圧倒的であり、神秘的であり、人々を魅了する“太陽”という
偉大な存在に接近した時に、人知を超えたものに遭遇した時の人間の自我や観念の崩壊を、
ひとつの形として表しているのではないかと思うのです。

現実にこの映画を観ただけでも“太陽”の魅力にとり憑かれそうになります。
それが目の前に存在していたら・・・
きっと魅了され、自我が崩壊し、太陽=神のような精神状態に陥ってしまい、
狂気に走ってしまうのではないかと感じました。

photo_09.jpg

主演はキリアン・マーフィ
『28日後…』でもダニー・ボイル監督と組んでいましたが、
この二人が組むと退廃的で世紀末的な映画かなっていうイメージになります。
間違いなくこの2作の映画の影響ですけど(^^;
独特な存在感と、吸い込まれそうな眼がすごく印象的な俳優ですね。
今後の活躍に期待大の役者さんです(^^

photo_02.jpg

船長役で出演している真田広之
彼はもう海外でも第一線で活躍できる日本が誇る俳優の1人だと思います。
今回もリーダーシップがあり、深みのある渋い船長を存在感抜群で演じていました。
活躍の場は少なかったですが、太陽に魅了された男の生き様が伝わってきました。

クリス・エバンスも良かったですね。
彼らしい役柄で、彼らしい演技だったと思います。
ファンタスティック・フォー』のジョニーのイメージが強いので、
宇宙で何かが起こっても、なんとかしちゃいそうなイメージがありました(笑)

あとミシェル・ヨーはちょっと可哀相な役柄だったかなと思います。
彼女らしさが出せなかった役柄だったので、
もう少し彼女らしい演出があってもよかったのかなと感じました。

監督のダニー・ボイルは今まのSF映画にはない“太陽”という題材で、
SF映画の王道から外れずに、新しい世界観を構築出来たのではないかと思います。
特に後半のスリラー的な展開は彼らしさが爆発していたような気がします。

photo_05.jpg

アルマデドン』や『ザ・コア』などのいわゆるハリウッド的なSF映画が好きな方には、
オススメできない作品ですね。
どちらかというと『ブレード・ランナー』や『イベント・ホライゾン』のような作品が
好みの方には観て頂きたい映画です。

賛否両論なので全ての人たちに観てほしいとは思いません。
これは本当に感性の問題になってくるので、Toy'sのブログや他のレビューなどを参考に、
これは観れるかなと思ったらご鑑賞してみて下さい。
駄目だと思ったらやめときましょう(笑)


神秘的で圧倒的な存在である“太陽”の映像、宇宙空間や宇宙船の細部にわたる細やかな描写、
人間の心理や葛藤、自己犠牲、そして太陽に魅了された人々の自我や感性の変化など、
宇宙空間の素晴らしい映像などのSF的要素と人間の心理を巧みに描写した精神的要素を融合し、
SF映画の王道を押さえつつ、新しいSFの世界観を構築したSFスリラーの傑作だと思います。



評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

サンシャイン2057


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんにちは
Toy'sさんのレビューを読ませて頂くと、
面白そうなのですが、
SFというジャンルは当たりはずれが激しくて・・・。

でも、キリアン・マーフィが主演なのですね。
う~ん、悩みます。
【2007/10/02 12:44】 URL | ひで #wz298PTQ [ 編集]


ひでさん、こんにちは。
「サンシャイン2057」はSF映画としてはしっかりとした作りだったと思いますが、
内容は結構賛否両論なので他の方のレビューも参考にしてみてはいかがでしょうか?
自分的には傑作だと思うのですが、駄作だって方もいるので難しいですね(^^;
この映画に対する評価は本当に感性の違いなんだと思います。
太陽の映像や宇宙船のデザインなどビュジュアル的な見所は沢山あります。
それだけを楽しむ目的で観るのも良いかもしれませんね(^^
【2007/10/04 10:20】 URL | toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/61-0ce5c515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。