プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イル・ポスティーノ
人生を変えたのは、美しい言葉のタペストリー。


イル・ポスティーノ
原題:IL POSTINO/LE FACTEUR/THE POSTMAN

mfqulqnoa.jpg

製作年:1994年 製作国:イタリア、フランス 107分
監督:マイケル・ラドフォード
出演:マッシモ・トロイージ、フィリップ・ノワレ、マリア・グラツィア・クチノッタ
    リンダ・モレッティ、アンナ・ボナルート

第68回アカデミー賞:音楽賞(ルイス・エンリケス・バカロフ) 受賞
第49回英国アカデミー賞:監督賞(マイケル・ラドフォード)受賞
第 1回放送映画批評家協会賞:外国語映画賞 受賞
第20回日本アカデミー賞:外国作品賞 受賞


【ストーリー】

ナポリの沖合いに浮かぶ小さな島にチリからイタリアに亡命してきた詩人パブロ・ネルーダと、
彼の専属郵便配達人になった貧しい青年マリオとの交流を暖かく描いた感動ドラマ。

【感想】

ゆったりと流れる物語、美しい風景、村人たちの素朴さ、
そして詩人パブロと青年マリオの年齢を超えた友情にとても癒される素晴らしい作品です。

フィリップ・ノワレ演じる詩人は、
実在したチリの偉大な詩人パブロ・ネルーダがモデルになっています。

そして主人公を演じたマッシモ・トロイージは心臓移植の手術を延期してまでこの映画を撮影し、
この映画のクランク・アップの12時間後、1995年6月4日に41歳の若さで亡くなりました。
彼にとってこの映画が遺作となります。

0001.jpg

イタリアの小島にチリから亡命してきた詩人パブロと、
彼の専属郵便配達人となったマリオとの交流を美しい風景、優しい目線で描いています。

詩人パブロのもとへ郵便物を送り届ける内に詩の素晴らしさに魅了されて行くマリオ。
貧しくて純朴なマリオは詩人との出会いにより、自己に目覚め、人間として成長してゆきます。

パブロとマリオの詩を通しての交流はとても心温まりました。
ただ淡々と二人の友情を描くのではなく、
ちょっとしたユーモアも交えながら彼らの交流を暖かく描いているのがとても良かったです。

”とは本当に素晴らしい力を持っているんだと教えられた気がします。
今の自分の気持ちを素直に表現できる一つの方法であり、
多くの人たちの心の支えになり、自分を見つめ直し成長できるものであると。

”の事をまったく知らなかったマリオがパブロの手ほどきにより自ら“”を作るようになり、
恋をした時には愛の詩を詠い、やがてより多くの人々のために“”を詠おうと考える。

”は人の心を動かす原動力にもなり、心を癒す優しさも持っているんですね。
”というのは本当に偉大なものだと思います。

この物語は“”の素晴らしさや友情の大切さを描くと同時に、
ゆっくりとした物語の中でひとりの“人間”をしっかりと丁寧に描いています。

ひとりの“人間=マリオ”が“”によって大きく成長してゆく。
マリオが人間として成長し、自己に目覚めてゆく姿をゆっくりと丁寧に描くこの物語は、
まるで1人の人間の人生を垣間見ているような、そんな感覚になりました。

ゆっくりと流れる時間、優しく暖かい心の交流、微笑ましい物語、
物語はそのまま淡々と終わるのかと思いましたが、そこには以外な結末がありました。

ラストシーンからエンドロールにかけて、
劇場で観ていたToy'sはまったく動く事ができず、流れそうな涙をこらえるのに必死でした。

ひとりの青年の心の成長を描く物語を通して、年齢を超えた友情の素晴らしさ、
愛することの大切さ、そして“詩”の尊さを謳い上げた名作です。



評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

イル・ポスティーノ

<CD情報>

イル・ポスティーノ ― オリジナル・サウンドトラック


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/60-741d68cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。