プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン
運命を受け入れろ。


スパイダーマン
原題:SPIDER-MAN

ltykiligx.jpg

製作年:2002年 製作国:アメリカ 121分
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア、ウィレム・デフォー、キルスティン・ダンスト、ジョームズ・フランコ、
    J・K・シモンズ、クリフ・ロバートソン

【ストーリー】

遺伝子操作された蜘蛛「スーパースパイダー」に噛まれた青年ピーターが特殊な能力を身につけ、
ある事件をきっかけにその力を正義のために使う事に目覚めて行く。
悩めるヒーローの活躍と苦悩を描いた大人気アメリカン・コミックの映画化。

【感想】

アメリカのマーベル・コミックに登場する“親愛なる隣人”の愛称を持つ、
悩めるヒーロー“スパイダーマン”。

今までのアメコミのヒーローのような完璧でひたすら強いヒーローではなく、
特殊な能力を持った事で自分を過信したり、そしてその力に対して悩む。
今までのヒーローにない親近感のある悩めるヒーローというところが、
この映画の一番の魅力だと思います。

234686view005.jpg

そしてもうひとつの魅力は何と言っても映像ですよね!!
スパイダーマンが縦横無尽にビルとビルの間を飛び回る映像は圧巻です!
映像化不可能と言われていたそのシーンは素晴らしいCG技術により、
躍動感あるれる映像になっていました。

コミックそのままのスパイダーマンポーズも良かったですね(^^
しっかりとコミックファンのツボを押さえているなぁなんて関心してしまいました。

234686view002.jpg

アメコミヒーローものに必要不可欠な要素、いわゆる“悪役”ですが、
今回はアメコミでもスパイダーマンと何度も激闘を繰り広げた宿敵グリーン・ゴブリン
映画版はメカニックでより現代的な感じがするデザインが斬新でした。

自分的にはメカニックでいかにも着ましたって感じのグリーン・ゴブリンより、
非現実的でもアメコミのような生身のグリーン・ゴブリンの方が好きなんですけどね。

234686view018.jpg

その悪役グリーン・ゴブリンの正体も主人公ピーターを悩ませる人物です。
その正体を知って戦わなければならない苦悩。

この映画の最大のポイントはこの“苦悩”だと思います。

ある日突然強大な力を手にしてしまったピーターは、
その力に悩み、そして自分の利益のために利用してしまいます。
その行為によって自分自身を見失ってゆき、
やがて取り返しのつかない出来事が起こってしまうのです。

それはピーターにとって人生で最大で最悪の出来事。
彼はその出来事により、自分自身をもう一度振り返ります。
自分が得た力とは?
この力の本当の使い道とは?

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」

ピーターの叔父ベンが言うこの言葉。
まさにこの言葉がスパイダーマンとなったピーターへの、
ヒーローとしての自覚と責任を問う、この映画の主題だと思います。

234686view004.jpg

これは普通の人にも当てはまる言葉ですよね。
たとえば仕事では役職であったり、自らの店舗を持ったり、
その立場や地位には大きな力がありますが、
その反面大きな責任があります。

この言葉はヒーローだけに当てはまるものではなく、
全ての人々に当てはまるメッセージだと思います。

そしてもう一つの苦悩はメリージェーンとの恋
幼馴染の同級生の彼女に密かに思いを寄せたいたピーターは、
強大な力を持ち、正義のヒーローとして戦う自分と、
一人の女性を愛する普通の男としての自分との間で“苦悩”します。

234686view009.jpg

ヒーローものには良くある設定ですが、実際には欠かせない要素ですよね。
普通の人も仕事をする、何かに挑戦する、
そんな時に自分が愛する人がいてくれたら、心強いですよね。
しかし、その反面仕事と恋愛の間で苦悩する。
誰もが持っている苦悩がここにもあります。

さらにピーターを苦悩させるのが親友ハリーとの関係
ここはネタバレしてしまうのであえて深く書きませんが、
この映画のシリーズを通しての重要な“苦悩”がここにあります。

スパイダーマンが多くの人々から愛され“親愛なる隣人”と呼ばれるのは、
ごく普通の人が普通に悩むことをヒーローであっても、
同じように悩む姿に共感できるからなのでしょう。

そんなスパイダーマンの活躍を大人から子供まで、
老若男女誰もが楽しんで観る事ができるSFアクション超大作です。



第二作「スパイダーマン2」の感想はこちら

第三作「スパイダーマン3」の感想はこちら


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

スパイダーマンTM

スパイダーマン (SUPERBIT)

スパイダーマン TM デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

スパイダーマン・アメージング・ボックス

<CD情報>

Spider-Man

<コミック情報>

スパイダーマン―アルティメット(1) アメコミ新潮



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/51-86f6bbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。