プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオン
凶暴な純愛


レオン
原題:LEON/THE PROFESSIONAL

zcicfvtx.jpg
製作年:1994年 製作国:アメリカ 111分
監督:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ダニー・アイエロ、ゲイリー・オールドマン、
   ピーター・アベル、マイケル・バダルコ

【ストーリー】

凄腕の寡黙な殺し屋レオンと12歳の少女マチルダとの純愛を、
スタイリッシュなアクションを交えて描くバイオレンス・アクション。

【感想】

リュック・ベッソン監督作品はどれも好きなのですが、
この映画はその中でも1番好きな作品です。

25289view005.jpg

愛を知らず、ただ淡々と“掃除屋”の仕事を続ける寡黙な殺し屋レオン。
ある日突然、家族全員を殺されてしまい1人ぼっちになってしまった少女マチルダ。

愛を知らない者と愛を失ってしまった者、そんなふたりが運命的に出会います。

寡黙な殺し屋と12歳の少女。
普通ならまったく接点のない、出会うはずのない二人が、
それぞれの悲しい運命により引き合わされた、そんな気がします。

まったく接点のない二人に唯一共通する点、それは“孤独”。
今まで愛を知らずに生きてきたレオン、突然家族を失ったマチルダ。

レオンにとっては今までの人生は“孤独”だと考えもしなかったんだと思います。
ただ淡々と仕事をこなし、常に居場所を変えるその生活に何の疑問も持っていなかった。
彼の唯一の楽しみは根を張らない観葉植物の手入れをすることだけ。

そこに突然現れた少女マチルダ。
最初は疎ましく思っていたマチルダに対して、次第に心を開いてゆく。
それはまるで、お互いに持っている“孤独”という隙間を埋めるかの様に。

25289view008.jpg

マチルダとの不思議な共同生活によって、
レオンは今までの“孤独”だった人生に気がついたのかも知れません。
初めて感じる“癒し”や“心満たされる幸福感”、そして自分自身の“存在意義”。
そして無表情だったレオンに次第にあらわれる“喜怒哀楽”。

淡々と暗殺の仕事を続けていた“野獣”の心に“人間としての心”が甦り始めたのです。

またマチルダにとってレオンの存在は家族の“復讐”のためだったかもしれません。
それが次第にレオンの存在が“孤独”になったマチルダの心の隙間を埋め、
癒し”になり、自分自身の“存在意義”を感じるようになったんだと思います。

25289view006.jpg

お互いの心を少しずつ癒してゆく共同生活の中で、自然と愛情が生まれます。
それは“親子の愛”でも“恋人の愛”でもない人間の本質にある“”。

自分が他の誰かに愛されている、愛する事ができる、そんな“純粋な愛”を感じました。

その感情に対して積極的なマチルダ、不器用な表現しかできないレオン。
同じ“孤独”を持つ二人の今までの人生がそこに表れているんだと思います。

そんな“純愛”とはまったく正反対な過激なバイオレンス。
この映画のもう一つの見所はこのスタイリッシュなアクションシーンです。

麻薬取締局の捜査官スタンフィールドとの攻防は壮絶極まりないアクションの連続です。
ラストの戦いはまったく目が離せませんでした。

二人の間を引き裂く悪魔のごとく切れた狂気の捜査官スタンフィールドの存在が、
レオンとマチルダの“純愛”をよりいっそう引き立てていましたね。

25289view012.jpg

そしてこの映画が素晴らしい作品になったのは、
最高のキャスティングだったからこそだと思います。

レオン役のジャン・レノ
寡黙な殺し屋で暗殺の腕は一級だが、
愛を知らない不器用な男を素晴らしい演技で演じていました。
マチルダとの交流で次第に心が開いてゆく過程を押さえた演技で表現していて、
レオン役はジャン・レノ以外考えられないですね。

マチルダ役のナタリー・ポートマン
当時12歳だった彼女のデビュー作ですが、存在感、演技力は抜群でした。
あの繊細な表情やしぐさを12歳でやってのける彼女は本当に凄いと思います。
まさにこの役は彼女のためにあったと言っても過言ではないと思います。

スタンフィールド役のゲイリー・オールドマン
最高でした(^^
もうめちゃくちゃ切れまくってましたね~。
なんか楽しんで演じていたような気がします。
あの切れた狂気の演技はやっぱり演技派ゲイリー・オールドマンしかできないですよね。

不器用で常識とは掛け離れている“純愛”の物語と、
スタイリッシュで壮絶なバイオレンス・アクションを融合した切なく悲しい物語を、
最高のキャスティングで魅せてくれます。

レオンとマチルダ、二人の人間の本質にある“愛”を通して、
人として忘れてはいけない“愛する心”を思い出させてくれる名作です。


「君は俺に生きる望みをくれた」

レオンのマチルダへのこの言葉がいつまでも心に残っています。


評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

レオン 完全版

レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション

レオン ダブル・パック

レオン ダブル・パック (初回限定生産)

リュック・ベッソン監督作品集 DVD-BOX



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  





スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

大好きな作品の一つです。
完全版は、恋心のようなものが少しだけ多く描かれていて、完全版の方が好きだったりします。単純なアクション映画ではなく美しい純愛。
恋愛映画よりもずっと恋愛らしい作品だと思います。

確かに、キャスティングは最高ですね。
マチルダかわいすぎですし(笑
ゲイリーもさすがといった感じ。麻薬を口にするシーンなんてゾクゾクします。

>「君は俺に生きる望みをくれた」
そんな風に人に思わせることができるって素敵ですよね。

【2007/09/02 23:37】 URL | Nei #- [ 編集]


Neiさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます♪

Neiさんのおっしゃる通り、恋愛映画より恋愛らしい作品ですよね。
壮絶なバイオレンス・アクションが二人の純愛をより引き立てていたと思います。

この映画は他のキャスティングでは考えられないくらい、
全員が適役だったと思います。
今見直すとマチルダ役のナタリー・ポートマンは本当に小さかったんですねぇ。
ゲイリー・オールドマンのあの麻薬を口にするシーンは強烈でした。
なんかイッちゃってましたよね・・・怖すぎです(^^;

人に生きる望みを与えられる・・・そんな人間になれるように頑張らなくては。
【2007/09/03 12:56】 URL | toy's #- [ 編集]

こんばんは。
DVDを購入して保存版にしています。

純粋な愛・・・同感です。

殺し屋として生きてきたレオンが危険と知りながら、
なぜマチルダを部屋に入れたのか。
そこが、疑問だったんですよねぇ。
今までのレオンだったら、きっとありえない行動だったと思います。

2人の共通点である「孤独」をレオンが無意識のうちに感じとり、
引き寄せるようにドアを開けたのかなぁと、
Toy'sさんのレビューを見て思うようになりました。

私のブログにToy'sさんのブログをリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
宜しくお願いします。
【2007/09/13 23:07】 URL | ひで #lGllrMtA [ 編集]


ひでさん、こんにちは。
勝手気ままに書いているToy'sのレビューを読んで頂いて、
さらにコメントまで頂いて本当にありがとうございます♪

ひでさんのおっしゃる通り、今までのレオンだったら、
きっとマチルダを部屋に入れることはなかったんだと思います。
「孤独」という共通点がお互いを引き寄せた・・・
それは運命だったんだと思います。

マチルダとの生活の中で、誰かを愛せる、愛してもらえる・・・
そんな“純粋な愛”をレオンは初めて知り、
普通の人間が普通に感じる事の出来る幸せを始めて知ったんじゃないかと思います。

人間としての心を取り戻す事ができたレオンは、
死の瞬間まで幸せだったのではないでしょうか。

リンク全然OKです!大歓迎です(^^
私のブログにもひでさんのブログをリンクさせて頂きますね!
これからもよろしくお願いしますm(__)m
【2007/09/14 08:44】 URL | toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/40-75c06fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

俳優・伊丹十三の記念すべき監督デビュー作

状態レンタル落ち中古ビデオ<背表紙少々色あせセール品>メーカーポニー公開・放映情報1984年124分スタッフ監督:伊丹十三キャスト出演:山崎努/宮本信子/菅井きん/大滝秀治/財津一郎/小林薫/津川雅彦/笠置衆ほか情報俳優・伊丹十三の記念すべき監督デビュー作キネマ旬報ベ アクションが最高によかった【2007/09/05 10:19】

レオン 完全版

過去ログ:2005年12月3日(土) 監督:リュック・ベッソン キャスト:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン 孤独な殺し屋レオンと、麻薬捜査官スタンスフィールドに家族を殺されたマチルダとの愛と復讐の物語。 Comment: レオンは、マ ひでの徒然『映画』日記【2007/09/13 22:35】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。