プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ドラゴン
《悪の根源》を知る為には その原点に戻らねばならない。


レッド・ドラゴン
原題 RED DRAGON
cvddgdvc.jpg

製作年:2002年 製作国:アメリカ 125分
監督:ブレット・ラトナー
原作:『レッド・ドラゴン』トマス・ハリス著
出演:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、エミリー・ワトソン
   フィリップ・シーモア・ホフマン、メアリー=リイーズ・パーカー

【ストーリー】

羊たちの沈黙」、「ハンニバル」に続く人気小説レクター3部作の第一章。
レクター博士を逮捕したFBI捜査官グレアムはその事件の精神的ダメージにより引退。
しかし、かつての上司から新たな連続殺人事件の捜査協力を求められ、
犯人像の意見を求めるため再びレクター博士と対面する。

【感想】

羊たちの沈黙」「ハンニバル」に続くレクター三部作の第一作目です。
1986年にマイケル・マン監督により、
「刑事グラハム/凍りついた欲望」として先に映画化されていまして、
現在は「レッド・ドラゴン レクター博士の沈黙」という邦題でDVD化されています。
同じ原作なので内容はほとんど同じです。

「レッド・ドラゴン」は「羊たちの沈黙」よりも前の話となります。
レクター博士がいかにして逮捕されたのか?が今作で判明します。

連続殺人鬼ハンニバル・レクター博士を命懸けで逮捕した、
元FBI捜査官グラハムが今回の主人公です。

鋭い洞察力で数々の事件を解決してきたグレアムはレクター博士逮捕時に、
肉体的、精神的ダメージを受け、FBIを引退した過去を持っています。
この因縁がラストまでしっかりと繋がっています。

41001575.jpg

物語の流れは「羊たちの沈黙」と似ていましたね。
というか原作の順番からすると「羊たちの沈黙」が似ていることになりますね(^^;

連続殺人事件の捜査が難航し、やむなく獄中のレクター博士に犯人像を聞き出そうとする。
違いは元FBI捜査官とFBI訓練生ということですかね。
レクター博士と彼を逮捕したグレアム。
レクター博士と目に見えない繋がりがあるクラリス。
まったく違う二人ですが、共にレクター博士と切っても切れない関係、
レクター博士との因縁や同調がある二人ですよね。

これは意図的にリンクさせた手法なのだと思います。
レクター博士と彼を逮捕したグレアムとの因縁が、
レクター博士とクラリスの物語へと引き継がれて行くことを、
暗示させているような気がします。

reddragon.jpg

グレアムとレクター博士、グレアムと連続殺人鬼レッド・ドラゴン。
それぞれが交錯し、息もつかせぬ展開で物語に引き寄せられます。

今回は連続殺人鬼レッド・ドラゴンの人間性も描かれていて、
レクター博士とグレアムの因縁だけではなく、
連続殺人事件を描くサスペンスとして上手く出来上がっていると思います。

羊たちの沈黙」、「ハンニバル」と比べるとサイコ・サスペンス的な要素は
少し薄い感じがしますが、「ハンニバル」ほどグロくはないので、
っといってもこのシリーズですからグロいシーンはありますけど、
前二作よりも観やすいんじゃないかと思います。

グレアム役のエドワード・ノートンは、
精神的ダメージを追ったグレアムを、素晴らしい演技で演じていました。
彼はどんな役でも成りきれる、本当に上手い俳優ですよね。

「レッド・ドラゴン レクター博士の沈黙」でグレアムを演じていた、
ウィリアム・L・ピーターセンも良かったんですけど、
今作でグレアムを演じたエドワード・ノートンの演技力が勝りました。
原作を読んだ時はウィリアム・L・ピーターセンのイメージの方が、
自分的には近かったんですけどね(^^;

001.jpg

そして3たびレクター博士を演じたアンソニー・ホプキンス
もう言う事はありません。
そのまんまレクター博士です(笑)
あの紳士的な態度の裏に見え隠れする狂気、真っ直ぐ見つめる狂気の瞳も健在でした。

レクター博士と彼を逮捕した元FBI捜査官グレアム。
彼らの因縁の対決と、連続殺人鬼のレッド・ドラゴンの凶行が交錯し繋がってゆく。
安心して観る事のできる、サスペンス映画の佳作です。



「レッド・ドラゴン」はレクター三部作の第一章です。
第二章の「羊たちの沈黙」、第三章の「ハンニバル」と映画化されています。
さらにこの三部作より以前の若かりし頃のレクターを描いた、
ハンニバル・ライジング」も製作されています。


序章「ハンニバル・ライジング」の感想はこちら

第二章「羊たちの沈黙」の感想はこちら

第三章「ハンニバル」の感想はこちら



評価★★★★★★★☆☆☆(10点満点中7点 …1点)


<DVD情報>

レッド・ドラゴン

<関連DVD情報>

レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙 [MGMライオン・キャンペーン]

<CD情報>

レッド・ドラゴン オリジナル・サウンドトラック


<BOOK情報>

レッド・ドラゴン 決定版〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

レッド・ドラゴン 決定版〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  





スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/37-fbc4b0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。