プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルバート・グレイプ
若き日のジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオ。
若かりし頃の彼らの最高の演技を観ることが出来る映画をご紹介します。



ギルバート・グレイプ
原題:What's Eating Gilbert Grape

mwnxsmihv.jpg

製作年:1993年 製作国:アメリカ 117分
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス、レオナルド・ディカプリオ、メアリー・スティーンバーゲン
    ダーレーン、ケイツ、ローラ・ハリントン、ジョン・C・ライリー、クリスピン・グローヴァー

【ストーリー】
自分が生まれ育ったアイオワ州の小さな町から一度も出たことが無いギルバート。
彼には知的障害を持つ弟アーニー、
夫が自殺してから7年もの間家から出たことがない肥満で過食症の母、二人の姉妹がおり、
食料品店で働きながら家族の面倒を見ていた。
そんな時、旅の途中でトレーラーが故障し、
ギルバートの町にしばらくとどまることになった少女ベッキーと出会う。

【感想】

すごく大好きな作品です。
初めて観た時はジョニー・デップもディカプリオも知らず、
演技が上手いなぁと関心した記憶があります。

知的障害の弟、過食症の母、そして妹2人の面倒を見ながら、家族を養うために
食料品店に勤めているギルバートは生まれてから一度も町を出たことがなかった。
24歳という年齢的にも自立して良い時期に来ているのに、彼の人生は家族の面倒を
ひたすら見ないといけない状態。
そんな生活の中で淡々とお店のお客の女性と不倫を続けている、
まさに流されて生きているって感じですね。

そんな生活を続けていた彼はトレーラーの故障により
しばらく滞在することになった少女ベッキーと出会う。
自由気ままなベッキーとの仲が深まるにつれて、ギルバートの心が少しづつ変化してゆく。

24歳の若者ってもっと力がみなぎっているっていうか、夢や希望を持って生きてますよね。
このギルバートは家族を養う事が何よりも第一になっていて、
最初は24歳の若者って感じではなかったですね。

それがベッキーと出会ったことによって彼の心が開放され、
次第に夢や希望を持つ24歳の若者に変わって行く。

ジョニー・デップはそのギルバートと言う若者を素晴らしい演技で演じていましたね。
エドワードやジャック・スパロウのような特異なキャラクターではなく、
等身大の普通の若者の心の変化を絶妙に演じていました。

この映画のもう一つの主人公はディカプリオが演じたアーニー。
この映画でディカプリオを知ったのですが、本当の知的障害者なのかと思うくらい、
アーニーという少年になりきっていました。
こんなすごい役者がいるんだ!とその当時はめちゃくちゃ関心してました。
彼の演技は必見です。

そしてジュリエット・ルイスはまさに自由放漫なベッキー役にピッタリでした。

物語の終盤、ギルバートが母親のために取った行動、
普通に考えればとんでもない事なんですけど、
ギルバートの母親に対する思いが溢れている行動だったんだと思います。

そして、ラスト。
アーニーが「僕らはどこへ?」との質問に、
「どこえでも、どこえでも」と答えたセリフが今もずーっと記憶に残っています。

映画を観終えた後、とても清々しい、爽やかな気持ちになりました。
さすが、ラッセ・ハルストレム監督ですね。

厳しい現実と心の開放を上手く融合させた、爽やかに感動できる映画です。


評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

ギルバート・グレイプ

ラッセ・ハルストレム監督作品BOX



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんにちは
ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオの素晴らしい演技に拍手でした。

>ギルバートの母親に対する思いが溢れている行動だったんだと思います。
私もそう思います。
ラストのギルバートが母親にとった行動は確かに常軌を逸していましたが、
もし、母親があんなことになっていなくても、今度は黙ってではなく、
きちんと母親に伝え、自信をを持って町を出て行ったのではと思いました。

ラッセ・ハルストレム監督の作品ももっと観たくなりました。
【2007/11/19 16:57】 URL | ひで #wz298PTQ [ 編集]

ひでさんへ
この作品はかなりお気に入りなんです(^^
ラッセ・ハルストレム監督作品に共通するものは、
厳しい現実の中で苦悩する人の心の開放、心の再生。
「シッピング・ニュース」や「ショコラ」、「サイダーハウス・ルール」、
そして「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」など全ての作品で、
現実の厳しさを痛いほど感じている人が人間の優しさや暖かさに
触れる事によって心を再生してゆく。
そんな物語がとても心に響いてきます。
ラッセ・ハルストレム監督作品は良い作品が多いのでオススメです(^^
【2007/11/19 20:40】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/18-b674a3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギルバート・グレイプ

監督:ラッセ・ハルストレム キャスト: ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス メアリー・スティーンバージェン、ダーレン・ケイツ、ローラ・ハリントン、メアリー・ケイト・シェルハート ジョン・C・ライリー、クリスピン・グローヴァ ひでの徒然『映画』日記【2007/11/19 16:44】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。