プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ
男、一人。女、一人。うなぎ一匹。


うなぎ



製作年:1997年 製作国:日本 117分
監督:今村昌平
出演:役所広司、清水美砂、柄本明、田口トモロヲ、常田富士男、倍賞美津子、市原悦子
    佐藤允、哀川翔、小林健三、河原さぶ、深水三章、小沢昭一、寺田千穂

第50回カンヌ国際映画祭:パルム・ドール 受賞

【ストーリー】

かつて妻の浮気に逆上し、妻を殺してしまった男:山下拓郎。
以来、極度の人間不信に陥った山下は仮出所後、理髪店を営みながらも人々との交流を避け、
本音を明かす唯一の存在は刑務所で捕まえた一匹の“うなぎ”だけ。
ある日、山下は河原で自殺未遂の女性:桂子を助ける。
桂子は恩返しにと理髪店の手伝いを申し出て、山下は渋々雇うことにするが・・・

【感想】

第50回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した鬼才:今村昌平監督作品です。

パルム・ドールを受賞した時はこの系統の映画に興味がなく、
しかも邦画にも興味がない時期でしたのでスルーしていた作品なのですが、
嫁さんが今村昌平監督作品の『楢山節考』が観たいと言い出したのがキッカケで、
まずは『うなぎ』を観てみようということになり、ようやく鑑賞することになりました。

今村昌平監督作品を観るのはこれが初めての作品なのですが、
この作品を観て、今村監督はすごく人間を描くのが上手いなぁと感じました。

嫉妬や妬み、憎しみ、猜疑心、そして優しさや思いやり、愛情など、
人間の心に潜む光と闇、表と裏を包み隠さず映し出し、
一人の男が再生してゆく様をしっかりと丁寧に描いていました。

そして今村監督独特の世界観がありますよね。
人間の本質を追求し、その人間の持つあらゆる欲望を、
時に泥沼の人間関係で、時にエロティックな描写で表現していますよね。

人間という生き物を決して綺麗事だけではなく、
泥臭く、そして生々しく描けるのは、
今村監督が本当に人間という生き物が好きなんだということの現れなんだと思いました。

この作品の主人公:山下拓郎は妻の浮気を許せず、妻を殺害してしまいます。
そして、その出来事によって極度の人間不信となり、仮出所後も町の人々との交流を避け、
刑務所で捕まえた一匹の“うなぎ”だけが彼が本音を話せる唯一の存在となります。

刑務所内で手に職をつけ、理髪店を営みはじめますが、
人々との交流を避け、淡々とした日々を過ごします。

そんなある日、山下は河原で自殺をしようとした女性:桂子を助けます。
その恩返しに山下の理髪店の手伝いをしたいと申し出る桂子を、
山下は渋々雇うことにするが・・・

心に傷を負い人間不信となった男。
愛に裏切られ自らの命を捨てようとした女。

心に大きな傷を持った二人が出会い、心と心を交流することにより、
お互いの心の奥底に沈んでしまった人間性を次第に取り戻して行きます。

妻の浮気を許せず殺害してしまった山下は、
妻をしっかりと見ていなかったと同時に、自分自身も見えていなかったのでしょう。
自らの狭い世界に生きていた山下は、その事件をキッカケに、
とても広く深い世界を知ってゆきます。

狭い世界で信じていたものを見失い、
とても広い世界で信じるべきものを知る。

山下は人間性を取り戻して行くと同時に、
大人として、そして人間として成長してゆくのです。

そして愛に裏切られ自らの命を絶とうとした桂子。
山下と出会い、本当の優しさ、人間らしさ、自分の生きる意味を知り、
自らの問題に立ち向かってゆきます。
桂子もまた、大人として、そして人間として成長してゆくのです。

人間という生き物の奥深さが、そこにありました。

主人公の山下拓郎を演じた役所広司はまさにハマり役でしたね。
セリフや演技だけではなく、表情ひとつで感情を伝えてしまう演技力は、
本当に凄いと思いました。
最初の表情と最後の表情では、まったく違った人物に見えるほど、
山下という人間の成長が顔の表情だけで伝わってきました。
現在の日本が誇る名優の一人だと思います。

桂子を演じた清水美沙も透明感のある演技で良かったと思います。
桂子の設定がちょっと古い女性的なイメージがあって、
今の時代にはちょっと合わないなぁと思いましたが、
きっと今村監督の女性像が桂子のような女性なんでしょうね(^^

あと山下と同じく仮出所した男:高崎を演じた柄本明。
この作品の中で一番異彩を放っていて、一番人間の本性がむき出しの男。
このとてもぶっ飛んだキャラクターは彼の真骨頂ですよね。
山下と相反する位置に存在し、山下の心の内を表現するための、
とても重要なキャラクターを見事に演じきっていました。

その他、田口トモロヲ、佐藤允、哀川翔など個性的な役者たちが、
それぞれ個性的なキャラクターを演じて脇を固めています。

そしてこの作品のタイトルでもある“うなぎ”。
この“うなぎ”という存在の使い方がとても上手いです。

主人公山下が人間不信となってから唯一の話相手である“うなぎ”。
“うなぎ”との交流と山下の人間性の回復を上手く反比例させ、
山下の成長を表現する一つのアイテムとなっています。

そして、“うなぎ”の性質と人間の生き様を比例させ、
そこに人間が生きることの真理を見い出す役割にもなっています。

人間の本質、人間性という重いテーマが題材となっていますが、
今村監督流のユーモアと優しさによって、
ラストではとても温かくて柔らかな余韻に包まれます。

欲望や嫉妬、妬みや憎しみといった人間の本質、
人間の汚い部分も全て包み込むような、優しさがそこにあります。

人間が生きて行くためには辛く厳しい現実があります。
どんなに辛い出来事や厳しい出来事があっても生きてゆかなければなりません。
極端に言えば、人間は業や欲の塊です。
でも、それに相反する場所に優しさや思いやる気持ち、愛があります。

そんな表も裏も全てひっくるめて、人間って素晴らしいなぁと思える作品でした。

この作品は第50回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞しました。
人間を愛しているからこそ、包み隠さず描くことができる人間の本質。
今村監督の人間への愛が、この作品を受賞へと導いたのでしょう。

パルム・ドールを受賞した他の作品から比べると、
とても分かりやすく、観やすい作品だと思います。

とは言っても、今村監督独特の世界観のある作品ですので、
やはり一般的に受け入れられる作品でもないのかなとも思います。

世界に認められた作品ですが、とても日本映画らしい、
日本人の映画だなぁと感じました。


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>





うなぎ 完全版

うなぎ

現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんばんは
今村昌平監督の作品は「セプテンバー11」の短編だけなんですが、是非観てみようと思います。うなぎに語りかけるのは、結局自己対話という事なのかな?と思います。役所広司さんは黒澤清監督の作品にたくさん出ているのでその中ではよく観るのですが、いつも凄いです。この作品でも凄いんだろうなと思います。また観たら感想書きにきますね
応援です
【2008/06/07 20:23】 URL | Whitedog #- [ 編集]


>Whitedogさんへ
今村昌平監督は本当に人間を描くのが上手いなと思いました。
独特な雰囲気を持つ作品ですが、ひとりの男が再生してゆく過程が、
とてもしっかりと丁寧に、そして奥深く描かれています。
やはりそれは人間というものを真っ向から描いたからこそなんだと思います。
Whitedogさんのおっしゃる通り、どの映画でも役所広司さんの演技力は凄いですが、
この作品の演技も本当に素晴らしかったです。
主人公の心の再生と成長が最初の表情と最後の表情だけでハッキリと分かります。
本当に凄い演技力だと思います。
是非是非、Whitedogさんには観て頂きたい作品です(^^
感想楽しみにしてますね。

応援ありがとうございます♪
【2008/06/07 21:07】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/154-f1ba7745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。