プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイ、レーニン!
「お母さん、ありがとう」


グッバイ、レーニン!
原題: GOOD BYE, LENIN!

グッバイ、レーニン!

製作年:2003年 製作国:ドイツ 121分
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートヴァ
    フロリアン・ルーカス

第53回ベルリン国際映画祭:ヨーロピアンフィルム賞 受賞

【ストーリー】

1989年、東ベルリン。父親は10年前に家族を捨て西側に亡命し、その反動から愛国心が強まった
母親を持つ青年アレックスは、ある日密かに反社会主義デモに参加。
アレックスが警察と衝突するところを偶然目撃した母親クリスティアーネは、
ショックで心臓発作を起こし昏睡状態に陥ってしまう。
意識が戻らないまま、ベルリンの壁が崩壊、東西ドイツは統一される。
それから8ヵ月後、奇跡的に目を覚ました母親にショックを与えないため、
アレックスはクリスティアーネの周囲を統一前の状態に戻し、
世の中が何も変わっていないように振る舞うのだが・・・。

【感想】

ベルリンの壁の崩壊、そして東西ドイツの統一という、
激動の時代を生きた家族の姿を、とても優しい目線で描いた作品です。

「善き人のためのソナタ」もそうでしたが、
最近はベルリンの壁が崩壊した時代を描く作品が少しずつ増えてきた気がします。
14年という月日が、ドイツ国民の心を少しずつ癒していったのかもしれませんね。

そんなドイツにとって歴史的な時代を背景に、
母親想いの青年アレックスが、母親クリスティーナのためについた、
心優しい嘘によって起こる騒動をコミカルなタッチで描いています。

クリスティーナは夫が10年前に西側に亡命して以来、愛国心が強まり、
全てを捧げるかのように、国のために貢献してきました。

そんなある日、反社会主義デモに参加したアレックスの姿を観てショックを受けた
クリスティーナは心臓発作を起こし昏睡状態に陥ってしまいます。

意識が戻らないままベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツは統一され、
ドイツ国内は急激に変化してゆきます。

それから8ヶ月後、クリスティーナは奇跡的に目を覚まします。

しかし、ショックを与えてしまうと命の危険があるため、
激変したドイツ情勢を母親に知られないように、
アレックスは自宅を東ドイツ時代の頃と同じ状態に戻し、
今までと変わらない生活を送れるように奮闘します。

その息子から母親へと送られる精一杯の優しさが、とても心に響きました。

家族、隣人、知り合いを巻き込んで大きくなってゆく、優しい嘘。
母親の命を守るため、必死になって東ドイツ時代の食料品や日用品を探すアレックスの姿を、
コミカルなタッチで描いていますが、その姿はとても優しさと温かさに溢れていました。

母を想う息子の姿、息子を想う母の姿は東も西も、社会主義も資本主義も関係ない。
考え方は違えども、家族への愛はどの国でも変わらないんですよね。

アレックスを演じたダニエル・ブリュールの演技はとても素晴らしかったと思います。
母親の理想を理解しつつも、西側の自由な社会にも適応し、
母親を想い、周りの人々をも巻き込んだ嘘を必死になって続ける姿を、
繊細な演技で見事に演じていました。
今まで彼の出演作は観た事ないなぁと思っていたら「ボーン・アルティメイタム」に
出演していたんですね、全然気がつきませんでした(^^;
今後の活躍が気になる役者さんになりました。

この作品の中で家族の愛を描くと同時に、ベルリンの壁が崩壊し、
西側の文化を東側の人々が次第に受け入れていく様子が描かれているのが、
とても興味深かったですね。

統一されたドイツの情勢はニュースや新聞などでも知る事ができましたが、
実際にその場にいた人々がどのように感じ、どのように受け入れていったのか、
そんな東側の人々のとまどう気持ちが伝わってきたと思います。
まぁ、映画なので推測や脚色はあると思いますが。

ベルリンの壁が崩壊し、社会情勢が激変したとしても、
家族を愛する気持ちは変わらない、家族への想いは決して崩れない、
そんな普遍的な愛情が、この作品にはあります。

政治色の強い歴史的な事実を背景に、
息子から母親へと送られる“優しい嘘”と“大きな愛”を、
時にコミカルに、時に優しく、時に感動的に描いています。

そのバランスの良さが、この作品に好感が持てるところなのだと思います。

この作品はドイツの歴史を描いた作品であり、
家族愛を描いた心温まる作品であると同時に、
母親を想う息子の“嘘”が織り成すファンタジーと言っても良いかと思います。

とても深い愛情と優しさに包まれた素晴らしい作品でした(^^


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

グッバイ、レーニン!

<DVD情報>

「グッバイ、レーニン!」オリジナル・サウンドトラック(CCCD)


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんばんわ
ベルリンの壁の崩壊…
歴史の中の重大な事だったのに忘れていました。
この作品は観てませんがとても良い映画なんですね。
観ようと思ってるんですが、
つい忘れて観ないでいる映画って多いんですよね。
年ですかな(笑

応援ぽち
【2008/05/07 21:25】 URL | RIELU #yjAvvF4. [ 編集]

ドイツ映画っていいですよね
随分前に観たのですが、とても優しい映画だったと覚えています
母、娘、息子、父・・家族はお互いを想う
形はいろいろだけれど、それでも優しい

また観たくなりました♪
【2008/05/07 21:43】 URL | D #k0GcsowQ [ 編集]


ドイツが統一されても、西ベルリンと東ベルリンは景色がまったく違いました。戦争の跡も街のいたるところに残っています。過去の過ちを忘れないためにわざと残しているようです。息子の優しさにあふれた作品でした。アイデアはとても面白かったと思います。
応援ポチ
【2008/05/07 23:40】 URL | Whitedog #- [ 編集]

こんばんは~
このタイトル知りませんでした(人´∀`).☆.。.:*・°
ただ「善き人のためのソナタ」は,良い映画でした。
何と無く東側を描いた映画は,気後れしてたのですが,
観賞してみると,そんな感情は吹き飛びましたよ。
ベルリンの壁,崩壊から14年ですか?
時の流れは早いですね~
高評価なので,タイトルチェックしてみます。
では応援させて下さい凸
【2008/05/08 20:23】 URL | hiro #- [ 編集]


v-275これは見たことないんですが、設定が実に面白いですね。
東西ドイツ問題を背景に母親への優しさがあふれている作品という所でしょうか?
是非見てみたくなりました。母の日も近いし。
応援☆☆☆
【2008/05/09 10:54】 URL | you太郎 #oUPgpoCM [ 編集]


>RIELUさんへ
歴史的な出来事って、あっという間に時間が経ってしまい忘れてしまうことが多いですよね。
映画ってそのような歴史的事実を再確認するという役割も果たしているんじゃないかと思います(^^
ドイツにとって重大な歴史を背景にしつつ、母親と息子の愛情をコミカルに、
そしてとても優しく描いた作品なので肩の力を抜いて観れると思います。
とても良い映画でした(^^

自分も観よう観ようと思いつつ、見逃している作品が結構あります(^^;
何でこの映画を観てないの?って言われる名作も結構観てない作品が多いので、
気がついた時にレンタルして観るように心がけてます(^^
っと言ってもレンタルショップに行くとつい新作が気になって忘れてしまうんですけどね(笑)

応援ポチありがとうございます♪
【2008/05/09 12:21】 URL | Toy's #- [ 編集]


>Dさんへ
ドイツ映画って結構良い作品が多いですよね(^^
この作品と同じく旧東ドイツを描いた「善き人のためのソナタ」や、
自分の中で映画ランキング№2の「バグダッド・カフェ」は大好きな作品です。
ドイツと日本は感覚が似ているのかもしれないですね。
母親と息子の愛情がメインですが、母と娘、父と娘、父と息子など、
家族のそえぞれの愛情もしっかりと描かれていましたよね。
とても優しさに溢れた作品だったと思います(^^
【2008/05/09 12:29】 URL | Toy's #- [ 編集]


>Whitedogさんへ
現在でも東ドイツと西ドイツの風景は変わらないんですか!
たしかに、ドイツ国民としては決して忘れてはいけない出来事ですよね。
ドイツ国民の傷の深さをあらためて感じます。

アイデアはとても良かったですよね。
母親に対する息子の愛情を上手く表現できていたと思います。
優しさに溢れた、とても良い作品でしたね。

応援ポチありがとうございます♪
【2008/05/09 12:33】 URL | Toy's #- [ 編集]


>hiroさんへ
「善き人のためのソナタ」では東側のシュタージについて描かれていましたが、
今作ではその暗さや重さはなく、母親と息子の愛情、そして優しさをメインとした作品です。
そして東側へ流れ込んでくる西側の文化にカルチャー・ショックを受けたり、
次第にその文化を受け入れてゆく様が描かれるなど、
より一般市民の生活に近い部分が描かれています。
ベルリンの壁が崩壊してから、この作品が作られたのが14年後なので、
現在ではもう19年の歳月が流れているんですね。
月日が経つのが本当に早く感じます。
優しさと愛情に溢れた心温まる作品ですので、肩の力を入れずに観れると思います。
是非ご鑑賞下さいね(^^

応援凸ありがとうございます♪
【2008/05/09 12:41】 URL | Toy's #- [ 編集]


>you太郎さんへ
アイデアがとても面白い作品ですよね。
ベルリンの壁崩壊という歴史的史実を背景に、
母親と息子の愛情をとても優しい眼差しで描いています。
you太郎さんのおっしゃる通り、母の日にはとてもピッタリな作品ですね!
是非、この作品を観て、母親への愛情を再確認してみて下さい(^^

応援☆☆☆ありがとうございます♪
【2008/05/09 12:44】 URL | Toy's #- [ 編集]

こんばんは。
私もこの作品が大好きです!
重い作品なのかと身構えてましたが、
ノリが良くて、でも優しくて、
とても心地よい作品だったなと思います。
ダニエルが『ボーン・アルティメイタム』に?(まだ観てませんが…)
『戦場のアリア』にも確か出てました。
童顔だけど、味のある演技をしてました。
これからの活躍が期待できる俳優さんの一人ですねv-352
【2008/05/09 22:32】 URL | なるは #- [ 編集]


>なるはさんへ
歴史的背景はとても重いものですが、
この作品の主題はとても優しさに溢れていて、大きな愛情に包まれたような気分になりました。
コミカルなタッチの描き方も良かったですよね(^^
ダニエルの出演作品を見ていたら「ボーン・アルティメイタム」があったんですよ!
この間観たばかりなのに全然気がつきませんでした(^^;
たぶん、あそこにいた中のひとりだろうなぁと思うのですが・・・
もし観たら教えて下さいm(__)m
本当に今後の活躍が期待できる俳優さんの一人ですよね(^^
【2008/05/09 23:03】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/142-ae46dc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッバイ、レーニン!

ビデオメーカー グッバイ、レーニン! GOOD BYE, LENIN! ドイツ 2003年 ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートバ、フロリアン・ルーカス 監督・脚本:ヴォルフガング・ベッカー  音楽:ヤン・ティルセン    映画を観よう【2008/05/07 21:40】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。