プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ダンサー
僕がバレエ・ダンサーを夢見てはいけないの?


リトル・ダンサー
原題: BILLY ELLIOT



製作年:2000年 製作国:イギリス 111分
監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ、ゲイリー・ルイス、ジェイミー・ドレイヴン
    ジーン・ヘイウッド、スチュアート・ウェルズ、アダム・クーパー

BAFTA(英国アカデミー賞):英国映画作品賞、主演男優賞、助演女優賞 受賞

【ストーリー】

1984年、イギリス北部の炭坑町。
11歳の少年ビリーは炭坑労働者のパパと兄トニー、おばあちゃんと暮らしていた。
ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移っくる。
ふとしたことからレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚え、
教室の先生であるウィルキンソン夫人もビリーに特別な才能があることを見い出す。

【感想】

久しぶりにストレートに心に突き刺さる作品と出会いました(^^

物語はとてもありふれたサクセス・ストーリーなのですが、
その中には夢、希望、親子愛、兄弟愛、友情など沢山の要素が詰まっていました。

この物語の本筋は11歳の少年ビリーの成長物語です。
ふとしたキッカケで始めたバレエに特別な開放感を覚え、
バレエ・ダンサーになりたいという夢を持ち始めます。

その夢に向かって、ビリーのダンスの才能を見い出した、
バレエの先生であるウィルキンソン夫人の元で猛特訓を始めます。

しかし、世の中そう上手くはいきません。

父親はビリーにボクシングを習わせるなど、男らしく育てるために厳しくあたります。
しかも父親は炭坑夫で、炭坑を閉鎖しようとする会社を相手に、
ビリーの兄トニーと共に組合仲間とストライキを起こしている真っ最中でした。

そんな状況でビリーがバレエをする事に快く賛成するはずがありません。

ビリーはそんな父親や兄との確執や周りの目を乗り越えて、
バレエ・ダンサーという夢に向かって突き進んで行きます。

家庭状況や厳しい練習に、ある時はスネたり、ある時は投げ出したり、
バレエ・ダンサーという夢への道のりはとても険しいものでした。

そんな多くの苦難を乗り越え、
夢に向かって直向に努力するビリーの姿はとても感動的です。

そして、この作品にはもう一つの物語があります。
それは父親と息子、親子の物語です。

この親子愛は書いてしまうと思いっきりネタバレしてしまうので、
多くは触れませんが、この作品のとても重要な要素だと思います。

ビリーは父親に自分の存在を認めて欲しかった。
自分の夢を理解してほしかった。
ビリーは一人戦っていたのです。

そして父親はビリーに男らしく立派な人間になって欲しかった。
ビリーの将来を一番心配していたのは父親でした。
しかし、妻に先立たれたという苦しみから逃れられず、
炭坑閉鎖へのストによる生活苦によってビリーに辛く当ります。
父親も一人戦っていたのです。

そのまったく正反対の想いが、ビリーのバレエ・ダンサーになりたいという夢によって、
引き出され、衝突し、次第にお互いを理解して行くのです。

そんな親子の関係に猛烈に惹き込まれました。

子を持つ親となってからは、父親と息子が描かれる映画には、
とても敏感になっているんです(^^

誰にでも子供の頃から持っていた夢があると思います。
夢を叶えられた人、叶えられなかった人、それぞれだと思います。

夢を叶えられずに父親となった人は、きっと自分の子供に、
自分の夢を叶えてほしいという願いを持つと思います。

夢を叶えて父親になった人は、きっと自分の子供に、
自分の夢を継いで欲しいという願いを持つと思います。

その想いは、きっと子供にも多かれ少なかれ伝わるでしょう。

しかし子供にとって、それは本当に幸せなのでしょうか。

子供というのは、自分の血を受け継いだ子供であると同時に、
一人の人間なのです。

自分の想いや願いを叶えてくれるのは子供ではありません。
それは自分自身の手で掴むものです。

父親の務めとは、子供を一人の人間として立派に成長させることが、
一番大切な事なのだと思います。
そして自分の夢ではなく、子供が持つ夢を叶えるために力を注いであげる事が、
父親の大切な役割なのではないでしょうか。

自分の父親との関係、自分と息子との関係が、
この作品の親子関係と、思いっきりダブってしまい、
ビリーの父親と息子のビリー、それぞれに思いっきり感情移入してしまいました。

スミマセン、親子関係の話で熱くなりすぎてしまいました(^^;

この作品を観て、夢を叶えるということは、
本人の努力と周りの人々の理解がとても大切なのだと改めて感じました。

そして、ビリーの夢に向かって努力する直向な姿に、
自分の信じる道を、自分を偽らずに、
信念を持って突き進む事が大切なのだと教えられたように思います。

それはビリーの友達もきっと教えられたのでしょうね(笑)
これはこの作品を観れば分かります(^^

夢、希望、友情、兄弟愛、そして親子愛、
ラストではその全てが集約され、感動が波のように押し寄せてきました。

今思い出しても、ラスト近くのビリーへの兄トニーの言葉や、
ラストでの父親の表情を思い出すと涙がこぼれます。

とても素晴らしい作品でした。

主人公ビリーを演じたジェイミー・ベルの演技はとても素晴らしかったですね。
素朴な少年がバレエと出会い、自分自身が輝ける場所を知る。
自分の夢や家庭状況に対する心の揺れや葛藤を見事に演じていました。
彼はこの作品で見事、英国アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。
さらにカンヌ国際映画祭でも絶賛されました。
これからの活躍に期待の役者さんですね(^^

自分は知りませんでしたがラストに登場する“彼”は、
世界的バレエダンサーのアダム・クーパーという人だったんですね。
ほんのちょっとの出番でしたが、彼が出演した事も大きな話題となったようです。

監督はロンドンの劇場ロイヤル・コートの芸術監督や、
ブロードウェイの舞台、BBCのラジオドラマやテレビドラマの制作を
手がけてきたスティーブン・ダルドリー。
この作品が長編映画の第1作目です。
この作品で早くもオスカー候補となりましたね。
多少荒削りな部分もありましたが、とても素晴らしい演出力だと思います。

炭坑労働という厳しい生活、父親や兄との確執、
周りの厳しい目を振り払いながら自分の夢を追いかける少年の葛藤など、
暗くなりがちな物語が、直向に頑張る少年の姿の微笑ましさと、
随所に散りばめられたコミカル(結構シュールですが(^^;)な場面によって、
笑いと感動を引き出し、とても心温まる作品に仕上がっていると思います。

夢に向かって直向に頑張る少年、そして少年を見守る家族、
夢と希望、そして愛に溢れた、とても素晴らしい最高の作品でした。


評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>





リトル・ダンサー

リトル・ダンサー コレクターズ・エディション

リトル・ダンサー DTSエディション

<CD情報>

リトル・ダンサー


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

ロックとダンス(バレエ)が見事に融合した感動作ですよね。いろいろな事(バレエ、小さな恋、社会状況など)が描かれている割にとてもすっきりとした展開だったと思います。(詰め込みすぎで失敗してるの多いと思いますけど・・・)
最後のジャンプ、良いシーンですよね。
ぽち
【2008/04/29 19:52】 URL | Whitedog #- [ 編集]

こんばんは
何年経っても何度見ても必ず涙してしまう大好きな映画です!
いいですよねぇ~。
父と息子がテーマの作品って好きなものが多いです。
【2008/04/30 01:27】 URL | ひめ #- [ 編集]


>Whitedogさんへ
ロックとバレエが見事に融合していましたね(^^
多くの要素を取り入れつつも、ビリーの成長物語、
そして親子愛という軸がしっかりしていたので、とてもスッキリした展開になったんだと思います。
最近の中では久しぶりにストレートに感動を覚えた作品です。
最後のジャンプ、とても良かったですよね。
成長したビリー、そのビリーを温かく見守り続けた父親、
父親の苦労と息子が成長した喜びがにじみ出たラストの表情が忘れられません。
とても良い作品だったと思います(^^

応援ポチありがとうございます♪
【2008/04/30 10:35】 URL | Toy's #- [ 編集]


>ひめさんへ
自分も息子がいるので他人事には思えなかったんですよね。
息子がやりたい事は全力で応援してあげなければ・・・と強く感じました(^^
自分の父親も、自分がやりたい事を応援してくれていたので、
ビリー、そしてビリーの父親、両方に思いっきり感情移入できてしまうんです。
本当に良い作品だったと思います。
いつも手元に置いておきたい作品の一つになりました(^^
【2008/04/30 10:41】 URL | Toy's #- [ 編集]


v-275これはストーリーもさることながら、炭鉱町のさびれた風景、建物のなんともいえない味、そんなのもポイント高いですよね。
イギリス作品ならではという感じです。
応援ポチ!
【2008/04/30 18:40】 URL | you太郎 #oUPgpoCM [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/30 18:50】 | # [ 編集]


>you太郎さんへ
炭坑町の風景や建物、そしてそこに住む人々など、
とても味があって、すごく雰囲気が良かったですよね。
そして夢、希望、愛に溢れた素晴らしい作品だったと思います。
まさしくイギリスならでは、って感じの作品でしたね。
是非多くの人に観てほしい作品です。

応援ポチありがとうございます♪
【2008/04/30 19:03】 URL | Toy's #- [ 編集]

この作品、大っ好きです!!
若かりし頃のジェイミー・ベル!
彼の演技を観て、ド肝を抜かれました!
ダンスもさることながら、
ものすごく演技力もあって感動してしまいました。
作品的にも大変素晴らしいですよね。
ボロボロ涙が出てしまいます。
ビリーの真っ直ぐな思いも分かるし、
家族の訴えも分かるから切なくなるんですよね。
共感させる力のある作品だったなと思います。
また観たいなぁv-398
【2008/05/01 22:33】 URL | なるは #- [ 編集]


>なるはさんへ
主演のジェイミー・ベルの演技力は本当に凄かったですね。
彼の演技があったからこそ、この作品がここまで素晴らしい作品になったんだと思います。
夢と希望を持って突き進むことの大切さ、信じてあげることの大切さ、
そして家族の大切さ、いろいろな大切なものを教えられたような気がします(^^
共感させる力のある作品・・・まさしくその通りの作品だったと思います。
いつでも観れるように手元に置いておきたい作品ですよね。
是非また観ちゃって下さいね(^^
【2008/05/02 12:27】 URL | Toy's #- [ 編集]


ビリーがバレエを練習しているところに
父親が現れたときはどうなるのかとヒヤヒヤしてしまいました。

ラストになるにつれて感動が込み上げてくる作品でした。

監督の長編2作目が「めぐりあう時間たち」なんですよね。
これからが楽しみな監督ですね。
【2008/05/03 19:01】 URL | ひで #- [ 編集]


>ひでさんへ
ビリーが父親の前で自分の好きなダンスを力いっぱい踊ったシーンは、
父親の心を動かす重要なシーンでしたよね。

そこから父親の必死に抑えていた気持ちが解放されて、
ビリーと父親の絆が深まってゆきますよね。

とても感動的な物語でした(^^

「めぐりあう時間たち」はまだ観ていないのですが、
この作品をキッカケに観てみようかと思っています。

ホント、これから楽しみな監督さんですね(^^
【2008/05/03 21:26】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/137-91935d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。