プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプティビティ
絶対に逃げられない。


キャプティビティ
原題: CAPTIVITY



製作年:2007年 製作国:アメリカ、ロシア 86分
監督:ローランド・ジョフィ
出演:エリシャ・カスバード、ダニエル・ギリス、プルイット・テイラー・ヴィンス、ラズ・アロンソ
    マイケル・ハーネイ、マギー・デイモン、クリスタ・オルセン

【ストーリー】

トップモデルのジェニファーはある日何者かに誘拐され、見知らぬ密室で目を覚ます。
彼女は何とかして密室から逃れようとするが失敗、薬物を注射され意識を失ってしまう。
再び意識を取り戻した彼女は、ガラスの隙間から隣の部屋に男が監禁されている事を知るが・・・

【感想】

今流行り(?)の密室拷問系スリラーです。
「SAW」シリーズや「ホステル」シリーズなどと同じで、
いわゆる拷問殺人系のお話なのですが、
上記シリーズと比べるとちょっとレベルが低かったように思います。

まぁ、観る前から薄々感じていましたので、
エリシャ・カスバードが観れればいっかという気持ちで鑑賞しました(笑)

物語は有名なトップモデルが異常な拷問殺人鬼に目を付けられ、
監禁されて、拷問されて・・・ってな内容です。

とにかくこの系統の作品はどれだけグロテスクな映像を見せるかに力が入りますよね。
あと、ラストのどんでん返しとか。

グロテスクな映像はかなりありましたが、
「SAW」や「ホステル」シリーズの方が凄かったですねぇ。
R18指定の割には暗転しすぎるのもどうなんでしょうか・・・

唯一この作品で目を背けてしまったのが、話題の赤汁(笑)
いや、笑いごとではないですよね(^^;
あの赤汁は本当にハンパないです。
今まで観た拷問系の中でも最強に強烈でした。

「うぐぅおわぁあぁぁぁぁ!!」

「ありえねー!!」

「どんだけ~(笑)」

っと叫びまくりました(^^;

でも見所はそこだけだったかなぁ。
拷問シーンも他の作品と違いがある訳でもなく、
後半の展開も先が読めてしまったし・・・
この系統の映画を観すぎなのでしょうか(^^;

今までこの系統の映画を観た事がない人にとっては、
とても衝撃的な内容なのかもしれません。

が、この系統を見尽くしたスペシャリストの方々には、
とても物足りない内容だと思います。

唯一スペシャリストが唸る演出はやっぱり赤汁でしょう(笑)

そこがこの作品の判断基準の違いなのでしょうね。

Toy'sが観たのは特別編バージョンでしたが、
TUTAYAにはオリジナル・バージョンなるものが置いてありました。
面白かったらそっちも観てみようと思いましたが、
申し訳ございませんがスルーさせて頂きます(笑)

エリシャ・カスバードの演技も微妙でしたね。
彼女の演技なのか、演出なのかは分かりませんが、
監禁され、拷問される女性の恐怖があまり伝わってきませんでした。
なんか気絶しすぎだし(^^;

エリシャ・カスバードと言えば「24」のキム役のインパクトが大きいですよね。
いつジャック・バウワーが救出にくるんだろう?、なんて思った人も多いと思います(笑)

脚本は「フォーン・ブース」などを書いた鬼才ラリー・コーエンということですが、
あきらかに脚本が良くなかったような気がします。
もっと面白く(?)、いや精神的に恐怖を感じる作品にできたような気がしますね。

監督も「ミッション」や「キリング・フィールド」など映画史に残る名作を撮ったお方なのですが、
この作品では監督の才能が生かされていなかったように思えました。

全体的にはもっと良く作る事ができたのではと思えるもったいない作品でした。
拷問系スリラーとしても、エリシャ・カスバート目的で観るにしても、
ちょっと微妙な作品だと思います。

ただ、この系統をあまり観た事がない人にとっては見応えはあると思いますので、
実際に自分の目で確かめて観て下さい。
あくまでもToy'sの個人的な感想ですので(^^


評価★★★★☆☆☆☆☆☆(10点満点中4点 …1点)


<DVD情報>

キャプティビティ (特別編)


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんばんわ
この映画、私も一度は観ようと思ったんですよね~(笑
でもなんか内容を想像すると期待外れになりそうな気がしてスルーしてしまいました。
借りなくて正解だったみたいですね(笑

応援ポチ
【2008/04/06 22:27】 URL | RIELU #yjAvvF4. [ 編集]


>RIELUさんへ
「SAW」シリーズや「ホステル」シリーズを制覇している方には、
物足りない作品だったかなぁと思います。
唯一驚愕したのは赤汁です(笑)
これは本当にハンパないです(^^;
話のネタに観てみるのも良いかもしれませんよ(笑)

応援ポチありがとうございます♪
【2008/04/07 10:13】 URL | Toy's #- [ 編集]


TSUTAYAのオリジナル・バージョンを観ました。赤汁って一番最初のシーンの事ですか?
あのシーンしか記憶に残りませんでした。(笑)
特別版とどう違うのか分かりませんが、それほどの違いはないんじゃないかな?と思います。
応援ポチ
【2008/04/07 18:23】 URL | Whitedog #- [ 編集]


>Whitedogさんへ
たぶん特別編とオリジナル・バージョンに違いはあまりないんでしょうね(笑)
赤汁とはあれです・・・いろんな部分をミキサーにかけて赤い汁になったあの飲み物です(^^;
ミキサーにかけているときから嫌~な予感がしてたんですが、
あれを無理矢理飲まされる場面は思わず目を背けてしまいました。
それだけが特別印象に残ってます(^^;

いつも応援ポチありがとうございます♪
【2008/04/07 20:51】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/124-cb0479cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。