プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールド マウンテン
もう、あなたの他に命を捧げはしない。


コールド マウンテン
原題: COLD MOUNTAIN



製作年:2003年 製作国:アメリカ 155分
監督:アンソニー・ミンゲラ
出演:ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、レニーゼルウィガー、ドナルド・サザーランド
    ナタリー・ポートマン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジョバン・リビシ

第76回アカデミー賞:助演女優賞 受賞
第61回ゴールデン・グローブ賞:助演女優賞 受賞


【ストーリー】

南北戦争末期、愛する女性の待つ故郷へ旅を続ける脱走兵と、
彼を待ち続ける女性の苦難の日々を壮大なスケールで描くラブ・ストーリー。

【感想】

戦争というものは、本当に多くの人々に悲しみと苦しみをもたらすものですよね。
戦場に行く者、残された者、戦争にはまったく無関係な人々までもが、
戦争中、そして戦争後までもその悲しみや苦しみを引きずって行く・・・
負のスパイラルとは、まさにこのことですね。

この作品は、そんな戦争に翻弄されたインマンとエイダの二人が愛のために、
苦難の日々を懸命に生き抜こうとする姿を描いています。

出会って間もない二人は、お互いの恋心が芽生え始めた直後に戦争によって離れ離れになります。
しかし二人は何年もの間、お互いを想い続け、それを自分の生きる意義としていました。

愛する女性エイダのへの想いを胸に、
死罪を覚悟し脱走兵として故郷コールド マウンテンを目指すインマン。

インマンの帰還を信じて、生活苦に苦しみながらもコールド マウンテンで
ひたすら待ち続けるエイダ。

相手のことをほとんど知らないまま、ただお互いに惹かれ合い、
一度のくちづけを交わしただけのインマンとエイダは、
出会った時に感じた恋心が、離れた場所からお互いの事を想う事で、
次第に愛へと成長してきます。

いつも傍にいてお互いを確かめ合う、それが恋心から愛に変化する通常の流れだと思います。
しかし、インマンとエイダは戦争という生死の境界線に立たされたからこそ、
お互いを想う気持ちがとても大きくなり、それが恋を愛に成長させたのでしょう。

物語の設定は俗に言う、思いっきりメロドラマなのですが、
この作品がそれだけで終わらなかったのは、
戦争やその戦争に苦悩する人々をしっかりと丁寧に描いていたからなのだと思います。

故郷コールド マウンテンを目指し旅をするインマンが先々で出会う人々もまた、
戦争や社会に苦悩し、必死に生きている人たちばかりでした。

特にインマンが旅の途中で出会う、ナタリー・ポートマン演じる産まれたばかりの赤ん坊を、
女手ひとつで育てている女性セーラとの交流がとても印象的でした。
戦争の空しさや苦しさ、悲しみがこの物語の中で一番心に迫ってきました。

男たちは戦場で、いつ死ぬかもしれない恐怖や不安と戦い続け、
女性や子供たちは生きて帰ってくるとは限らない男たちを必死の思いで生活しながら待ち続ける。

そんな苦しみに追い討ちをかけるように、敵軍や義勇軍の人道から外れた行為に苦しめられる。
戦争とはなんて不条理なのでしょうか・・・

インマンを演じたジュード・ロウ。
戦地に赴いて、愛する女性を想いながら壮絶な戦いを生き抜き、
死罪を覚悟して脱走兵となる寡黙な男インマン役はとても良かったと思います。
戦地での戦い、人と人との殺し合いによって変わってしまった自分の心との葛藤。
エイダに伝えるセリフに、その苦しみが痛いほど伝わってきました。
彼のあの苦悩と悲しみを押し殺したかのような表情と瞳がとても印象的で、
この作品が描く悲劇を物語っているように感じました。

エイダを演じたニコール・キッドマン。
自ら生活する術を知らないお嬢様育ちでありながら、
生活苦に絶え、愛するインマンの帰還を信じて生き抜こうとするエイダ役は、
美しさとしては完璧、お嬢様育ちというところも良かったと思います。
しかし、ちょっとミスキャストだったんじゃないかなぁと感じました。
お互いのことをほとんど知らずに恋に落ち、インマンの帰還を信じて待ち続ける女性役としては、
ちょっと年齢が上過ぎたんじゃないかと・・・設定が夫婦であるならば納得でしたが(^^;
自分としてはニコール・キッドマンとナタリー・ポートマンの役柄が、
逆でも良かったんじゃないかと思います。

そして何よりも一番、この作品の中で輝いていたのが、
エイダと一緒に住むことになったルビー役のレニー・ゼルウィガー。
圧倒的な存在感、圧倒的な演技力で主人公二人の影を潜めてしまっていました。
脇役でありながらも重要な役どころで、エイダの生活だけはなく心の支えにもなる、
力強く、たくましく生きる女性ルビー役は本当に素晴らしいの一言です。
ルビーはとても強い女性ですが、父親との関係に苦悩するなど繊細な一面もあります。
そんな繊細さと、生きるための力強さを合わせ持つルビー役は、とても難しい役どころだと思いますが、
そのルビー役を見事に演じきったレニー・ゼルウィガーのとてつもない演技力には本当に脱帽です。
この作品で彼女はアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演女優賞を受賞しました。

そして監督のアンソニー・ミンゲラ。
単純明快なラブ・ストーリーに、数々の物語を交錯させ、
作品全体に深みを持たせたアンソニー・ミンゲラ監督の手腕は本当に見事でした。
監督が描く純愛、“愛の美しさ”は本当に素晴らしいの一言です。

人命を奪い、愛さえも引き裂いてしまう戦争の不条理さ、
その戦争に翻弄され悲しみや苦しみを背負い続ける人々、
戦争という愚かな行為が招く代償は大きい。

そんな戦争という悲劇の中で輝き続けるインマンとエイダの揺ぎ無い純愛。
人は愛がなければ生きてゆけない、愛する人がいるからこそ強く生きてゆける。
二人の愛に対する強い想いが自分の心に中に響き渡りました。

どんな状況でも力強く生きてゆくための勇気を、
そしてどんな状況でも力強く愛を貫く心を持つことが大切なのだと、
インマンとエイダ、二人の愛がそう語っているように感じました。


全体的にはとてもしっかりと丁寧に作られていて、
個々のエピソードも印象的で考えさせられる部分も多く見応え十分でした。
ただインマンとエイダの愛の絆の描き方がちょっと弱かったんじゃないかなと感じました。
お互いを想う気持ちがあれだけ大きくなる過程をもっと深く描いた方が、
より二人の愛の絆の大きさを感じ、より二人に感情移入できたんじゃないかと思います。

ムズムズするような純愛を描いた作品なので、
恋愛映画を見慣れた方にとっては非常にありきたりな内容に感じるかもしれませんが、
あまり恋愛映画を観ない自分にとってはこの純愛がストレートに心に突き刺さりました。
愛する事の大切さが心に響く素晴らしい作品であったと思います。


評価★★★★★★★☆☆☆(10点満点中7点 …1点)


<DVD情報>

コールドマウンテン

コールドマウンテン コレクターズ・エディション

<CD情報>

コールド・マウンテン


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

アンソニー・ミンゲラ監督亡くなったそうです。残念です。
確か、レビュー書いてらっしゃったな~と思い、おじゃましました。
【2008/03/19 22:55】 URL | Whitedog #- [ 編集]


>Whitedogさんへ
Whitedogさんのコメントを見て初めて知りました。
突然の訃報で正直ビックリしています。
まだそれほど歳をとっていなかったと思いますが・・・
映画界にとってまた素晴らしい才能が失われてしまった気がします。
心からご冥福を申し上げます。
【2008/03/20 12:19】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/114-a44d6952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。