プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽
天皇ヒロヒト―――彼は、悲劇に傷ついた、ひとりの人間


太陽
原題: SOLNTSE/LE SOLEIL/THE SUN


taiyou.jpg

製作年:2005年 製作国:ロシア、イタリア、フランス、スイス 115分
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:イッセー尾形、ロバート・ドーソン、佐野史郎、桃井かおり、つじしんめい、田村泰二郎、
    ゲオルギイ・ビツケラウリ、森田比呂也、西沢利明、六平直政、戸沢佑介、草薙幸二郎

第13回サンクトペテルブルク国際映画祭:グランプリ 受賞

【ストーリー】

神と崇められ、戦争に翻弄された昭和天皇が、終戦から一転して「人間宣言」へ至る
苦悩と孤独を詩的なタッチで描く。

【感想】

ロシアの鬼才アレクサンドル・ソクーロフ監督が20世紀の権力者を取り上げた、
「モレク神」「牡牛座」に続いて、昭和天皇を主人公に描いた問題作です。

日本国内でも皇室というのは非常に神秘的な場所ですよね。
日本に住む自分たちからしても神秘的に感じる皇室は、
諸外国の人々からすれば、さらに神秘的で謎に満ちた世界なのだと思います。

皇室という世界は、まず日本では映画として製作される事はないと思います。
それは政治的な理由が大きいという事がまず最初にありますが、
仮に日本人が日本国内で製作したら、
きっとここまで客観的に描く事ができなかったのではないかと思います。

日本国内でも神秘のベールに包まれた皇室を海外の監督が描くということは、
非常に難しいことだったと思います。
ソクーロフ監督はこの作品を制作するにあたり、かなりのリサーチをしたのだと思いますが、
作品の大部分は監督の感性や想像によるものではないかと思います。

それは歴史的な事実を描いた作品としては信憑性が薄いのではと感じたからです。
この作品は実在の人物と実在の出来事を基にしたひとつのフィクション作品であると考えています。

全体的にトーンを落とした重厚な映像、細部までこだわった備品の数々、
天皇が夢でみる夜の都市など、ソクーロフ監督の芸術的センスや美的センスが表れた映像や構成、
演出は、とても素晴らしく、そしてとても美しかったです。
非常に芸術性の高い作品であると思います。

そして何よりも特筆すべきは、イッセー尾形氏の迫真の演技ですね。
圧倒的な存在感と素晴らしい演技力に終始圧倒され続けました。
本当に想像を絶する圧倒的な演技でした。
口癖や腕や口の動かし方などイッセー尾形氏が演じた昭和天皇は、
まさに自分が今まで見てきた昭和天皇そのものであったと思います。
神ががり的な演技とは、まさにこのことなんだと感じました。

日本人俳優では佐野史郎氏や桃井かおりさんなど、
とても個性的で素晴らしい演技力を持つ俳優が出演していますが、
その2人の影が薄くなってしまうほど、イッセー尾形氏の演技は圧倒的でした。

この作品は第二次世界大戦の敗戦前夜から敗戦直後までの物語です。
戦争への責任や戦後の国民への心配をお寄せになる昭和天皇の孤独と苦悩、
そして「現人神」から「人間宣言」へ・・・

この作品をレビューしている自分自身は、実際のこの事実を体験している訳ではありません。
歴史に対する知識も少なく、ただ学校で教わった歴史を知っているだけです。

ですが第二次世界大戦の敗戦、そして昭和天皇の「人間宣言」は、
当時の国民にとっては本当に衝撃的な出来事だったのではないかと思います。

それまでの日本という国が終わり、そして新しい日本という国が生まれた、
日本の歴史にとっては非常に重要な時代だったと思います。

戦争、そして敗戦という悲劇に翻弄された天皇ヒロヒト。
そこで苦悩し、傷つき、孤独を感じていたのは、日本を愛し、国民を愛し、
家族を愛した、まさに一人の人間でした。

この作品を鑑賞し、自分は歴史というものをどの様に受け止め、
どのように見つめなおす事が必要なのか、深く考えるようになりました。

今、自分たちが生きているこの日本という国は、多くの歴史の上に成り立っています。
その歴史の1ページを垣間見る事によって、
今自分が生きているこの社会を形成してきた歴史の重さを今一度感じることが出来ました。

そして、神秘的な世界であると感じていた皇室と、
昭和天皇をほんの少しだけですが近くに感じることが出来た気がします。

ソクーロフ監督の素晴らしい映像美、イッセー尾形氏の迫真の演技、
そして日本では実現しないであろう皇室と天皇の物語、
どれをとってもこの作品を観る価値は高いです。


是非多くの方に観てほしいと思います。


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

太陽


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

イッセー尾形の演技、強烈でしたね。ものすごく印象に残っています。イッセー尾形の一人芝居を観た事がありますが、その人になりきる演技は天才的ですね。
ドイツ人がヒトラーの映画を作ったように、いつか日本でも皇族の映画を作る日が来るんでしょうか・・・
難しそうですが。
応援ポチ
【2008/03/09 22:27】 URL | Whitedog #- [ 編集]


このような作品が有ったのですね。
まったく知りませんでした。
そしてとても観たくなりましたよ。
必ず観ようと思います。
【2008/03/09 23:47】 URL | RIELU #yjAvvF4. [ 編集]


>Whitedogさんへ
イッセー尾形氏の迫真の演技は本当に圧巻でしたよね
Whiitedogさんのおっしゃる通り、その人になりきる演技は天才的だと思います。
日本で皇室の映画を作るのは、やっぱりすごく難しい事だと思います。
でも、いつか日本でも製作できる日が来ると良いですね。
【2008/03/10 12:28】 URL | Toy's #- [ 編集]


>RIELUさんへ
日本を描いた作品ですが、監督、製作がロシアなので、
日本ではいまいち知られていない作品かもしれませんね。
日本の皇室を描いた作品としても、芸術的作品としても、
イッセー尾形氏の圧倒的な演技を観るにしても、
この作品を観る価値はすごくあると思います。
是非、是非ご覧下さい。
感想楽しみにしてますね(^^
【2008/03/10 12:36】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/113-eadbbb4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。