プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンサー・イン・ザ・ダーク
魂の歌声は、誰にも止められない。


ダンサー・イン・ザ・ダーク
原題: DANCER IN THE DARK



製作年:2000年 製作国:デンマーク 140分
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:ビョーク、カトリーヌ・ドヌーブ、デヴィッド・モース、ピーター・ストーメア
    ジャン=マルク・バール、ヴラディカ・コスティック、カーラ・セイモア

2000年カンヌ国際映画祭:パルムドール・女優賞 受賞

【ストーリー】

遺伝性の病のために視力が失われつつあるセルマは、
女でひとつで育てている同じ遺伝性の病を持つ息子ジーンのため、
工場で働き内職もして息子の手術費用を貯えていた。
ある日ミスをした事で工場を解雇されてしまい、貯めていたお金まで盗まれていた。

【感想】

とても賛否両論な映画ですよね。
自分も嫁さんと鑑賞しましたが、二人の映画を観た印象や受け止め方がまったく違っていました。

この世の中には世渡り上手な人間もいれば不器用な人間もいる。
自分を守るために力を注ぐ人間もいれば、他人のために力を注ぐ人間もいる。
人は誰でも一人では生きてゆくことができません。
人と人は必ず繋がっているのです。

ただ生き方の違いによって人の人生は大きく違ってきます。
自分が生きる意義や意味、その内容によってその人の人生は180度違うものになります。

主人公セルマは遺伝性の病により視力が失われつつあります。
それでも女でひとつで息子のジーンを育て、工場で働き、内職までしています。
何故そこまでして働くのか・・・それは息子ジーンのため。
ジーンもまたセルマと同じく遺伝性の病を持っているのです。

息子の病を治すためセルマは必死でお金を貯めていたのです。

辛く厳しい生活の中でセルマの心のよりどころはミュージカルでした。
アマチュア劇団で稽古をし、辛い事があればミュージカルの妄想世界へと入り込む。
それは彼女が唯一現実世界の厳しさから自分を守る事ができる場所でした。

彼女はきっと自分自身に生きる力が少ない事を理解していたのですね。
そして自分のやるべき事を理解している。
だからこそ贅沢はせず、ほんの少しの幸せでも満足できる。

とても弱い女性でありながら、その弱さに負けないように一生懸命生きていたのです。

そんな彼女たちに優しく接してくれる人々。
同僚の友人キャシー、彼女に想いを寄せるジェフ
住む場所としてトレーラーを貸してくれている警察官のビル夫妻

ものすごく幸せな環境とは言えないが、小さな幸せを感じながら生きるセルマ。
彼女はとても純粋でした。

そのセルマの純粋さによって起こる悲劇。

そして衝撃的なラストを迎えます。

たぶん多くの人はセルマの自分勝手な行動や救いのない結末に不快感を覚えたと思います。

でも、ただ救いがない映画なのでしょうか?

自分はこの映画を観る前に多くの人の感想を読みました。
ネタバレなしで。
なのでとても衝撃的で救いがない映画なのだと頭で理解していたからかもしれません。

自分は映画を観終えて不快感を覚えることはありませんでした。


※以下ネタバレです※
※この映画を観た方のみ反転して読んで下さい※


セルマの生き方はこれしかなかったのだと思います。
上手く世の中を渡って行く術を知らなかったのです。
生きる事に関してとても不器用だったのです。
そして彼女には揺ぎ無いもの、生きる意義、生きる意味がしっかりと見えていたのです。

彼女にとって全ては息子のジーンであり、彼女の人生だったのです。
そして彼女が生きる意義としていたもの、
それはジーンの病を治療するために手術をすることなのです。

「なぜ同じ病気になると分かっていてジーンを産んだんだ?」
面会にきたジェフの問いかけにセルマの答えた言葉。

「赤ちゃんを抱っこしてみたかった」

この言葉に自分勝手と言う方は沢山います。
たしかに、自分と同じ運命を辿ると知っていながら子供を産むのは、
セルマの自己満足と言えると思います。

ただ、それを非難できるでしょうか?
女性として、人間として産まれてきて、
自分の子供、我が子を抱きたいという気持ちを責める事ができるでしょうか?

彼女は子供が欲しい、そう願った時から自分の生きる意義を持ったのです。
遺伝性の病を持ちながら産まれてくる子供への責任。
それは遺伝性の病を治療する事。
子供が産まれる前から、彼女はその責任を人生の生きる意義としたのです。

セルマはその息子の病を治すという責任を全うするために、
裁判でも真実を話そうとはしませんでした。

もっと上手くできたはずです。
真実を語れば死ぬことも無かった。

でも彼女は生きる事に対して不器用でした。
世の中を上手く渡れる人間でもない、口が達者でもない、
どうやって乗り切ればよいのか分からないセルマは、
ただ息子のジーンを救う事だけを考えていたんだと思います。

きっと自分自身を守る事までは考えられなかったのでしょう。

決して死へと逃げた分けではないと思います。
それは死刑台へと向かう彼女を見れば分かります。

強いと思っていた、怖くないと思っていた・・・
しかし死と直面した彼女は本当の恐怖を味わったのだと思います。

息子のために喜んで死ぬのではない。

本当はもっともっと生きたかった。

息子と幸せな生活を送りたかった。

ただセルマは不器用なだけだった。

最後の彼女の恐怖に怯える姿と流した涙からそう感じました。

子供には絶対に親が必要だと思います。
子を持つ親としてその考えはどんな事があっても揺るぎありません。

自分も彼女には生きてほしかったと思います。
生きてジーンをしっかりと育ててほしかった。

子供が成人するまでしっかりと育てる・・・それは全ての親の責任です。
その責任が一番重要な事なのです。

しかしセルマはその責任を果たせなかった。

でもそれは彼女が責任を放棄したからではない。

彼女の生き方が不器用すぎたのです。
世の中をもっと知っておくべきでした。

そして世の中が、社会が彼女を救う事ができなかった。

この世の中には不条理な事が沢山あります。
納得のいかない事、やりきれない思いをす事、理不尽に感じる事、
矛盾や理不尽さがこの世の中に溢れています。

それでも生きていかなかればいけない。
どんなに矛盾があっても、どんなに理不尽であっても、生きてゆくしかないのです。
このセルマの物語も世の中の不条理な現実によるものなのではないでしょうか?

友人のキャシーが死刑台の上のセルマへ手渡したジーンのメガネ。
本当に病が治ったのか、それともキャシーの最後の優しさだったのか・・・
真実は分かりません。

死の恐怖と対峙するセルマはそのメガネを受け取り、泣きながら歌いました。

彼女の人生の最優先であるジーンの治療。
その成功を喜びながらも、自分の死と直面している恐怖が交じり合い、
喜びとも恐怖ともとれる涙を流し続けます。

でも彼女は満足して死刑になったとは思えない。
きっといつまでもジーンと一緒に生きていたかったのでしょう。

死刑台の上で歌う彼女の姿を観て涙が止まりませんでした。

セルマはミュージカルを観に行った時は、
ラストまで観ないで、終わりから2曲目で劇場を後にしていました。
それは彼女の大好きなミュージカルが終わってしまうのがとても悲しいからです。
2曲目で出てしまえばミュージカルは終わらない。
セルマの中で大好きなミュージカルが永遠に続いているのです。

歌が終わる前に処刑されたセルマは、
きっと大好きなミュージカルの世界で永遠に生きているのだと思います。

自分の心を保つ事のできる大好きな世界で。



※ネタバレ以上※


物語は賛否両論ですが、ストーリーの構成や手振れを用いた斬新な映像、
セルマの空想部分のミュージカルなど、素晴らしい部分が沢山ありました。

特に手振れを用いた映像は酔ってしまったり、気分を悪くする人も多かったようですが、
自分は特に気に止めずに観る事ができました。
監督の真意は分かりませんが、セルマの視力が失われてゆく過程を表現していると同時に、
セルマの不安点な心理状況を表現しているのではないかと思います。

ミュージカル部分では逆に躍動感溢れる映像になっているので、
妄想の世界に入り込んだセルマの心理が安定している事を表現しているのだと思います。

出演者たちもとても素晴らしい俳優ばかりですね。

セルマを演じたビョークの演技はとても素晴らしかったです。
歌唱力はもう何も言う事はありませんが、
次第に視力を失ってゆく事への恐怖や不安を上手く表現していました。
カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したのは必然だったと思います。

そしてセルマの友人キャシーを演じたカトリーヌ・ドヌーブ
彼女の存在感はとてつもないですね。
彼女が画面に出てくるだけで、ものすごい存在感を感じました。
やはり名女優ですね、貫禄が違いました。

セルマの住むためのトレーラーを貸している警察官ビルを演じたデヴィッド・モース
セルマを悲劇に追い込む張本人ながら憎みきれない駄目オヤジを、
とても静かな演技で演じていました。
あの表情は真の悪人にはなりきれないビル役にはピッタリですね。

セルマに想いを寄せるジェフ役のピーター・ストーメア
彼は悪役とか変人役が多いですが、
この映画ではとてもピュアで心優しいジェフ役を好演していました。
ジェフもまた不器用にしか生きる事のできない人間でしたね。

人生は思い通りにはなかなか行きません。
だけどそれが人生


器用に生きることが出来る人間、不器用にしか生きられない人間。
セルマはただ不器用にしか生きることが出来なかった。

そんなセルマを自分勝手な生き方だと責める事ができませんでした。

そしてセルマの人生を観て、

果たして自分は人生を器用に生きることが出来るのか?

セルマのように不器用な生き方しかできていないのではないだろうか?

自分の人生をもう一度見つめ直す事が必要なのではないだろうか?

生きる事の難しさ、人生の意義について考えさせられました。

この映画はただ悲惨な人間を描いただけではないです。

不器用にしか生きる事のできない人間を描く事によって、
この映画を観た全ての人たちに、
自分の人生をもう一度深く真剣に考えて欲しい、
そんな監督のメッセージが込められているのではないでしょうか。



評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク 2枚組

<CD情報>

セルマ・ソングズ~ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

劇場公開の時、姉と観に行きました。ビヨークの音楽がすきだったので。暗そう~・・と後ろ向きな姉を説き伏せてまでして行ったのでした。ハッピーエンドではなかったけれど、観てよかったと思っています。そう、ビヨークの演技のすばらしさ(ピュア)がただただ心をうって・・
カトリーヌ・ドヌーブの存在も、さすがベテラン女優さまでしたよね!姉も「カトリーヌがよかった」と絶賛。暗い結末でも、なにか人々の心に大きく響く感動のドラマでしたね。
【2008/01/25 13:03】 URL | Cっちゃん #- [ 編集]

素晴らしい作品です!
私もこの映画には★5つが満点なら、
★5つ挙げても良い作品だと思ってます。
確かに重くて辛くて苦しい作品ではありますが、
愛あるダンスには涙なしでは観れません。
ビョークには感服しました。
歌手起用の作品にはいささか不安もありましたが、
これはビョークのための作品でした。
セルマはビョークでしか演じられません。

Toy’sさんの感想を読んで、
またもう一度あの世界に浸りたいなと思いました。
次こそ、私もレビューを書けたらなと。
【2008/01/26 01:02】 URL | なるは #- [ 編集]


>Cっちゃんさんへ
とても賛否両論で「観なければ良かった」という意見が多かったですよね。
でもCちゃんさんと同じく自分もラストも含めて観て良かったと思います。
純粋で不器用にしか生きられない人もいる、
どんな生き方をするのかは自分次第なんだと考えさせられました。
ビョークをはじめカトリーヌ・ドヌーブの演技は本当に素晴らしかったです。
Cちゃんさん同様に暗い結末でしが心に大きく感動が響きました。
【2008/01/26 13:28】 URL | Toy's #- [ 編集]


>なるはさんへ
とても重く悲しい物語ですが、いつまでも心に深く残る作品でした。
彼女の生き方や判断は決して正解ではなかったとは思います。
でも、彼女にはそれしかなかったんですよね。
それを思うと胸が締め付けられる思いになりました。

たしかにこの映画はビョークなしではありえない作品だった思います。
ビョークの歌も素晴らしいですが、この作品での演技も本当に素晴らしかったです。
また何年か後にもう一度観返してみたいですね。

この作品を観た後、嫁さんと熱論してしまいました(^^
人それぞれ、そして年代や経験によっても感じ方が変わってくる、
とても深い問題定義をした作品だと思います。

なるはさんのレビューを是非読んでみたいです。
お待ちしておりますので、いつか書いて下さいね。
この作品について他の方がどのように感じたのかとても興味あります。
【2008/01/26 13:40】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/101-994ec1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。