FC2ブログ
プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
フェノミナン
人生には、説明できない不思議がある。


フェノミナン
原題: PHENOMENON



製作年:1996年 製作国:アメリカ 123分
監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ジョン・トラボルタ、キラ・セジウィック、フォレスト・ウィッテカー、ロバート・デュパル
    デヴィッド・ギャラガー、ジェフリー・デマン、ブレント・スピナー

【ストーリー】

ある日突然、並外れた知性を与えられた男と、彼を支える女性の愛を描いた、
ハートフルなラブ・ファンタジー。

【感想】

エリック・クラプトンの名曲「Change the World」を聞くと、この作品を思い出します。

主題歌と映画の内容がこれほどまでにピッタリと合った作品は、
他にはなかなかないかと思います(^^

主人公はトラボルタ演じる、小さな町ハーモンに暮らす自動車整備工のジョージ。
家具アーティストの女性レイスに片思いをしている独身男だが、
気さくな人柄で町中の人々から愛されていました。

彼は行き着けのバーで自分の38歳の誕生パーティが開かれた夜に、
不思議な光を浴び、並外れた超人的な能力を持つ天才に生まれ変わります。

その超人的な能力によって多くの事件やトラブルを解決してゆくジョージだが、
その能力を恐れた町の人々から異質な目で見られ、
次第に孤独と不安に追い詰められて行きます。

そんなジョージに優しく接してくれたのは家具アーティストのレイス。
二人は次第に愛し合うようになってゆくのだが・・・

物語としては「アルジャーノンに花束を」や「デッドゾーン」のような、
特殊な能力を持ったがゆえに苦悩する主人公を描いた作品です。

しかし上記の作品と違うのは、物語をとてもハートフルに描いていること。
そしてジョージとレイス、二人の愛を中心に描いていること、だと思います。

特殊な天才的能力を生かして、数々の事件やトラブルを解決し、
世の中を変える(Change the World)ことに役立てようとするジョージ。

しかし、その行動は周りの人間からは異質な存在として見られてしまいます。

人間の心理としては当然ありえることです。
自分の中の常識や守るべきものを脅かされそうになった時、
自己防衛本能が働き、異質であったり、普通と違った事を否定し、
自分の中の常識を守ろうとします。

たとえどんなに素晴らしいアイデアでも、素晴らしい考えでも、
素晴らしい行いでも、素晴らしい心を持っていても、
それらを受ける側の人々に受け入れられ、理解されなければ、
まったく意味がなくなってしまいます。

特異な能力や、その訴えられた内容や行動だけを見るのではなく、
その人自身をしっかりと見据える事が大事なのだと、
本質を知る事が大事なのだと、この作品を観て感じました。

超人的な能力によって町の人々から蔑まされてしまったジョージですが、
唯一とても大切なものを手にすることが出来ます。

それはレイスの愛。

彼にとっては何よりもかけがえのないものです。

Change the World

世界は変えられなかったかもしれない、でも彼は変わることが出来た。

Change the World」=世界を変える

それはこの世の中の事ではなく、彼の中の世界だったのかもしれません。

この物語は意外な結末で幕を閉じます。
映画を観始めた時に予想していたラストと全然違いました。

ラストのジョージとレイスが交わす言葉がとても切なく、
そしてとても温かさと優しさに溢れていました。
今でも忘れられない名シーン、そして名セリフです。

ラストだけではなく、物語全編に勇気と希望をもらえるような、
素晴らしいセリフが散りばめられています。

ジョージを演じたジョン・トラボルタの演技はとても素晴らしかったです。
ダンス全盛時代の体系からは想像がつかないほどメタボ(笑)な体になっていますが、
その体系と雰囲気が逆に気さくで優しい男ジョージにピッタリでした。
そして特殊な能力に苦悩するジョージの心理も見事に表現していました。
彼の代表作と言っても過言ではないと思います(^^

その他、ジョージの父親的存在の医師役のロバート・デュパル、
ジョージの友人役のフォレスト・ウィテカーなど、
渋くて演技派な俳優たちが脇を固めています。

特殊な能力を持ってしまったがための不安と孤独を丁寧に描き、
その能力を人々のために役立てようとする男の優しさ、
人間の心の温かさ、そして友情と愛情に溢れた素晴らしい物語。

とても心に沁みる、温かさと優しさに溢れた作品です。

エリック・クラプトンの名曲「Change the World」と共に、
いつまでも心に残っている作品です。


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

フェノミナン

<CD情報>

フェノミナン

チェンジ・ザ・ワールド
※この映画の主題歌であるエリック・クラプトンの名曲です(^^


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画