FC2ブログ
プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
ブレイブ ワン
許せますか、彼女の“選択”


ブレイブ ワン
原題: THE BRAVE ONE



製作年:2007年 製作国:アメリカ 122分
監督:ニール・ジョーダン
出演:ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード、ナヴィーン・アンドリュース、
    メアリー・スティーンバージェン、ニッキー・カット、ジェーン・アダムス

【ストーリー】

婚約者との幸せな未来を夢見ていたラジオ・パーソナリティのエリカは、
婚約者と公園を散歩中に暴漢に襲われ、婚約者を亡くしてしまう。
悲しみに暮れるエリカは心に深い傷を負い、満足に外出することもできない。
そこで彼女はその恐怖を克服するため1挺の拳銃を手にする。

【感想】

とても考えさせられる作品でした。

こく普通に暮らしていて、ごく普通に幸せを願っている人間が、
突然理不尽な犯罪に巻き込まれ、全てを壊されてしまう。

この悪夢のような出来事を非常なまでのリアルさで描いたこの作品を観て、
決してこの出来事は他人事ではないんだと痛感じました。

これは誰の身にも起こりうる恐怖なのです。

主人公エリカは愛する婚約者デイビッドと結婚を間近に控え、
仕事も充実し、幸せに満ちた生活をおくっていました。
ある夜、二人で犬の散歩に出かけた公園で暴漢に襲われ、
エリカは重傷を負い、婚約者デイビッドは殺されてしまう。

その暴力シーンのあまりのリアルさ、あまりの理不尽さに、
心が押しつぶされそうになりました。

きっとこの世の中で現実に起きている犯罪というものは、
この作品と変わらないのだと思います。
いや、それ以上にもっと理不尽なものなのでしょう。

体の傷は癒えても、心の傷は決して癒される事はない。
犯罪による精神的恐怖、人間不信、愛する人を失った深い悲しみ、
永遠に消える事のない心に深く刻まれた傷跡。

エリカは自分の精神的安心を求めるために銃を手にします。
消えない恐怖を克服するため、理不尽な犯罪から身を守るために。

そして、深夜に訪れたコンビニでふたたび犯罪に巻き込まれた彼女は・・・

彼女のとった“選択”は決して社会的に許される事ではありません。
暴力に対して暴力で対抗するのは、暴力の連鎖を生み出すだけです。

しかし、犯罪による悲しみや苦しみ、そして怒りや憎しみが、
復讐心に変わってしまう気持ちを抑えることができるでしょうか。

この作品から非常に難しい問題定義を投げかけられたように感じました。

善と悪=暴力との間で葛藤するエリカ。

そのモラルが崩壊する一歩手前で踏みとどまっているエリカの姿を、
とてもリアルに、そして丁寧に描いています。

この作品がただの復讐劇に終わらなかったのは、まさにそこだと思います。

自らの行いを深く悔やみ、葛藤し、自分の人間性を問う。
エリカという一人の人間の心の揺れを丁寧に描くことによって、
この深いドラマが生まれたのだと思います。

その善と悪=暴力との間で葛藤するエリカを演じたジョディ・フォスター。
久しぶりに彼女の存在感と演技力が発揮された作品だと思います。
とても繊細でリアルな演技でしたね。
彼女が出るシーンは全てが引き締まっていたように感じました。

エリカと交流を深めるマーサー刑事を演じたテレンス・ハワード。
多くの犯罪と対峙しながらも決して己の感情に流されず、
法を厳守する姿勢を崩さない刑事役は彼のイメージにピッタリでしたね。

正義の心を貫くマーサーの存在がエリカの心の救いだったのだと思います。
彼の存在なくして、この作品の深いドラマ性はあり得なかったでしょう。

この作品のキャッチコピーでもある「許せますか、彼女の“選択”」。

許せる、許せないという単純な結論だけでは片付けられるでしょうか?

この作品は誰もが直面しうる、深い問題提議が投げかけられています。
被害者と加害者という立場、そして善と悪というものを、
もう一度考えてみる必要があるのではないでしょうか?

そして「THE BRAVE ONE」=“勇気ある者”というタイトル。
“勇気”とは一体何なのでしょうか?

復讐=勇気という単純で危険な考えではなく、
この作品は、“本当の勇気とは何か”と言う問いを、
観客全てに投げかけているのだと思います。

この物語は衝撃的な結末で幕を閉じます。
しかし、この作品はそこで終わりではないのです。

この作品の意図、メッセージはこの映画の結末にあるのではなく、
これまでの過程を踏まえた物語のその後にあるのです。


それを踏まえてこの作品を観て欲しいと思います。


評価★★★★★★★☆☆☆(10点満点中7点 …1点)


<DVD情報>

ブレイブ ワン

<ブルーレイディスク情報>

ブレイブ ワン

<CD情報>

オリジナル・サウンドトラック「THE BRAVE ONE」


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

パフューム ある人殺しの物語
それは、昨日まで人だったもの。


パフューム ある人殺しの物語
原題: PERFUME: THE STORY OF A MURDERER

mo4829_f1.jpg

製作年:2006年 製作国:ドイツ/フランス/スペイン 147分
監督:トム・ティクヴァ
原作:Perfume(パトリック・ジュースキント著)
出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド
    アンドレス・エレーラ、サイモン・チャンドラー、デヴィッド・コールダー

【ストーリー】

美しい女性の香りを手に入れるため、恐怖の連続殺人鬼と化してゆく男の物語を、
芸術的な映像で描くベストセラー小説の映画化。

【感想】

いや~、とても衝撃的な映画でした。
この映画を観る前の印象というか想像したものとはまったく違っていたので、
自分の予想を遥かに超越したとんでもない物語を見てしまった気がします。

どんなものでもそうですが、究極の物を追い求めるって事は、
通常の精神や感覚では無理なんですね。

それが異常な行動で追い求めるのか、
正当な行動で追い求めるのかはその人の人間性によりますが、
この映画の求めるものは、まさに異常な行動でなければ成し遂げられないものですよね。

驚異的な嗅覚を持つ主人公グルヌイユの才能は本当に凄い。
普通の臭いだけではなく、石や水、木やガラスなど、
通常の人間では感じ取れない物の臭いまで全てを嗅ぎ分けることができる。

その才能が良い方向に進む事ができれば、本当に凄い人物になり得たのだろうと思います。
ただ、彼の産まれた境遇、育った環境が悪かったのかもしれません。

素晴らしい香りに囲まれた環境であったなら、
廻りに女性がいる環境で育てられたのであれば、
彼の驚異的な能力は良い方向に向かったかもしれませんね。

今まで出会った事のない究極の香りである女性の香り
その香りに取り憑かれてしまった男グルヌイユは、
まるで殺人が悪い事ではなく、バラの花を採取するのと同じような感覚で、
女性たちを次々と襲ってゆきます。

その悪い事をしているという自覚というか、感覚がないところが怖いですね。
花の香りを保存するかのように、人間の女性の香りを保存する。
それが女性たちの命が失われようとも、彼はまったく気にも止めない。
彼の中で香りとは生き物に宿る生命よりも大切であり、崇高なものだったのですね。

連続殺人鬼を主人公にした映画は沢山ありますが、
この映画のグルヌイユのような人を殺す事に意味がなく、
自分の目的だけを遂行しようとする人間は本当に恐ろしいと思います。
人を人と観ていないってことですからね。

その彼の行動を芸術的な映像でサスペンスタッチで描いています。
驚異的な嗅覚を持った彼の究極の香り作り。
女性の香りに究極を感じた彼は次々と殺人を重ねます。
ただ一つの目的に向かって。

はたして究極の香りは完成するのか?

はたして彼の殺人は止められるのか?

オープニングから彼の最期を予想できるじゃんって思ってましたが、
ラストで思いっきりやられました。

ラストは本当に想像を絶する展開でしたね。
まさに驚愕と言うか、なんじゃこりゃ!って感じでした(^^;
スゴイというか、美しいというか、おぞましいというか・・・
究極の香りとは人間をも超越する何かを持っているのでしょうか?

その究極の香りとはどんな香りなのか・・・怖いけど知りたいですね。
あ、でもその香りを嗅ぐとあんな風になってしまうんですよね(^^;
やっぱ知らない方が良いですね(笑)

主人公グルヌイユを演じたベン・ウィショーについては全然知りませんでした。
驚異的な嗅覚を持つという難しい役どころを上手く演じていたと思います。
あの香りに取り憑かれた異様な表情は本当にスゴイと思います。

あとダスティン・ホフマンアラン・リックマンなど演技派が脇を固めてましたね。
この二人が出演したことによって物語に深みが出ていたと思います。

監督は「ラン・ローラ・ラン」を撮ったトム・ティクヴァ
「ラン・ローラ・ラン」は実は観た事がないのでなんとも言えないのですが、
物語の構成や芸術的な映像、驚愕を通りこしたインパクト大のラストなど、
今までにないものを撮れそうな、これからが楽しみな監督ですね。

究極の香りに取り憑かれた、ある人殺しの物語。
もし彼が現代に生きていたら彼の凶行はあり得なかったと思います。
18世紀という昔であるからこそ成し得る事ができた物語ですね。

しかも香水調合師というとやはり現代ではなく18世紀、そしてパリが良く似合う。
そんな時代設定がこの物語をより芸術的な作品に出来たのではないかと思います。

この映画を観ると実際に目の前にある訳ではないのに、
あらゆる物の香りを感じる事ができます。
映像で表現する映画でありながら“香り”を感じ取れるのは本当にスゴイことです。
それだけこの作品にはとんでもないパワーがあるのだと思います。

ただ究極の香りだけは想像を絶していて分かりません。
あらゆる物を超越しているのだけは確かですけどね。

その究極の香りに取り憑かれた主人公グルヌイユは、
異色の連続殺人鬼として映画史に名を残す存在になったのは間違いないですね。

そんな狂気に包まれたグルヌイユに必要だったのはきっと“”だったのだと思います。
彼に“”を注いでくれる人がいたならば・・・
彼は究極の香りを手にしても、その基本的な“”が無かった事を、
そして“”を手に入れられなかった事を改めて感じたのかもしれません。

人を愛し、愛される事はとても大切な事なのだと改めて感じました。

物語も設定も斬新ですが、ラストでパイルドライバー(古っ)を喰らったような
感覚になる強烈なインパクトのある映画です。
普通のサスペンスに飽きた方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


評価★★★★★★☆☆☆☆(10点満点中6点 …1点)


<DVD情報>

パフューム スタンダード・エディション

パフューム ある人殺しの物語 プレミアム・エディション

<BOOK情報>

Perfume


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画