FC2ブログ
プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
ナンバー23
それは一冊の本からはじまった。


ナンバー23
原題: THE NUMBER 23



製作年:2007年 製作国:アメリカ 99分
監督:ジョエル・シューマカー
出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン
    リン・コリンズ、ローナ・ミトラ、ミシェル・アーサー

【ストーリー】

ある1冊の本を手にした男とその家族が、次第に“23”という数字の謎に翻弄されてゆく
様を怪奇的なムードとスリリングな展開で描く。

【感想】

古くから不吉な数字として語られてきた“23”という数字の謎に
取り憑かれてしまった男の衝撃の運命を描くサスペンス・ミステリーです。

主人公のウォルターを演じるのはコメディ俳優として不動の地位を得たジム・キャリー。
最近はコメディ以外にヒューマンな作品やシリアスな作品に出るようになりましたね。
この作品もジム・キャリーお得意のコメディ路線は封印し、
全編シリアスな演技を披露しています。

ウォルターは自分の誕生日に妻アンナから一冊の小説をプレゼントされます。
その小説のタイトルは“ナンバー23”。
その小説にはウォルターそのものではないかと思える主人公が登場し、
“23”という数字の謎に取り憑かれ、人生を狂わせて破滅して行く姿が描かれていました。

ウォルターは自分に関係するもの全てが“23”という数字と符号している事に気がつき、
小説の主人公と同じ運命を辿るのではという想いに囚われてしまいます。

その謎を解くためにウォルターは必死に著者を捜索し始めるのだが・・・

この手の作品はネタバレなしにレビューを書くのが非常に難しいですよね。
思いっきりネタバレしちゃった方が、いろいろと書きやすくて良いのですが、
まだ観ていない方々のためにネタバレしないように書いてみます(^^;

一冊の小説と“23”という数字に翻弄される主人公が辿る運命を、
スリリングな展開で描いています。

“23”という数字は古くから不吉な数字として語られているとの事ですが、
実際自分は全然知りませんでした(^^;

過去のいろいろな事件などの数字を追ってゆくと、
“23”という数字が現れるらしいのですが、
どう考えても無理矢理こじつけているようにしか思えないのは、
Toy'sが汚れちまった大人になってしまったからでしょうか(笑)

まぁ、それは百歩譲って“23”という数字に
何かしらの謎があるとしておきます(^^

その“23”という数字が持つ魔力のようなもの、
全てがその数字で成り立ってしまっていると思い込み、
その謎を解くために翻弄するウォルターの姿は、
ジム・キャリーの迫真の演技もあって、とても鬼気迫るものがありました。

そして現実の世界のウォルターと小説の世界の主人公を、
ジム・キャリーが2役で演じているので、物語が進むにつれて、
それが現実なのか空想の世界なのかが分からなくなるような錯覚に陥りました。
観ている者も数字に翻弄され、
小説の世界に翻弄される主人公と同じ状況に陥らせる、
そんな演出なのかもしれませんね。

物語としてはしっかりと描かれており、上記のような錯覚に陥る構成や、
謎が謎を呼ぶスリリングな展開、驚きのラストなど、
サスペンス・ミステリーとしては合格点だったかなと思います。

ただ、サスペンス系、スリラー系、どんでん返し系が好きなスペシャリストの
皆さんにとっては、“またか・・・”と感じると思います。

サスペンスやスリラー系のレビューを書いていて思ったのですが、
この系統の映画を沢山みている人たち(Toy'sも含み)は、
ある意味“衝撃のラスト”とか“どんでん返し”という言葉に、
免疫が出来てしまっているような感じがします。

昔はいろんな映画にとても衝撃を受けていた気がしますが、
最近は“やっぱりな”とか“前に観た事あるな”とか、
いろいろな映画を観すぎて新鮮さを感じられない事が多いように思います。

それは観る側の目が肥えてしまったのか、
作る側がマンネリ化してしまったのか、
何とも言えませんが、このレビューを書いていて、
ふと、そんな風に感じました(^^;

題材やストーリー、物語の展開や現実と空想を交えて描いた演出、
そしてジム・キャリーの迫真の演技など、この作品の見所は沢山あります。

スリリングな展開や謎解き要素も悪くなかったと思います。

ただ、もう少し緊迫感があっても良かったと思います。
そして、もう少しひねりがあると良かったかなと思います。


評価★★★★★★☆☆☆☆(10点満点中6点 …1点)


<DVD情報>

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

キャプティビティ
絶対に逃げられない。


キャプティビティ
原題: CAPTIVITY



製作年:2007年 製作国:アメリカ、ロシア 86分
監督:ローランド・ジョフィ
出演:エリシャ・カスバード、ダニエル・ギリス、プルイット・テイラー・ヴィンス、ラズ・アロンソ
    マイケル・ハーネイ、マギー・デイモン、クリスタ・オルセン

【ストーリー】

トップモデルのジェニファーはある日何者かに誘拐され、見知らぬ密室で目を覚ます。
彼女は何とかして密室から逃れようとするが失敗、薬物を注射され意識を失ってしまう。
再び意識を取り戻した彼女は、ガラスの隙間から隣の部屋に男が監禁されている事を知るが・・・

【感想】

今流行り(?)の密室拷問系スリラーです。
「SAW」シリーズや「ホステル」シリーズなどと同じで、
いわゆる拷問殺人系のお話なのですが、
上記シリーズと比べるとちょっとレベルが低かったように思います。

まぁ、観る前から薄々感じていましたので、
エリシャ・カスバードが観れればいっかという気持ちで鑑賞しました(笑)

物語は有名なトップモデルが異常な拷問殺人鬼に目を付けられ、
監禁されて、拷問されて・・・ってな内容です。

とにかくこの系統の作品はどれだけグロテスクな映像を見せるかに力が入りますよね。
あと、ラストのどんでん返しとか。

グロテスクな映像はかなりありましたが、
「SAW」や「ホステル」シリーズの方が凄かったですねぇ。
R18指定の割には暗転しすぎるのもどうなんでしょうか・・・

唯一この作品で目を背けてしまったのが、話題の赤汁(笑)
いや、笑いごとではないですよね(^^;
あの赤汁は本当にハンパないです。
今まで観た拷問系の中でも最強に強烈でした。

「うぐぅおわぁあぁぁぁぁ!!」

「ありえねー!!」

「どんだけ~(笑)」

っと叫びまくりました(^^;

でも見所はそこだけだったかなぁ。
拷問シーンも他の作品と違いがある訳でもなく、
後半の展開も先が読めてしまったし・・・
この系統の映画を観すぎなのでしょうか(^^;

今までこの系統の映画を観た事がない人にとっては、
とても衝撃的な内容なのかもしれません。

が、この系統を見尽くしたスペシャリストの方々には、
とても物足りない内容だと思います。

唯一スペシャリストが唸る演出はやっぱり赤汁でしょう(笑)

そこがこの作品の判断基準の違いなのでしょうね。

Toy'sが観たのは特別編バージョンでしたが、
TUTAYAにはオリジナル・バージョンなるものが置いてありました。
面白かったらそっちも観てみようと思いましたが、
申し訳ございませんがスルーさせて頂きます(笑)

エリシャ・カスバードの演技も微妙でしたね。
彼女の演技なのか、演出なのかは分かりませんが、
監禁され、拷問される女性の恐怖があまり伝わってきませんでした。
なんか気絶しすぎだし(^^;

エリシャ・カスバードと言えば「24」のキム役のインパクトが大きいですよね。
いつジャック・バウワーが救出にくるんだろう?、なんて思った人も多いと思います(笑)

脚本は「フォーン・ブース」などを書いた鬼才ラリー・コーエンということですが、
あきらかに脚本が良くなかったような気がします。
もっと面白く(?)、いや精神的に恐怖を感じる作品にできたような気がしますね。

監督も「ミッション」や「キリング・フィールド」など映画史に残る名作を撮ったお方なのですが、
この作品では監督の才能が生かされていなかったように思えました。

全体的にはもっと良く作る事ができたのではと思えるもったいない作品でした。
拷問系スリラーとしても、エリシャ・カスバート目的で観るにしても、
ちょっと微妙な作品だと思います。

ただ、この系統をあまり観た事がない人にとっては見応えはあると思いますので、
実際に自分の目で確かめて観て下さい。
あくまでもToy'sの個人的な感想ですので(^^


評価★★★★☆☆☆☆☆☆(10点満点中4点 …1点)


<DVD情報>

キャプティビティ (特別編)


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画