FC2ブログ
プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
グッバイ、レーニン!
「お母さん、ありがとう」


グッバイ、レーニン!
原題: GOOD BYE, LENIN!

グッバイ、レーニン!

製作年:2003年 製作国:ドイツ 121分
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートヴァ
    フロリアン・ルーカス

第53回ベルリン国際映画祭:ヨーロピアンフィルム賞 受賞

【ストーリー】

1989年、東ベルリン。父親は10年前に家族を捨て西側に亡命し、その反動から愛国心が強まった
母親を持つ青年アレックスは、ある日密かに反社会主義デモに参加。
アレックスが警察と衝突するところを偶然目撃した母親クリスティアーネは、
ショックで心臓発作を起こし昏睡状態に陥ってしまう。
意識が戻らないまま、ベルリンの壁が崩壊、東西ドイツは統一される。
それから8ヵ月後、奇跡的に目を覚ました母親にショックを与えないため、
アレックスはクリスティアーネの周囲を統一前の状態に戻し、
世の中が何も変わっていないように振る舞うのだが・・・。

【感想】

ベルリンの壁の崩壊、そして東西ドイツの統一という、
激動の時代を生きた家族の姿を、とても優しい目線で描いた作品です。

「善き人のためのソナタ」もそうでしたが、
最近はベルリンの壁が崩壊した時代を描く作品が少しずつ増えてきた気がします。
14年という月日が、ドイツ国民の心を少しずつ癒していったのかもしれませんね。

そんなドイツにとって歴史的な時代を背景に、
母親想いの青年アレックスが、母親クリスティーナのためについた、
心優しい嘘によって起こる騒動をコミカルなタッチで描いています。

クリスティーナは夫が10年前に西側に亡命して以来、愛国心が強まり、
全てを捧げるかのように、国のために貢献してきました。

そんなある日、反社会主義デモに参加したアレックスの姿を観てショックを受けた
クリスティーナは心臓発作を起こし昏睡状態に陥ってしまいます。

意識が戻らないままベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツは統一され、
ドイツ国内は急激に変化してゆきます。

それから8ヶ月後、クリスティーナは奇跡的に目を覚まします。

しかし、ショックを与えてしまうと命の危険があるため、
激変したドイツ情勢を母親に知られないように、
アレックスは自宅を東ドイツ時代の頃と同じ状態に戻し、
今までと変わらない生活を送れるように奮闘します。

その息子から母親へと送られる精一杯の優しさが、とても心に響きました。

家族、隣人、知り合いを巻き込んで大きくなってゆく、優しい嘘。
母親の命を守るため、必死になって東ドイツ時代の食料品や日用品を探すアレックスの姿を、
コミカルなタッチで描いていますが、その姿はとても優しさと温かさに溢れていました。

母を想う息子の姿、息子を想う母の姿は東も西も、社会主義も資本主義も関係ない。
考え方は違えども、家族への愛はどの国でも変わらないんですよね。

アレックスを演じたダニエル・ブリュールの演技はとても素晴らしかったと思います。
母親の理想を理解しつつも、西側の自由な社会にも適応し、
母親を想い、周りの人々をも巻き込んだ嘘を必死になって続ける姿を、
繊細な演技で見事に演じていました。
今まで彼の出演作は観た事ないなぁと思っていたら「ボーン・アルティメイタム」に
出演していたんですね、全然気がつきませんでした(^^;
今後の活躍が気になる役者さんになりました。

この作品の中で家族の愛を描くと同時に、ベルリンの壁が崩壊し、
西側の文化を東側の人々が次第に受け入れていく様子が描かれているのが、
とても興味深かったですね。

統一されたドイツの情勢はニュースや新聞などでも知る事ができましたが、
実際にその場にいた人々がどのように感じ、どのように受け入れていったのか、
そんな東側の人々のとまどう気持ちが伝わってきたと思います。
まぁ、映画なので推測や脚色はあると思いますが。

ベルリンの壁が崩壊し、社会情勢が激変したとしても、
家族を愛する気持ちは変わらない、家族への想いは決して崩れない、
そんな普遍的な愛情が、この作品にはあります。

政治色の強い歴史的な事実を背景に、
息子から母親へと送られる“優しい嘘”と“大きな愛”を、
時にコミカルに、時に優しく、時に感動的に描いています。

そのバランスの良さが、この作品に好感が持てるところなのだと思います。

この作品はドイツの歴史を描いた作品であり、
家族愛を描いた心温まる作品であると同時に、
母親を想う息子の“嘘”が織り成すファンタジーと言っても良いかと思います。

とても深い愛情と優しさに包まれた素晴らしい作品でした(^^


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

グッバイ、レーニン!

<DVD情報>

「グッバイ、レーニン!」オリジナル・サウンドトラック(CCCD)


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この森で、天使はバスを降りた
誰にも言えない過去を抱えて、彼女はここにやって来た―――。
凍てついた心を癒せるのは傷ついた心だけ・・・。



この森で、天使はバスを降りた
原題: THE SPITFIRE GRILL



製作年:1996年 製作国:アメリカ 116分
監督:リー・ヴィッド・ズロトフ
出演:アリソン・エリオット、エレン・バースティン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィル・パットン
    キーラン・マローニー、ゲイラード・サーテイン、ジョン・M・ジャクソン

1996年サンダンス映画祭:観客賞 受賞

【ストーリー】

森の奥深くにある小さな町を通るバスからパーシーという女性が降りてくる。
彼女はハナという無愛想な女性が経営するレストラン『スピットファイアー・グリル』で働くことになる。
ハナをはじめ、町の人々はよそ者であるパーシーに奇異のまなざしを向けるが、
パーシーの魅力に周囲の人々は次第に惹かれてゆく。
しかし、彼女には誰にも言えない暗い過去があった。

【感想】

当時タイトルとパッケージの写真に惹かれてレンタルした作品なのですが、
この作品の持つ人間の温かさ、そして優しさにとても心打たれました。

タイトルもそうですが、作品の内容自体も一編の詩を観ているような、
とても美しい映像、そしてとても美しい人間ドラマがありました。

美しいといっても、この物語に登場する人々は、
それぞれの心の奥底に何かしらの問題を抱えています。
それはとても美しいといえない暗い過去や問題ばかりです。

そんな人々が住む、森の奥深くにある町ギリアドは田舎町で、
“よそ者”を毛嫌いしたり、猜疑心の塊だったりと、
とても臆病で自分を守るのが精一杯な人々が暮らしています。

そんな田舎町ギリアドにパーシーという女性がバスから降り立ちます。
誰にも言えない過去を抱えながら・・・。

そのギリアドにはインディアンの伝説があり、
神が“最も美しい場所”として降り立ったという言い伝えがありました。

彼女がこの町を選んだ理由は、この伝説と彼女の過去が大きく影響しています。

この町の保安官に職場としてハナという女性が経営する小さな食堂、
『スピットファイアー・グリル』を紹介され、働く事になります。
この食堂の名前がこの作品の原題になっています。

食堂の経営者ハナもまた、心に大きく傷を持った女性でした。
最初はパーシーを“よそ者”扱いしていたハナでしたが、
彼女の温かさ、優しさ、そして純粋な心に触れることにより、
次第に心を開いてゆきます。

それはハナだけではなく町の住人たちも、
パーシーの純粋な心、不思議な魅力によって彼女に心を開いてゆきます。

彼女の直向な姿、純粋な心、そして美しい心が、
町の人々の心を大きく包み込んでゆくのです。

心に傷を持っていたり、問題を抱えていたり、
人には言えない苦しみや悲しみは誰もが持っていると思います。

それを乗り越えるのは、他の誰でもない、自分自身です。

でも、自分だけで乗り越えるのはとても難しい事です。
そのキッカケや影響を与えてくれるものは、
誰かの“笑顔”なのではないかと思うのです。

その“笑顔”に希望や愛情、強さ、美しさ、心の温かさ、
そして人の心の“優しさ”を感じ、心が癒されてゆくのだと思います。

人はひとりでは生きてゆくことはできません。
自分では気がつかないかもしれませんが、
人は、人と人との繋がりがあるから生きてゆけるのです。

それは表面的な繋がりではなく、心の繋がり。
自分では気がつかない、とても自然で奥深くにある繋がりです。

ギリアドという町に訪れた奇蹟。
それは多くの人を包み込む“笑顔”を持った天使。

そう、“この森で、天使はバスを降りた”のです。

前半から物語は淡々と進んでゆきます。
そして、人間の中にある醜い心、妬み、差別、
どうすることもできない事へのやり場のない苦しみ、
そんな人間の誰にも見せたくない部分が、
ある事件により少しずつ加速してゆきます。

そして、その誰もが持つ苦しみや悲しみに触れることにより、
町の人々は、この森に舞い降りた天使によって、
人間の清い部分、暖かくて優しい人間の心を知る事になるのです。

この作品の監督の名前は今作で初めて知りましたが、
この作品以前も以降も映画を撮っていないようです。
この作品がとても良かっただけに、とても不思議なのですが、
今は何をやっているのでしょうか?

出演もエレン・バースティン以外は全然知りませんでした。
でも逆にそれが役者や監督に対する先入観を持たずに観る事が出来たので、
良かったのかもしれないですね(^^

誰もが持つ心の中にある苦しみや悲しみ、
そして人々の奥深くにある心の闇描く事によって、
そのまったく逆の位置にある、人間の心の温かさ、優しさ、
そして愛情をとても強く感じる事ができました。

その闇の中にある一筋の光、天使がもたらした希望の光は、
誰もが必ず心の中に持っているものなのです。

その希望の光は自分自身だけではなく、
他の誰かへの希望の光となっているのです。

この作品を観て、誰かが、誰かのために行う行動、
そして誰かが、誰かのために想う気持ちが、
とても大切な事であることを教えられたような気がします。

そして町の人々と同じように、パーシーの純粋の心に触れたことにより、
自分の心の中で忘れてしまっていたもの、失ってしまったものを、
もう一度取り戻せたような、そんな気持ちになりました。

切なく悲しい物語ですが、ラストには爽やかな余韻と、
人間の優しさと温かさが心に響く、とても素晴らしい作品だったと思います。


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>





この森で、天使はバスを降りた


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画