プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング デイ
ロス市警伝説の刑事は、[怪物]だった!


トレーニング デイ
原題: TRAINING DAY



製作年:2001年 製作国:アメリカ 122分
監督:アントワーン・フークア
出演:デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、スコット・グレン、エヴァ・メンデス
    シャーロット・アヤナ、トム・ベレンジャー、スヌープ・ドック、クリフ・カーティス

第74回アカデミー賞:主演男優賞 受賞
第27回LA批評家協会賞:男優賞 受賞


【ストーリー】

ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属となった正義感に燃える新人刑事ジェイクは、
数々の大事件を解決した伝説的カリスマ刑事アロンソとコンビを組む事になる。
しかしジェイクが目にしたのは犯罪摘発のためにいともたやすく自ら法を犯すアロンソの姿だった。

【感想】

麻薬取締課に配属となった新人刑事が伝説的カリスマ刑事に麻薬捜査のトレーニングを受ける
一日を描いた骨太なハードボイルド・バイオレンス作品です。

刑事物で見応えがある映画は?と聞かれたら、まずこの作品を上げますね。
ど派手なアクションで娯楽を追及した刑事物のバティ・ムービーではなく、
“正義”と“悪”、“理想”と“現実”を描いたとても深い映画だと思います。

そして突筆すべきは脚本ですね。
これだけ深い物語をたった1日の出来事として描き、
アロンソは本当に“悪”なのか?
新人刑事への洗礼としてのトレーニングなのか?
次第に“憧れ”から“疑問”へと変わってゆくジェイクの心理と同じように、
観ている自分も半信半疑のままクライマックスまで惹き付けられました。

そしてこの作品の最大の魅力アロンソを演じたデンゼル・ワシントンの名演技ですね。
デンゼル・ワシントンと言えば“正義の味方”的なイメージがありますが、
本作では強烈な個性を持つ悪役を見事に演じています。
横暴で自己中心的だけれども、どこか憎めない、渋くて格好良い魅力を放っていました。
本作で彼はアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

アロンソは捜査のためには非情な手段を使い、法をも犯します。
しかしその手段や法を犯してまで捜査する行動は正義のためだと、
説得力のある説明で、どこか腑に落ちないところがあったとしても納得させられてしまう。

アロンソは本当に腐敗と汚職にまみれた悪い奴なのか、
犯罪を食い止めるために行き過ぎた行動に出てしまうだけの本当は良い奴なのか?
新人刑事ジェイクへのトレーニングなだけなのか?
彼の本当の姿がまったく読めません。

そんな彼に1日トレーニングを受ける新人刑事ジェイクを演じるのはイーサン・ホーク
アロンソとは対象的で、家族想いで正義感に燃えるジェイク役はハマり役でした。
アカデミー賞助演男優賞にノミネートされましたが、惜しくも受賞には至りませんでした。
しかし受賞に値する素晴らしい名演技だったと思います。

特に憧れの存在であったアロンソと行動を共にして行く中で、
次第にアロンソの行動や言動に疑問を抱き始めるジェイクの心理的な部分を
上手く表現していたと思います。

アロンソとジェイク、対照的な二人の描き方がとても上手く、
彼らの行く末は一体どうなってしまうのか?
ハラハラドキドキしながら彼らの行動に目が釘付けになりました。

派手なアクションシーンや激しい銃撃戦がある訳でもない、
どちらかというと地味な作品ではありますが、
この作品の描きたい本質はそこにはないのだと思います。

不正な捜査や法を犯す行動、汚職などの背景には、
現代のアメリカの格差社会や警察内部の腐敗など、社会的問題が根底にあると思います。


各個人の意識や倫理の問題もありますが、
もっと大きな闇の部分、とても大きな問題がそこにあるのではないでしょうか?

その大きな闇の中で“正義”と“”、“理想”と“現実”に直面し、
自分の持てる信念を貫き通すことができるのか・・・
人として生きてゆく中で、ハッキリと鮮明に見えない部分での心の葛藤や戦いが
この物語の裏にあるのではないかと思います。


二人の刑事の物語を、ただ勧善懲悪として描くのではなく、
人間という複雑な生き物の心理的な部分や社会的な問題を下敷きに、
正義”とは何か? “”とは何か?
を問いかける深い問題提議を持つ作品であると感じました。

アロンソとジェイク、二人の心理的な駆け引きを巧みに描く心理サスペンス、
正義”と“”、そしてそれだけには納まらない人としての生き方を問う人間ドラマなど、
とても見応えがあり、そして考えさせられる骨太な作品でした。

しっかりと練られた巧みな脚本、
骨太なハードボイルド作品としてオススメな映画です。
デンゼル・ワシントンのめちゃくちゃ渋い悪役の魅力を是非堪能してみて下さい。



評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

トレーニング デイ 特別版

<CD情報>

TRAINING DAY


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

13/ザメッティ
13人のロシアン・ルーレット―それは、運命を狂わせる邪悪なゲーム。


13/ザメッティ
原題:13 TZAMETI

rulaznragf.jpg

製作年:2005年 製作国:フランス 93分
監督:ゲラ・バブルアニ
出演:ギオルギ・バブルアニ、バスカル・ボンガール、オーレリアン・ルコワン
    フリップ・バッソン、オルガ・ルグラン、フレッド・ユリス

2005年ヴェネチア国際映画祭新人監督賞 受賞
2006年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティション審査員大賞 受賞
2006年ヨーロッパ映画賞ディスカバリー賞 受賞


【ストーリー】

集団ロシアン・ルーレットに巻き込まれた青年の悪夢のような体験を、
息の詰まるような緊迫感と陰影に富んだモノクロ映像で描くスリラー。

【感想】

これほどまでに悪意に満ちた映画も珍しいです。
この映画を観るにはちょっとした覚悟が必要ですね。

巻き込まれ型のスリラーですが、その内容が今までに無い強烈な緊迫感に溢れています。

ある若者が大金が手に入るという情報を得て何をするか分からないまま目的地へ向かいます。
しかし、そこで待ち受けているのは悪意に満ちた『殺人ゲーム』だったのです。
そのゲームの内容はロシアン・ルーレット

ロシアン・ルーレットと言うと『ディア・ハンター』をまず思い浮かべますが、
この映画を観た後は、
ロシアン・ルーレットと言えば『13/ザメッティ』!!
に取って変わってしまいました。

そのロシアン・ルーレット方法がまた悪意に満ちています。
これから観る方のためにネタバレはしませんが、DVDパッケージにヒントがあります。
これは本当にキツかったです(^^;

もし自分がこのゲームに参加せざるを得ない状況になったら・・・
考えただけでも恐ろしいです(汗)

この映画は全編モノクロ映像で撮影されています。
昔のフィルム・ノワール的な雰囲気を持つこの作品の雰囲気や、
悪意に満ちた内容には非常に効果的でした。
不安感や緊迫感、恐怖感をより強調できていたと思います。

前半は結構マッタリと進んで行きますが、
中盤からの異様なまでの緊迫感、恐怖感は本当に凄いです。
そして全編に絶望感が漂っています。
『ソウ』シリーズなどのシュチュエーション・スリラーを沢山観て来ましたが、
それを上回る恐怖がこの映画にあります。

それは今観ている映画の内容はまったく別次元の話ではなく、
自分もちょっとした事で同じような犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるんじゃないか?
と感じたからかもしれません。

TVニュースや新聞記事などで行方不明や身元不明の死体など、
何かの犯罪に巻き込まれた可能性のある事件をほぼ毎日の様に目にします。

その中には、この映画のように犯罪に巻き込まれた人もいるのではないかと思うのです。
それを考えると決して別世界とか他人事とかには出来ない不安を感じます。

その不安感がこの映画の緊迫感や恐怖感をよりいっそう引き立てたのかもしれません。
映画を観ながら恐怖と絶望感に包まれてしまいました。

この悪意に満ちた恐怖感、絶望感はシュチュエーション・スリラーの中でも、
かなり完成度の高い映画だと思います。
これだけ不安な気持ちになる映画は数少ないです。


余計な演出を無くし、非常に単純なストーリーとした事が良かったのだと思います。
そして他人事の様に映し出される淡々とした映像が、
さらに絶望的で不気味な雰囲気を引き立てていました。

スリラー映画が好きな方は一見の価値ありだと思います。
ただ一応心の準備だけはしておいて下さいね。


この映画を鑑賞するにあったての注意点を書いておきますね。
体調の悪い時には観ないで下さい。
精神的に落ち込んでいる時も観ないで下さい。
Toy'sのレビューを読んで心構えを持ったとしても油断しないで下さい。
『ソウ』シリーズを観て全然問題なくても油断しないで下さい。

それだけこの映画は恐怖感や緊迫感、不安感に包まれています。
そして悪意に満ちていますのでご注意下さいね。



評価★★★★★★★☆☆☆(10点満点中7点 …1点)


<DVD情報>

13/ザメッティ


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。