FC2ブログ
プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
パルプ・フィクション
時代にとどめをさす。


パルプ・フィクション
原題:Pulp Fiction

bjpyhcdst.jpg

製作年:1994年 製作国:アメリカ 166分
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブルース・ウィリス、ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、サミュエル・L・ジャクソン
   ハーベイ・カイテル

第47回カンヌ国際映画祭:パルム・ドール 受賞
第67回アカデミー賞:脚本賞 受賞
第52回ゴールデン・グローブ賞:脚本賞 受賞
第20回LA批評家協会賞:作品賞、男優賞(ジョン・トラボルタ)、監督賞、脚本賞 受賞
第61回NY批評家協会賞:監督賞、脚本賞 受賞


【ストーリー】

アメリカの低級犯罪小説=パルプマガジンをコンセプトに、
強盗の計画を立てているカップル、
盗まれたトランクを取り戻そうとする2人組みのギャング、
ボスの情婦と一晩のデートをするハメになったギャング、
ボクシングで八百長試合を持ちかけられているボクサーなど
いくつかの物語が時間軸を超えて絡み合うコメディタッチの異色バイオレンス・アクション。

【感想】

タランティーノ節が炸裂しまくってる映画です(笑)

「レザボア・ドッグス」の時もかなりの衝撃を受けましたが、
この映画ではそれ以上に衝撃を受けた映画でした。

いくつかの物語が交錯していて、さらに全ての時間軸が完全にずれています。
初めて観た時は「あれ、彼は死んでなかったけ?」みたいな錯角に陥りました。
その全てを上手くまとめて仕上げているので、
この映画についてはタランティーノは天才だと思います。


主にトラボルタが演じるビンセントとサミュエル・L・ジャクソン演じるジュールズのギャングコンビと
ブルース・ウィリス演じるボクサーのブッチの話がメインで進んで行きます。

18665view016.jpg


それぞれがまったく違った所でまったく違った事をしているのに、いつの間にか繋がって行く。
この構成は本当にすごいの一言ですね。

それぞれ独立した話自体も面白いのに、
それぞれが繋がって行く過程がさらに面白く、気持ちが良いです。


特にビンセントとジュールズのコンピが最高です(^^
スーツケースを取り戻すのにめちゃくちゃ奇跡的な事が起きたり、
強盗に出くわした時にジュールズがとった行動がまた凄い。
ビンセントがボスの情婦と一晩過ごす話では、
全盛期のトラボルタを思い出させるようなダンスを披露してくれます。
その後の騒動もなんか適当で思わず笑ってしまう場面も沢山あります。

18665view011.jpg


あとボクサーのブッチ。
こちらは結構シリアスな話なんだけど、「ダイ・ハード」ばりについてない事ばかり巻き起こります。
やっぱりブルース・ウィリスはついてない男が良く似合う(笑)

18665view009.jpg


その他、ティム・ロス演じる強盗や、始末屋のハーベイ・カイテルなど
タランティーノ映画常連の役者が素晴らしく癖のある脇役で登場します。

もう曲者だらけだし、癖のある物語のオンパレードです。

でも、それが巧妙に構成された時間軸のズレとスピーディな展開で観る者を圧倒します。
結構長い上映時間ですが、観終えた後はあっという間に感じました。

時間軸のズレやいくつかの物語が交錯する実験的であり、斬新な手法をとってますが
完成度はめちゃくちゃ高いです。


この映画は必見です。
「レザボア・ドッグス」と並び、タランティーノ映画の傑作です。



評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

パルプ・フィクション

<CD情報>

パルプ・フィクション・オリジナル・サウンドトラック(コレクターズ・エディション)



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

レザボア・ドッグス
宝石強盗犯の男たちをスタイリッシュに描いた新しいタイプの犯罪劇。


レザボア・ドッグス
原題:Reservoir Dogs

xdpirxllb.jpg

製作年:1991年 製作国:アメリカ 100分
監督:クエンティン・タランティーノ(脚本・出演)
出演:ハーベイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、
    クリストファー・ペン、スティーヴ・ブシェーミ

【ストーリー】

お互いに顔を知らない6人が「色」のコードネームで名前を呼び合い宝石強盗を実行するが
警察の待ち伏せに合い失敗。
アジトに戻った6人はこの中の誰かが「裏切り者」ではないかとお互いを疑い始める・・・。

【感想】

初めて観た時はかなりの衝撃を受けた映画です。

目をそむけたくなるくらいの暴力描写。
時間軸を巧みに操った構成。
綿密な人間描写。
そしてスタイリッシュな映像。

こんな映画があるんだと感動すら覚えた作品です。

物語はお互いに素性を知らない6人がコードネームで名前を呼び合い、
宝石強盗を実行した後から始まります。
結局警察の待ち伏せに合い計画は失敗し、メンバーの一人ミスター・オレンジが重傷を負う。
計画の失敗にメンバー6人はこの中に裏切りものがいるのではないかと疑い始め、
裏切りもの探しに発展して行く。

上記を読んで頂くと分かりますが、基本の物語はいたって単純。
その単純な物語を綿密な人間描写、
巧みに操った時間軸構成で観る人を映画の中に引き込んで行きます。
裏切りものはいるのか? 誰が裏切りものなのか?

どこかB級映画的な雰囲気を漂わせながら、犯罪映画の王道「裏切り」を描き、
ユーモアとバイオレンスを上手く融合させた新しいタイプの映画だと思います。


25304view002.jpg


有名な最初のシーン。
朝食をとる6人の何気ない会話。
素晴らしいセンスとユーモアがあります。
そして、6人が黒スーツにサングラスという井出達で道を歩くシーンは
めちゃくちゃスタイリッシュです。
そしてタイトルロール!
この出だしでかなりシビれます(^^

宝石強盗が失敗し、「裏切り者」探しで物語は進んで行きます。
お互いを疑い、そしてそれぞれの思惑が交錯する。
そして物語は一気にラストへ・・・。

お互いの名前を「色」で呼んでいるので、
誰が誰なのかを把握するのに多少時間が掛かりましたが、
名前も素性も知らない6人の困惑の中に自分もいるような気になって
逆に良かったのかと思います。

この映画はタランティーノ作品の中では一番ですね。
「パルプ・フィクション」と並んで傑作だと思います。


「パルプ・フィクション」については後日またご紹介したいと思います。


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

レザボア・ドッグス デラックス版

レザボア・ドッグス

レザボア・ドッグス スペシャルエディション

<CD情報>

レザボア・ドッグス ― オリジナル・サウンドトラック



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画