プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。


マリー・アントワネット
原題: MARIE ANTOINETTE

qulsdlynlx.jpg

製作年:2006年 最作国:アメリカ 123分
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、リップ・トーン、ジュディ・デイヴィス
    アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、ローズ・バーン

【ストーリー】

故郷を離れ異国の地フランスの王室で必死に生きた悲劇の王妃マリー・アントワネットの
激動の人生を豪華な映像と共に描く宮廷絵巻。

【感想】

歴史物の作品で全般的言えることなんですが、マリー・アントワネットの事も、
フランスの史実についても、ほとんど知識なく鑑賞してしまいました(笑)

本当は観る前にある程度の知識があった方がより深く観ることができますよね(^^;

率直な感想としては歴史上の人物を描いた作品の中では完成度はちょっと低いかな、と感じました。
一人の少女が王妃として目覚めていくまでの過程や、
マリー・アントワネットの心理的描写の描き方は薄かったかなと思います。

歴史上の人物を描く映画では、その主人公の心情をしっかりと描き、
その人生を重厚な物語で描くことが多いですよね。
この映画ではその部分が足りなかったのかなと思います。

たぶん、この映画はマリー・アントワネットを全く違った観点から描きたかったのだと思います。

しかし、歴史上悪名が高いマリー・アントワネットを“普通の女の子”として描いた
発想やセンスは素晴らしいと思います。

彼女は異国の地へ嫁いだ事への不安感や子供がなかなか出来ない事へのプレッシャー、
孤独や憂鬱さを紛らわすために夜な夜なパーティに出かけたり、ギャンブルにハマったり、
贅沢なスウィーツや豪華な衣装に溺れて贅の限りを尽くします。

彼女の贅沢な生活はそんな孤独や不安感を埋めるためだったのかもしれないですね。

14歳で嫁いだ時は小奇麗な衣装というイメージでしたが、
ルイ16世との結婚して王妃になり、その立場の変化と共に衣装や装飾品が豪華になってゆく姿は、
彼女の心の変化をビジュアル的にも表現しているような気がしました。

監督のソフィア・コッポラがこの映画で一番こだわったと言うのがガーリーな世界。
マリー・アントワネットの色彩豊かなドレスやシューズ、色とりどりのスウィーツなど、
18世紀の映像とは考えられないほどのポップな色彩の数々で描かれています。

そしてガーリーな世界観とこれ以上なく融合した80年代のポップな音楽。
マリー・アントワネットの気持ちを表現するようなポップな音楽の数々は、
ガーリーな映像と共に歴史映画の枠を超えた新しい世界を作り上げていました。

今も昔も普通のティーンエイジャーの女の子は変わらないのかなと考えると、
マリー・アントワネットの時代でもガーリーな世界観やポップな音楽はありなのかもしれませんね。


王妃マリー・アントワネットを演じたキルスティン・ダンストはすごくハマり役だったと思います。
彼女ってものすごく美人という訳でもなく、ものすごく可愛いって訳でもないですよね。
なのに映画の中の役になりきると彼女の魅力が全開になる。
そのオーラと言うか、彼女の持つパワーが映画全体に溢れているような気がしました。
マリー・アントワネットが“普通の女の子”だったら本当にこんな人だったのかも・・・
そう思えるようなとても素晴らしい演技だったと思います。

ソフィア・コッポラ監督の独創性、そして新しい発想やセンスはとても素晴らしかったです。
悪名高い王妃マリー・アントワネットを“ひとりの女の子”として、
等身大の“普通の女の子”として描けたのは、やはり彼女ならではだと思います。

歴史的な重みやマリー・アントワネットの心理面を深く描かず、
ただ彼女を“普通の女の子”として描き、ガーリーな世界観で映像化したこの作品は、
好き嫌いがはっきり分かれるところだと思います。

ただ見方によっては歴史的な検証を基にして描いた史劇ではなく、
歴史上に存在した一人の女性の心情を、豪華絢爛な宮廷や衣装など
色彩豊かな映像を用いて描いた人間ドラマとして観れるのではないでしょうか?

そう考えると歴史的な背景を基に一人の女性を描いた
フィクションとして考えても良いのではないかと思います。

歴史的な事は深く考えずに、マリー・アントワネットが“普通の女の子”だったら・・・
そんな遠い昔の人物をポップな映像や音楽で描いた青春映画として観るのも良いかもしれません。



評価★★★★★☆☆☆☆☆(10点満点中5点 …1点)


<DVD情報>

マリー・アントワネット (通常版)

マリー・アントワネット (初回生産限定版)

<CD情報>

マリー・アントワネット


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

アマデウス
サリエリの残された唯一の手段は―
モーツァルト<天才>をこの世から消してしまうことだった!



アマデウス
原題:AMADEUS

eipjyrjzp.jpg

製作年:1984年 製作国:アメリカ 160分
監督:ミロス・フォアマン
出演:F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ロイ・ドートリス、
   サイモン・キャロウ、ジェフリー・ジョーンズ

第57回アカデミー賞:作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、美術賞、衣装デザイン賞、
              メイクアップ賞、音響賞
              全8部門受賞。


【ストーリー】

モーツァルトの生涯、そして死を巡る物語を、
かつて宮廷音楽家だったサリエリの回想という構成で描くミステリー史劇。

【感想】

実はこの映画を観るまでモーツァルトがどんな人物だったのかまったく知りませんでした。
知っているのは小さい頃から良く耳にしたモーツァルトの音楽と、
音楽室に飾ってある肖像画だけです(^^;

実際にモーツァルトがこの映画のような性格だったのかは分かりませんが、
音楽に関しては超天才だったのは間違いないですよね。

1199view003.jpg

この映画はモーツァルトの生涯を描き、謎に満ちた死の真相に迫ります。
その物語をかつての宮廷音楽家サリエリの回想という形で描いています。

モーツァルトの映画ってことで実はかなり敬遠していたところがありまして、
この映画を観たのは公開されてから20年後でした(^^;

「硬い物語なんだろうなぁ」とか「退屈なんだろうなぁ」なんて思ってましたが・・・
物語の出だしから完全に引き込まれてしましました。

偉大な音楽家モーツァルトの栄光挫折苦悩の生涯、豪華絢爛な世界、
そしてサリエリとモーツァルトとの確執嫉妬・・・

脚色はだいぶあるかと思いますが、豪華絢爛な時代を描く史劇と同時に、
モーツァルトの死の真相に迫るサスペンスタッチな構成に引き込まれました。

160分と長い映画でしかも歴史物なので、単調で退屈なイメージがありますが、
(これは自分だけかもしれませんが)
時間を感じさせない展開、現在と回想との切替のタイミングなど、
観る人々を飽きさせない素晴らしい構成で描かれています。

1199view002.jpg

強烈な個性を持つヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
高らかな笑い声(これが結構強烈ですね)と、破天荒な行動、
狂った金銭感覚などなど普通に考えればおバカな男。
しかし“神童”と呼ばれる天才的な音楽センスを持つ“音楽の申し子”でもあります。

宮廷音楽家としての地位や名誉、プライド重んじるサリエリ
宮廷音楽家としての才能を与えてくれた神を信じる彼は、
モーツァルトとの出会いにより、神に問いかけます。
何故あんな品性の欠片もない若者を選んだのか?

モーツァルトは生まれながらにして素晴らしい音楽センスを持つ“天才”。
サリエリは音楽家としての才能はあるが天性のものではない“凡才”。

凡才”には聞こえない、“天才”のみが聞く事のできる“神の声”。

その違いから“嫉妬”が生まれ、やがて“憎悪”へと変化してゆく。

そしてその“憎悪”が悲しい結末を招いてしまう。

サリエリを“凡才”と表現してますが、決して凡人的な才能という訳ではありません。
高い社会的地位を得て、ハイドンなどの著名な作曲家との交際もあったと言います。
また教育者としての評価も高く、
ベートーヴェンシューベルトリストの子供時代に音楽の指導をした経緯もあります。

1199view004.jpg

そんなサリエリが“嫉妬”するモーツァルトの音楽センス。
それはモーツァルトが“神の領域”に近い、
天才的な音楽家であることを証明しているのではないかと思います。

モーツァルトが没する前に書き上げた曲「レクイエム」。
今まで何気なしに聞いていたこの曲のイメージがこの映画を観てかなり変わりました。

モーツァルト役のトム・ハルス、サリエリ役のF・マーリー・エイブラハム
この二人の演技は本当に素晴らしいです。
第57回アカデミー賞でこの二人がそれぞれ主演男優賞にノミネートされました。
栄冠に輝いたのはサリエリ役のF・マーリー・エイブラハムでしたが、
トム・ハルスも受賞するに相応しいモーツァルトとう人物になりきった演技でした。
実際にピアノを猛特訓し、映画の中では彼自身が引いていたと言います。

1199view005.jpg

この映画の素晴らしい部分は沢山あります。
素晴らしい俳優たちの演技、史劇をサスペンスタッチで描く素晴らしい脚本、
豪華な時代の華やかな衣装や映像、それとは対象的な死の真相に迫る重厚な物語、
そして何よりも素晴らしいのはモーツァルトの名曲の数々です。
史劇にもサスペンスにもクラッシック音楽は良く似合いますね。

モーツァルトの劇的な生涯を描くと同時に、サリエリとの確執をサスペンスタッチに描き、
モーツァルトの音楽の素晴らしさをより深く感じる事のできる歴史的超大作。


何度も観たくなる素晴らしい作品です。


評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

アマデウス

アマデウス ディレクターズカット スペシャル・エディション

<CD情報>

アマデウス ― オリジナル・サウンドトラック


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。