プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦の穂をゆらす風
愛するものを奪われる悲劇を、なぜ人は繰り返すのだろう。


麦の穂をゆらす風
原題:THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY

nnnlzeoxjf.jpg

製作年:2006年 製作国:イギリス/アイルランド/ドイツ/イタリア/スペイン 126分
監督:ケン・ローチ
出演:キリアン・マーフィ、ポードリック・ディレーニー、リーアム・カニンガム、
    オーラ・フィッツジェラルド、メアリー・オリオダン、メアリー・マーフィ

第59回カンヌ国際映画祭 パルムドール受賞

【ストーリー】

20世紀初頭のアイルランド独立戦争とその後の内戦に身を投じた兄弟を軸に、
戦争という歴史と運命に翻弄された人々の悲劇を描く人間ドラマ。

【感想】

アイルランド独立のために命を懸け、そして死んでいった名も無き人々の物語です。

実はアイルランド独立戦争についての知識はほとんどないままこの映画を鑑賞しました。

そして、人は何のために産まれ、何のために生き、何のために死んでゆくのか、
深く考えさせられると同時に、心に突き刺さるほどの苦しさと空しさを感じました。


医師になる夢を捨て、兄テディと共にアイルランド義勇軍として、
イギリス軍との戦いに身を投じる弟デミアンを軸に物語は進んで行きます。

医師として人命を助けるはずが、デミアンの手には人の命を奪う銃が握られている。
なんて理不尽で、なんて不条理な世の中なのであろうか・・・

兵士でもない、普通の人々が銃を手に戦いに身を投じ命を失ってゆきます。
イギリスの至宝ケン・ローチ監督はその空しい戦いを静かに、そして冷静に描いています。

しかし、その冷静な眼差しの中には戦争に対する怒りや悲しみなどの
多くの感情が凝縮されているような気がしました。


理不尽な暴力、理不尽な死、戦争は愚かな行為により多くの死をもたらします。
戦争を肯定することはしません。
ただ、この映画を観て理不尽な暴力や死を目の当たりにした時、
主人公たちが抱いた抵抗意識を感じざるを得ませんでした。

もし自分がその立場に立った時、親兄弟、幼馴染、隣人たちが理不尽な暴力を受けたとしたら、
ただ我慢したり、逃げ出したりすることは、やはり出来ないと思います。

そしてそれが、目には目を、歯には歯を、暴力には暴力を、銃には銃をという感情を
抱かせてしまい、愚かな戦争という殺し合いに発展してしまうのだと思うのです。

しかし、それが正しい事ではありません。
決して暴力に対して暴力で対抗することは許されない事だと思います。

やがて他国との争いが不平等な条約により賛成派と反対派の内戦へと変わって行きます。
同じ目的を持って戦っていた仲間同士が、考え方の違いにより銃を向け合う。
そして、それは兄弟の絆まで引き裂いてしまう・・・

共に戦った仲間や幼馴染、そして兄弟までも引き裂いて戦う必要があるのだろうか?
同じアイルランド独立を夢見た者同士が戦い合う必要があるのだろうか?
思想や夢、希望の持ち方の違いで体の中に流れる同じ血を流し合う必要があるのだろうか?

人間は何て愚かな生き物なのだろうか・・・その思いが痛いほど胸に突き刺さりました。

死ぬ必要なんてない。

ましてや愚かな戦争や理想のために死ぬ必要なんて絶対にない。

同じ仲間を殺し、殺される必要なんて絶対にあってはいけない。

平和とは? 自由とは? 生きるとは?

人間の根底にある問題を、静かに、そして冷静に突きつけられた・・・そんな気がします。

主人公デミアンを演じたキリアン・マーフィ
彼が出演してきた映画の中で最高の演技だったと思います。
ケン・ローチ監督が「パルムドールを受賞したのは、彼の演技があってこそ」と言ったのは、
過言ではないと思いました。
心優しく、争い嫌いな青年が自由と理想を求めて戦いに身を投じて行く姿を、
内に秘めた力強さを持った静かな演技で見事に演じていています。
その役になりきった自然な演技を見て、本当に素晴らしい俳優だと思いました。

そして監督のケン・ローチ
独立戦争から内戦に至る1920年代のアイルランドで戦いに身を投じるしかなかった
人々の悲しみと悲劇を壮大なスケールで描き、
その人々の戦いを常に冷静な目線で映し出した物語は本当に凄いと思いました。
怒りや悲しみを前面に押し出すことなく、そして英雄が活躍する物語でもない、
その戦いの中に存在した人々をしっかりと丁寧に描いています。
非常に完成度の高い作品だと思います。
この様な映画を撮れる監督は現在ではケン・ローチ以外考えられないですね。
監督の手腕は本当に素晴らしいと思いました。

この作品がカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したのは本当に素晴らしいと思います。
ヨーロッパ各国の悲劇的な歴史に対する心が表れた証じゃないかと感じます。
そして多くの人々の関心がこの映画に向けられるのは非常に良いことだと思います。

美しい自然の風景の中で繰り広げられる戦争、内戦という愚かな行為。
人は何故争い続けなければならないのでしょうか?

この映画を通して考えさせられる事が数多くありました。
戦争の愚かさ、理想と現実、人間の生と死、生きる事の意義。

アイルランドの独立戦争と内戦の悲劇を描いた作品ですが、
これは全ての国に当てはまると思います。
戦争に違いはないのですから。

“過去”を知る事により、繰り返してはならない事を“現在(いま)”考え、行動し、
そして素晴らしき“未来”へと繋げてゆく・・・


この映画を観てそれが必要だと感じました。

決して何度も観たくなるような作品ではありません。
面白い映画、良かった映画と簡単に言える映画でもありません。

でも、人生の中で一度はこの映画を観てほしいと思います。

映画のタイトルになっている『麦の穂をゆらす風』とは、
イギリス支配への抵抗を歌った曲だそうです。
劇中にも流れるこの音楽はアイルランドのために戦った人々の悲劇を、
今も多くの人々に伝えているのでしょう。


評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  





スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

プライベート・ライアン
選ばれた精鋭は8人―
彼らに与えられた使命は、若きライアン2等兵を救出する事だった…



プライベート・ライアン
原題:SAVING PRIVATE RYAN

ffaeefwnc.jpg

製作年:1998年 製作国:アメリカ 170分
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス 、トム・サイズモア 、エドワード・バーンズ 、バリー・ペッパー 、
    アダム・ゴールドバーグ 、ヴィン・ディーゼル、マット・デイモン

第71回アカデミー賞:監督賞、撮影賞、音響効果賞、音響賞、編集賞 受賞

【ストーリー】

1944年6月。第二次世界大戦の真っ只中、
ノルマンディ上陸作戦は成功に終わり、オハマビーチでの攻防を生き延びたミラー大尉に
落下傘兵のライアン二等兵を救出せよとの命令が下される。
ミラー大尉は7人の兵士を選び出し、
生死も定かではないライアン二等兵を救出するため戦場へと出発する。

【感想】

いきなり冒頭から度肝を抜かれました。
本当の戦争のドキュメンタリーを見ている様な迫力ある映像、
そして今観ている自分がまるで戦場に立たされている様な錯覚に陥る臨場感あふれる映像。

戦場の殺戮を徹底したリアリズムで再現したこの映画は、
戦争を題材にした映画の最高峰だと思います。


84307view005.jpg

たった一人の兵士のために8人の勇敢な兵士が命を賭けて探しに向かう。
まるで村を野武士から救うために、
無償で集まった7人の侍達を描いた名作「七人の侍」を彷彿とさせます。
時代が違く共、人間一人の命の尊さは同じです。

それは戦国時代でも、第二次世界大戦中でも、平和な現代でも同じ事です。
戦いや、戦争、テロや暴動などによって失われ行く命の数々。
しかし、その一つの命には大きな重さがあります。
その重さを背負うことの出来ない争いは決してあってはならない事であると思います。

戦争という愚かな行為の中で、
国を信じ、そして自分を信じて戦う人々が次々と命を落としてゆく。
共に戦った戦友がすぐ隣で命を落としてゆく。

戦争に勝利すること、生きて家族のもとへ帰ること、
そんな願いを胸に抱えながら命をかけて戦いに身を投じる兵士たち。

84307view008.jpg

ミラー大尉率いる小隊のメンバーも、ライアン二等兵もそんな気持ちを持ちながら、
戦い続けていたんじゃないかと思います。

一人の人間を救うという命の尊さ。
一人の人間を救うために失われてゆく命の重さ。


戦争という愚かな行為が生み出した多くの死は限りなく重く、
そして底が見えない深い闇を多くの人々に与えることになります。

この映画を通じで戦争とは?人間の命とは?を深く考えさせられました。

84307view011.jpg

ミラー大尉を演じているのはアカデミー賞主演男優賞を2度受賞したトム・ハンクス。
彼の演技は本当に最高だと思います。
たまに恋愛系の映画に出たりもしますが、彼には今やシリアスものが良く似合う。
昔のコメディアンだった頃も好きですが、
シリアスな作品で素晴らしい演技力を発揮している今が一番好きですね。

そしてライアン二等兵役はマット・デイモン。
重要な役ですが、存在感はそれ程なく無難に演じていた様な気がします。
あとヴィン・ディーゼルも出ていましたよね。
最初に観た時はまだ彼を知らない頃だったんで出ていたと知って驚きました。

今までの戦争映画にはない、圧倒的なリアリズムで戦場の壮絶な戦いを描き、
戦争の愚かさ、人間の命の尊さを描いた名作です。



評価★★★★★★★★★☆(10点満点中9点 …1点)


<DVD情報>

プライベート・ライアン

プライベート・ライアン アドバンスト・コレクターズ・エディション

プライベート・ライアン スペシャル・リミテッド・エディション

プライベート・ライアン 第二次世界大戦の真実


<CD情報>

プライベート・ライアン



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。