プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楢山節考
親を捨てるか、子を捨てられるか。


楢山節考



製作年:1983年 製作国:日本 131分
監督:今村昌平
出演:緒形拳、坂本スミ子、あき竹城、倉崎青児、左とん平、辰巳柳太郎、深水三章、清川虹子
    江藤漢、常田富士男、小林稔侍、三木のり平、ケーシー高峰、賠償美津子

第36回カンヌ国際映画祭:パルム・ドール 受賞

【ストーリー】

信州の山深い寒村。いまだ元気に働くおりんだったが、今年、楢山まいりを迎えようとしていた。
それは、70歳の冬に皆、息子に背負われ楢山へ捨て置かれるという村の掟のこと。
神に召されると喜ぶおりんに対し、息子・辰平は気持ちの整理がつかない……。

【感想】

第36回(1983年)カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した今村昌平監督作品です。

深沢七郎の同名小説を映画化した作品で、
1958年の木下恵介監督作品に次ぐ2度目の映画化となります。

久しぶりに日本映画を観て、とてつもなく大きな衝撃を受けました。

現代社会ではありえない、姥捨て、間引き、村八分など、
文明とは程遠い寒村の掟を通して、人間の持つ欲望や残酷さを、とてもリアルに描いています。

そして村人たちに常に付きまとう“死”。
過酷な生活の中で精一杯生きる村人たちは、常に“死”と隣り合わせであり、
常に“死”と向かい合い、常に“死”を感じている。

その“死”の生々しさは、本当に衝撃的でした。
田んぼに捨てられた嬰児の遺体、村の掟を破った家族への報復、
細く荒れ果てた道を一歩踏み外しただけで、そこには“死”が待ち受けている・・・

最初から最後まで映画全体に“死”の臭いと絶望感が漂っていました。

そして、その絶望感と“死”の臭いと共に、
人間の持つさまざまな欲望を包み隠さず、まざまざと見せ付けられます。

過酷な生活の中で必死に食料を蓄える村人たち。
普段の生活の食料と共に過酷な冬を乗り越えるために必要な食料までも確保しなければならない。
家族を養うため、自分自身が生きるために・・・

しかし、人間という生き物はとても愚かな生き物なんだと思える出来事が起きます。
村の掟を破り、他の人々の食料を拝借していた家族に対して村人たちがとった行動。
その残酷な報復は、とても直視して見ることが出来ませんでした。

文明とかけ離れた寒村であるからこそ、村自体の結束力がとても強い。
人間の生死よりも、村の掟が最優先される。
“村社会”の厳しさがとてもリアルに伝わってきました。

その食欲と同じく、人間の持つ欲求のひとつである性欲。
これも、村社会という限られた暮らしの中で生々しく描かれていました。
普通の描き方とは違う、生々しくエロティックな描写は今村監督流なのでしょうね。

過酷な生活の中で精一杯生きている村人たち。
村社会の掟を守り、欲望を満たして生きてる。

物語の間に挿入される蛇や蛾の交尾シーンや蟷螂の共食いシーンは、
まるでこの村人たちを象徴しているかのようでした。

人間とは特別な存在なのか?

虫や動物たちと何が違うのか?

そう問いかけられているように感じました。

しかし、この過酷で絶望感が漂う物語の中で唯一“人間”を感じる存在が、
楢山まいりを迎えようとしているおりんでした。

息子や孫たちの生活のために、自らの命を神へと捧げます。

そして山へゆく前に、おりんがとった行動は全て家族のためでした。
その数々の行動の中に、とてつもなく大きな“愛”を感じました。

おりんは自分のためではなく、息子や孫、家族のために生きていた。

欲望を満たすという人間の本質、生き物の本質をさらに超えた、
真の愛情が、そこにありました。

村の掟に従い母親おりんを楢山へと連れてゆく息子の辰平。
彼もまた心優しく、家族想いな男です。

妻を亡くした彼は母親や息子や弟の面倒を見ながら懸命に働いています。
誰にも言えないつらい過去を背負いながら。

家族のためであっても、自分の母親を山へ置き去りにしなければならない。
辰平の心はとてつもなく苦しかったに違いありません。

愛する家族のために、愛する母親を背負い山へと向かう息子。

愛する家族のために、愛する息子に背負われ山へと向かう母親。

そこに見える、とてつもなく大きな親子愛。

母親を背負い、道無き山を越え、たどり着いた場所。

そこはまさにこの世の場所とは思えないほど壮絶な場所でした。
今もそのシーンが頭の中に焼きついて離れません。
とても衝撃的なシーンでした。

おりんの息子、辰平を演じた緒形拳。
彼の演技力は本当にすごい。
寒村で懸命に生きる一人の村人をとてもリアルに演じていました。
まるで、本当にそこに住んでいる人間かと思えるくらいに。
そして母親を山へ連れてゆかなければならない心の葛藤を、
少ないセリフの中で、体と表情、全てを用いて表現していました。
その圧倒的な演技力と存在感は言葉では言い表せません。

そしておりんを演じた坂本スミ子。
演じた当時は緒形拳とさほど変わらない年齢だったので、
70歳には見えませんでしたが、楢山まいりを迎える歳になっても、
体が不自由になる事も無く健康体であったと言う設定であれば、
無理な役柄ではなかったかなと思います。
この役のために本当に歯を抜いたというエピソードを聞いて、
坂本スミ子という役者魂と、彼女にそこまでさせるような、
この物語のとてつもない深さと魅力をあらためて感じました。

そして、この作品を撮り上げた今村昌平監督。
人間の姿を表も裏も包み隠さず描き、人間本来の姿をさらけ出すことによって、
人間の本質に迫った演出は本当にすごい。
人間を描かせたら今村昌平監督の右に出る者はいないと思います。

姥捨てや村社会を通して、人間という生き物を真正面から描き、
欲望という動物的な本能と、愛情や思いやりという人間的な本能を、
上手く対比させながら描いた今作は、まさに“人間賛歌”なのではないでしょうか?

ここまで人間を描いた作品は今まで観た事がありません。

ここまで人間の本質に迫った作品は今まで出会った事がありません。

深い。とても奥が深い。

そして、凄い。本当に凄い。

もう、このような言葉しか出てきません。

この作品は、間違いなく日本映画の中でも傑作のひとつであると思います。

軽い気持ちでは観る事はできません。
人間の本質、欲望、生と死、そして愛。
人間が持つあらゆる要素が、この映画に凝縮されています。

自分は人間なんだと、当たり前のことを思い知らされます。

とてもリアルであるがために、目を背けたくなる場面が沢山あります。

でも、そこで目をそらしてしてはいけないのだと思うのです。
しっかりと自分の中に、その人間の本質を受け入れる事が大切なのです。

そして、人間の汚い部分や清らかな部分をまじまじと見せ付けられ、
“死”の臭いと絶望感に包まれた物語の先にあるものを感じるのです。

生の尊さを。

生の力を。

生き抜く力を。


評価★★★★★★★★★★(10点満点中10点 …1点)

パーフェクト!!Toy's殿堂入りです!!



<DVD情報>





楢山節考

<BOOK情報>

楢山節考 (新潮文庫)



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

七人の侍
世界のクロサワの代表作であり、映画史に残る不朽の名作。


七人の侍



製作年:1954年 製作国:日本 207分
監督:黒澤明
出演:三船敏郎、志村喬、津島恵子、藤原釜足、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二
    小杉義男、左ト全、稲葉義男、土谷嘉男、高堂国典、熊谷二良、富山晴子

第15回ヴェネチア国際映画祭:サン・マルコ銀獅子賞 受賞

【ストーリー】

戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士たちに立ち向かうべく、
農民たちは7人の侍を雇い、壮絶な戦いを繰り広げる。

【感想】

もう、何も語ることはないほど有名な日本映画界の最高峰の作品、
いや世界の映画史にその名を残す不朽の名作です。

世界中でこの映画がお手本とされたり、リスペクトされたりしていますよね。

説明不要な作品ですが、とても大好きな作品ですのでレビューしたいと思います(^^

1954年製作ですから、今からもう半世紀以上前の作品になりますね。

ダイナミックなアクションシーンの数々、綿密に計算された脚本、
細部までしっかりと描かれているキャラクター設定、
3時間半という長時間を感じさせない素晴らしい構成、そして演出、
どれをとっても“映画”に必要な要素が全て完璧に揃っている作品は、
この映画以外に思いつきません。

この作品が半世紀以上前、しかもこの日本で製作された映画というのが驚きです。

娯楽映画というのは、だいたいキャラクター設定が薄かったり、
物語が単純であったりということが多いですが、
この作品は娯楽映画としても最高峰の上、
しっかりとした人物描写や奥の深い物語があります。

野武士たちから村を守るために侍を雇う農民たち。
一見臆病で気弱な人々ですが、実は結構したたかで抜け目がない。

野武士たちから守ってもらうために雇った侍にも心を開かず、
反発したり、身勝手な行動を取ったり、村の女性を奪われないようにかくまったり、
気弱で人の良さそうな感じですが、実はかなり、したたかに生きている人間たちです。

でもそれは彼らが自分たちを守るために出来る精一杯の行動なのです。
戦い慣れしている侍や野武士と違い、力で自分たちを守れない彼らは、
したたかに、ずる賢く生きるしかなかったのでしょう。
そんな戦国時代の農民たちの行き方が、決して綺麗ごとではなく、
泥臭く、リアルに描かれていました。

そして七人の侍たち。
農民から声を掛けられ、最初に雇われたのはいくつもの戦いを潜り抜けてきた、
戦略と知力、そして剣術にも優れた侍:勘兵衛。

農民たちではまったく雇う事ができなかった侍たちを、
決して良い条件とは言えない中、勘兵衛の知力、そしてカリスマ性によって、
ようやく6人の侍が集まります。

その侍たちを集める過程が面白いんです。
頼まれて手を貸す者、志願してくる者、自分の信念を貫き通す者、
ついてくるなと言われてもついてくる者、いくつもの戦を共に戦った戦友など、
実に個性豊かな侍たちを、いろんな手を使って集めてゆきます。

この侍集めが、この7人の侍たちがどんな性格で、
どんな能力を持った人間なのかを知る事ができる重要な部分なんです。

個性豊かな7人の侍たちは、それぞれまったく違った性格で、
生きてきた境遇も戦いの経験もまちまちです。

そんな個性的な7人の侍たちの性格や境遇もしっかりと描かれており、
それぞれの侍たちの人間性に奥行きと厚みを持たせています。

その中でも、一際目立つ存在なのが三船敏郎演じる菊千代。
荒々しさとひょうきんさを持つ菊千代という人物は、
個性豊かな侍たちの中でも異彩を放っていて、
その境遇や生き様は、この作品の中でとても重要な存在となっています。

そんな農民たちと7人の侍が共に野武士たちの襲撃に立ち向かいます。

襲撃に備えての戦術、農民たちへの戦闘訓練、
そして野武士たちとの駆け引きなど、
ダイナミックなアクションシーンだけではなく、
知力と戦術を駆使した見事な戦いも繰り広げられます。

そこがこの作品の見所でもありますね。

侍と農民、お互いにそれぞれを認め合う事がなかなかできません。
それは農民は農民なりの、侍は侍なりの考え方があり、それぞれ生き方、
それぞれの経験など、両者の間にある溝はとても深いものなのです。

この作品がただのチャンバラ映画ではない、
深い人間ドラマがあるのは、まさしくそこなのだと思います。

善と悪という両面を合わせ持ち、したたかに生きる農民たち、
己の信念を貫き通して生きている侍たち、
その微妙な関係、そしてその関係から見える当時の社会情勢を、
この物語の中に凝縮して描いている、そこが凄いと感じました。

そしてその農民たちと侍たち、それぞれを細やかに描くことによって、
農民と侍がそれぞれ持っている、悲しみや苦しみ、善と悪、生と死、
喪失感、悲壮感、そして愛情、優しさ、温もりを、
セリフに表すこともなく、分かりやすく描写することもなく、
観ている人々に直接伝わってくるのです。

そんな状況の中で、心のぶつかり合いや、仲間の死を通して、
農民、侍という枠を超えた人間的な繋がりが生まれてきます。

一丸となった農民と7人の侍の戦いは、
クライマックスに向けて壮絶さを増してゆきます。

ラストのどしゃぶりの中の戦いは、まさに映画史に残る名場面ですね。

あれほどまでに壮絶な戦いは、今までの時代劇では観た事がない、
いや日本映画や洋画でも観た事のない、凄まじい戦いでした。

ダイナミックな演出と多様なカメラワーク、
どしゃぶりの中の最終決戦という予想を超えた斬新な設定、
野武士と農民と侍が入り乱れる壮絶な戦いは、
まるでその戦場に立たされているような臨場感を感じました。

戦国時代に生きる人々のそれぞれの生き方、社会情勢、
侍と農民という立場の違いによる確執などの深い人間ドラマと、
若侍と村の娘との立場を超えた切ない恋愛、
そして観る者の度肝を抜くダイナミックな戦闘シーンや巧妙で見事な戦術などの、
娯楽性に溢れた時代劇アクションを見事に融合し、
ひとつの作品として撮り上げた黒澤明監督は本当に凄いと思います。

今、このような作品を撮れる監督は世界中を探してもいないと思います。
そして、これからも黒澤明監督のような監督は出てこないんじゃないかと思います。
本当は黒澤明監督を超えるような人が現れてほしいんですけどね。

この世界に誇る名監督である黒澤監督が日本人であることが、
とても嬉しく思うと同時に、とても誇りに思います。
ホント、日本人に生まれて良かったと思います(^^

そして、この作品に出演している役者さんたち。
黒澤監督映画にはお馴染みの常連の役者さんたちが多数を占めていますが、
その中でも、やはり菊千代役の三船敏郎と勘兵衛役の志村喬は別格でしたね。
この二人の圧倒的な存在感、どんな役柄でも適応する役者としての才能、
そしてどんな状況でも演技をこなしてしまう役者魂は凄いです。

特に志村喬は「生きる」をはじめ、弱々しいイメージが強かったので、
知力、戦術に優れ、カリスマ性を持つ侍:勘兵衛役は以外だったのですが、
この作品を観て、その考えが吹っ飛んでしまいました。
どんな役柄でも柔軟にこなせる素晴らしい役者さんでしたね。

三船敏郎演じる菊千代は、この作品の後に演じることになる、
「用心棒」「椿三十郎」の浪人:三十郎や、「隠し砦の三悪人」の真壁六郎太に見られる、
どんな時でも冷静沈着、頭が切れて、剣の腕も超一流という凄腕の侍ではなく、
性格は乱暴で、お調子者、そしてとても深い心の傷を持つ、
等身大のキャラクターだったと思います。
三船敏郎の圧倒的な存在感と卓越した演技力は本当に凄かったです。

あと7人の侍のひとりである、宮口精二演じる久蔵が結構好きなキャラクターです。
めちゃくちゃ格好良いんですよ。
あれが侍、あれが武士道、あれが男なんだと感じる、憧れの存在ですね。

その他沢山の名優たちが競演しておりますが、
全部を書き出すと終わりが見えなくなるので、この辺でやめておきます(笑)

とにかく、この「七人の侍」という作品は凄いです。
もう、本当に凄いとしか言いようがありません(笑)

深い人間ドラマ、綿密に計算しつくされた物語、ダイナミックなアクション、
娯楽映画としての要素と全ての映画に必要な要素が全て備わった、
完全な映画、傑作であり最高峰であり、名作中の名作。

もうこの作品を説明するのに“凄い”と言う言葉しか出てこないので、
観ていない方は実際に自分の目で、Toy'sの言うこの映画の凄さを確認してほしいと思います。

半世紀以上前の作品で、白黒で、時代劇で、知っている俳優がいない、
そう思う人がいるかもしれませんが、その思いは観てしまえば、どこかに吹っ飛んでしまいます。

物語にどんどん惹き込まれ、敬遠していたものを嘘ののように忘れてしまいます。
実際に自分も黒澤作品を観るまでは白黒の古い時代劇を観るなんて考えもしませんでした。
しかし、この作品を観た途端、黒澤明ワールドにどっぷりとハマってしまいました。

それだけのパワーがこの作品にはあります。
観るたびに新しい発見があり、何度観ても面白い、
そして今観てもまったく色あせない“本当の映画”がそこにあります。

日本で言えば国宝級、世界で言えば世界遺産にも匹敵するような、
映画としての完成度の高い、最高級の映画史に残る名作中の名作です。


評価★★★★★★★★★★(10点満点中10点 …1点)

パーフェクト!!
日本映画界、そして世界の映画史に残る“不朽の名作”であり、
Toy'sの中でも“不朽の名作”なのでToy's殿堂入りです!!



<DVD情報>





七人の侍(2枚組)<普及版>






七人の侍





黒澤明 : THE MASTERWORKS 1 DVD BOXSET



現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。