FC2ブログ
プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
ターミネーター3
恐れるな。未来は変えられる。


ターミネーター3
原題: TERMINATOR 3: RISE OF THE MACHINES



製作年:2003年 製作国:アメリカ 110分
監督:ジョナサン・モストウ
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ニック・スタール、クレア・デインズ、
    クリスタナ・ローケン、デヴィッド・アンドリュース、マーク・ファミリエッティ

【ストーリー】

未来から送り込まれた殺人機械T-1000の襲撃を回避し、人類の未来を塗り替えたジョン・コナー。
それから10年、“審判の日”は回避されたかに思われたが、
自分を見つめ直すための旅を続けるジョンの前に突如として新たな刺客T-Xが送り込まれてくる。
再びターミネーターとの戦いに身を投じるジョンの元へT-800と同じ形状のターミネーターが現れる。

【感想】

大ヒットした「ターミネーター」シリーズの第3弾です。
1作目、2作目とレビューを書いてきたので、半分以上義務感でレビューしてます(笑)

監督がジェームズ・キャメロン監督からジョナサン・モストウ監督に変更。
今までの前2作とは少し作風が変わった作品になっていると思います。

しかし、我らがシュワちゃんは健在(^^
今作も見事なターミネーターっぷりを披露してくれています。
今回は前2作のT-800ではなく、そっくりな作りのT-850型です。
でも全然違いがないと思ったのは自分だけでしょうか(^^;

ここまで続編が続くと次なる刺客がどんなターミネーターなのか?が気になりますよね。
今回の刺客は液体金属と金属ボディを兼ね備えたT-Xなる新型です。

しかも外見は女性!!

このターミネーターのアイデアは斬新だったと思います。
T-Xを演じたクリスタナ・ローケンもめっちゃハマってました(^^

今までのターミネーターのイメージが変わりましたね~。
あいかわらず無表情で目的のためなら手段を選ばない冷徹無比さも健在で、
T-800やT-1000とはまた違った戦いっぷりを披露してくれます。

特に見所はT-Xが繰り出す数々の武器ですね。
あらゆる武器を内蔵し、T-1000のような液体金属をも武器にできるT-Xは、
今までのターミネーターと比べれば格段に戦闘能力がUPしてます。

そんなターミネーターT-Xが青年に成長したジョン・コナーの前に現れます。
今回はジョンだけではなく、未来の反乱軍に関与するメンバーも狙われます。

CGを駆使した映像、ど迫力なアクションシーンは、
前作に引けをとらない出来栄えだったと思います。

特にT-850とT-Xとの戦いは壮絶で見応えがあり、
男性型と女性型のターミネーター同士の戦いは新鮮でしたね。
このアイデアはとても良かったと思います。

今回のジョン・コナーは“審判の日”を回避し、
未来の人類のリーダーとなる目的を無くしたため、自分探しの旅を続けています。
2のジョンからは想像できない程のダメダメ男っぷりです(^^;

しかもジョンを演じているのがニック・スタール。
公開当時からいろいろと言われていますが、
あのエドワード・ファーロングのどこをどうして成長したら彼になるのでしょうか(^^;
今だに謎なキャスティングです(笑)

そして未来の反乱軍の主要メンバーとなるジョンと幼馴染の女性ケイトを、
クレア・デインズが演じています。
彼女もこの作品ではイマイチ輝きがなかった気がしますね(^^;
綺麗な女優さんだと思いますが、今作ではその魅力がほとんど出ていませんでした。
なんか勿体無いなぁ。

キャスティングは2体のターミネーターは言う事無しですが、
人間の主要メンバーはミスキャスト、あるいは生かせてなかったかなぁと思います。
そこが残念でなりません。

主要メンバーがジョンを中心とした人物関係となり、
前2作の二番煎じ的な物語にはならず、新たな展開の物語が構築されいて、
続編としてはまずまずだったかな、と思います。

目的を失い、自分自身を見失ってしまったジョン・コナーが、
再度ターミネーターの襲撃に合い、一度は失った目的がジョンの中で甦り、
人類のリーダーとして生きる人生を歩まなければならない事を自覚し直して行く・・・
そんな彼の成長物語としては、しっかりと描けていたように思います。

ただ、3作目の存在自体を否定するような意見ではありますが、
前作で“審判の日”を回避し、とてもしっかり締めくくったように思ってたので、
無理矢理今作を作る意味がなかったように感じました。

結局スカイネットは存在し、機械に支配される未来がやってくる。
前作の壮絶な戦いの意味は?
今作を製作した意味は?
そんな考えが頭の中を駆け巡ってしまいました。

なので今では自分の中で前2作とはまったく別の作品として考えています。
題材を同じにした違った世界の物語、パラレルワールドみたいな感じですね(^^;

SFアクション映画としては、十分に楽しめる娯楽作品として仕上がってると思います。
シュワちゃんのターミネーターっぷりと暴れっぷりも見応えありますし、
クリスタナ・ローケン演じるT-Xの暴れっぷりも見応え十分です。
アクションシーンも迫力満点でした(^^

でも、やっぱり物足りなさを感じるのは、
やっぱり「ターミネーター2」が完璧だったからでしょうね。

2作目を観て、続編が1作目を超える事が出来るんだともの凄く感動しました。
3作目を観て、やっぱり続編は前作を超える事は難しい事なんだと思いしらされた感じです。

いろんな意味で見応えのあるシリーズです(^^;

4作目の話もいろいろと出ていますが、ここまできたらやっぱり作ってほしいですね。
あえて3作目を作って続けた物語ですから、
しっかりとした続編を作って、このシリーズを観てきた人たちが納得できる物語、
そしてフィナーレを迎えてほしいと思います。


第一作「ターミネーター」の感想はこちら

第二作「ターミネーター2」の感想はこちら


評価★★★★★★☆☆☆☆(10点満点中6点 …1点)


<DVD情報>

ターミネーター3 スタンダード・エディション

ターミネーター 3 プレミアム・エディション

<CD情報>

オリジナル・サウンドトラック「ターミネーター3」

現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ターミネーター
冷酷!非情!残虐!史上最悪のヒーロー!!


ターミネーター
原題:The Terminator




製作年:1984年 製作国:アメリカ 108分
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マイケル・ビーン、
   ランス・ヘリクセン、ポール・ウィンフィールド

【ストーリー】

人類と機械との戦いが果てしなく続く近未来、機械軍は人類のリーダーであるジョン・コナーを
歴史上から抹殺すべく1984年のロスへ冷徹無比の殺人機械ターミネーターを送り込む。
その目的はジョンを産むことになる母親サラ・コナーの抹殺。
サラに危険が迫る中、ジョン・コナーの命を受け、彼女を守るために戦士カイルが未来からやって来る。

【感想】

今さら何も語ることはないほど超有名なSFアクションの名作ですが、
まだ観たことのない方や若い方々のためにレビューしたいと思います(^^

常に映画界をリードし、アクション映画俳優として一時代を築き上げ、
現在ではカルフォルニア州知事として活躍する、
アーノルド・シュワルツェネッガー(以下:シュワちゃん)主演作品です。

この作品の見所は何と言ってもシュワちゃん演じるターミネーターの
圧倒的な存在感と怒涛のアクションシーンですよね!!

そして、この作品はシュワちゃんとジェームズ・キャメロン監督の
出世作でもあり、代表作でもありますよね。
これを観ないで映画の何を語れるんだ?って感じの作品です(笑)

もう20年以上前の作品なのでCGなどはまったく使われていません。
お手製の特撮や合成によって作られていますので、
今観るとかなりチープに感じるかもしれませんね。

しかし、当時としてはその映像にとても衝撃を受けた記憶があります。

近未来の人類と機械軍との戦い、
シュワちゃん演じる冷徹無比なターミネーターが傷を負って修復する場面、
そしてターミネーターの骨格があらわになった姿など、当時観た時には、
今まで観たことのない世界に入り込んでしまったような感覚になりました。

この作品がここまで大ヒットしたのは、
その時代における圧倒的な映像の数々と共に、
非常に分かりやすいシンプルな物語に、
多くの要素が散りばめられていたからなのだと思います。

物語の基本は追う者と追われる者の戦いという定番でシンプルな物語です。

追う者は未来から来たターミネーター(T-800)という未知なる存在。
追われる者は未来の人類のリーダーとなるジョンの母親という、
重要な存在でありながら、その事実と現実を受け入れられない普通の女性サラ。

殺人機械ターミネーターが人類のリーダーとなるジョンの母親サラを
抹殺するために近未来からタイムスリップして送り込まれてくる。
これだけでSF映画好きの心をくすぐりますよね(^^

そして目的を果たすためには誰であろうと省みず殺戮を繰り返し、
執拗にサラを追いかけるターミネーターの姿。
あれだけ執拗に命を狙われたら・・・と思うとめちゃくちゃ怖いですよね(^^;

目的を遂行するためだけに行動する殺人機械ターミネーターとの戦いを
怒涛のアクション満載で描き、
緊張感に溢れた追跡劇をサスペンスタッチで描いた物語は、
ホラー映画にもまけない素晴らしい恐怖を演出していたと思います。

そしてターミネーターからサラを守るために、
近未来のジョンの命により現代に送り込まれた未来の戦士カイル。

二人は行動を共にするうちに、いつしかお互いを愛し合うようになります。
現代には存在しないカイルと現代に生きるサラ。
決して結ばれてはいけない二人の愛の行方もしっかりと描かれています。

カイルとサラは冷徹無比な殺人機械ターミネーターの襲撃を逃れ、
生き延びることができるのか?

カイルとサラの愛の行方は?

シンプルな構成で進む物語ですが、
やはりここまで名作として語り継がれてる作品です。
一筋縄では終わりません。

今観ればどこかで観たようなラストに思えるかもしれませんが、
この作品がそのどこかで観たようなラストの先駆けとなっているのです。

いや、ラストだけではなく、この作品自体が、
後に多数製作される多くの映画に多大なる影響を与えた作品なのです。

SF、アクション、サスペンス、人間ドラマ、そして恋愛と、
娯楽作品としての要素を全て兼ね備えていたからこそ、
この作品がSFアクション映画の名作として語り継がれているのだと思います。

とても有名な作品なので観た事のない人の方が少ないとは思いますが、
まだ観た事がない方には十二分に楽しめる、とてもオススメな作品です。


第二作「ターミネーター2」の感想はこちら

第三作「ターミネーター3」の感想はこちら


評価★★★★★★★★☆☆(10点満点中8点 …1点)


<DVD情報>

ターミネーター

ターミネーター〈特別編〉

ターミネーター アルティメット・エディション

ターミネーター 新生アルティメット・エディション

ターミネーター (ベストヒット・セレクション)


<CD情報>

ターミネーター


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画