プロフィール

Toy's

Author:Toy's
Toy'sの映画感想ブログです。

今まで観た映画から最近見た映画までジャンルを問わずご紹介していこうと思います。

映画の感想は基本的にネタバレしないように書いています。
評価の詳しい内容は、

「評価の基準」をご覧下さい。

詳しいプロフィール

B級映画を中心に映画の感想を書いているブログ、

「Toy's “B級” CINEMA PARADISE」
も宜しくお願いします。

TB・コメントは承認後となります。

五十音順検索

Toy's映画レビュー 五十音順検索

【ア~ナ行】

【ハ~A行】

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサード リンク

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

eiga.com TOPICS

訪問者さま

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

My Album

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサード リンク

DVD・CD関連


タワーレコード
楽天市場
プロジェクトX ベスト10BOX
HMV

オンラインDVD・映画NET配信

TSUTAYA DISCAS


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

NTTレゾナントが運営する、Bフレッツユーザ向けハリウッド映画専門の映画配信サービス
「シネマ・コンプレックスonフレッツ」 ご自宅のインターネット回線がBフレッツなら、すぐにハリウッド映画がご覧いただけます
さぁ、今すぐアクセス

当ブログのオススメ

A8.net
リンクシェア・ジャパン
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
PGS音楽市場
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM オフィシャルWEBサイト
PIA CARD
ユナイテッド・シネマ入間

オススメ情報

アフィリエイターのアクセスアップ必須アイテム
JTB 海外ホテル予約
JTB 海外航空券予約
中古車買取実績No.1ガリバー
宅配DVDレンタルを徹底比較
ShopJapan
Yahoo!オークション

フリーエリア

Toy's CINEMA PARADISE
超大作からカルト映画まで、何でも観る雑食映画好きの映画感想ブログです。
   
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアニスト
ぼくはあなたがどんな哀しい秘密を持っていても愛しています。


ピアニスト
原題:LA PIANISTE

ピアニスト

製作年:2001年 製作国:フランス、オーストリア 132分
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル、アニー・ジラルド、アンナ・シガレヴィッチ
    スザンヌ・ロタール、ウド・ザメル

第54回カンヌ国際映画祭:審査員特別グランプリ 受賞
                  男優賞(ブノワ・マジメル) 受賞
                  女優賞(イザベル・ユペール)受賞


【ストーリー】

小さい頃からピアニストになるため、母親に厳しく育てられたエリカ。
母親の夢であったピアニストになれなかったエリカはウィーン国立音楽院のピアノ教授をしていた。
今まで異性に触れることもなく育ち、中年を迎えたエリカだったが、
ある日小さなコンサートでピアノを弾いていた青年ワルターがエリカに思いを寄せる。
彼の一途な恋心を感じたエリカも、次第に彼に惹かれて行く。
しかし、エリカには誰にも言えない秘密を持っていた・・・

【感想】

オーストリアの鬼才ミヒャエル・ハネケ監督作品です。

ミヒャエル・ハネケ監督と聞けば・・・ご存知の方はもうお分かりですよね。
映画のパッケージやキャッチコピー、ストーリーを読んだだけでは、
この作品が人間の心の深い闇を描いているということを感じ取ることは難しいですよね。

小さい頃からピアニストになるために母親に厳しく育てられたエリカは、
母親の夢であったピアニストになることができず、
異性に触れることもなく育ち、40歳を過ぎても帰る時間まで母親に管理されています。

そんなある日、私的な演奏会の席でピアノを弾いていた青年ワルターと出会います。
ワルターは知的なエリカに惹かれ、思いを寄せるようになります。
若さゆえの強引な愛情表現と異性からのアプローチに戸惑うエリカ。
そんなエリカも、ワルターの一途な愛を受け止めはじめ、
エリカ自身もワルターに惹かれて行きます。

ここまで書くと、とても純粋な恋愛映画のように感じますよね。
しかし、ここからがハネケ監督ワールドが全開になります。

ワルターの想いが爆発し、エリカとキスを交わすトイレのシーン。
DVDパッケージのシーンですね。

そこに至るまでにもエリカの秘密は小出しに表現されてきますが、
ここに来てエリカの異常性が一気に爆発します。

エリカの異常な行動に対する感じ方は人それぞれだと思います。
この作品を観た方は、その行動をどのように感じたのでしょうか?

不快に感じたり、気持ち悪いと思ったり、目を背けたくなったり、
怒りや嫌悪感を感じたり、きっとエリカに対して良いイメージを持つ人はいないと思います。

エリカの著しく歪んだ性への感情。
40歳を超えても、一度も異性と接する事もなく、母親に常に管理され、
同じ部屋で隣のベッドに寝る。
常に束縛され、管理されていたエリカは、倒錯した性に溺れるようになっていたのです。

エリカの倒錯した性への感情を知り、知的さと異常さを持つエリカに戸惑うワルター。
果たして、彼らの愛の行方は・・・

ハネケ監督作品と言う事で、かなり気合いを入れて観ましたが、
自分の予想を上回る、想像を絶するエリカの異常性にとても衝撃を受けました。

エリカだけではなく、母親の娘に対する愛情も異常です。
娘への過度な期待を持ち、異性から遠ざけ、仕事や帰宅時間までも口を出す。
娘への深い愛情がいき過ぎて、エリカという人間自体を縛ってしまった。
きっと愛情と共に、自分がひとり取り残される事に対しての不安を感じていたのかもしれません。

小さい頃から母親に束縛されてきたエリカは、
母親から離れられず、自分の心を押し殺してきたが故に心が歪んでしまったのだと思います。

そして母親の束縛、異性との断絶によって倒錯した性に溺れてしまい、
いざ、異性と対峙した時に、自分の中の純粋な部分、
素直な心を出す事ができなかったのでしょう。
もしかしたら、普通の接し方を知らなかったのかもしれません。

エリカの心の中にある闇は、とてつもなく深いものでした。
底が見えないほど深い、入り込んだら抜け出す事ができないブラック・ホールのように。

そしてエリカに惹かれて行く青年ワルター。
ピアノの才能がある普通の大学生であるワルターは、この作品の中ではまともな存在・・・

とは言えないかもしれません。

年上の女性への猛烈なアプローチは若さ故の行動だと思います。
そして、そこがトイレであろうともエリカにキスをするシーンも、
若者であるがゆえの行動であると思います。

そしてエリカの倒錯した性への感情を知り、その事に対して戸惑い、心が揺れ動く。

エリカの異常性を知った後の彼の行動は、
少なからず異常性を持っていたのではないかと思います。

人はきっと誰もが多かれ少なかれ、
人から見たら異常だと思われるものを持っているんだと思います。

誰にも知られたくない、心の中に持つ深い闇の部分を・・・

この作品は、まさにそこを描きたかったのではないでしょうか?

表現方法は決して綺麗なものでななく、目を背けたくなるような描写ばかりです。
何故ここまで描くのか?そう思えるほど不快で嫌悪感を感じます。

ハネケ監督はどの作品もそうですが、異常なまでの表現方法で、
観る人の心に訴えかけてきます。
その描写に耐えられるかどうか、そこがこの監督の作品を受け入れられるか、
受け入れられないかが決まるんだと思います。

この作品は第54回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞しました。
とても一般的には受け入れられないこの作品が受賞したのは、
その奥にある人間の心の闇を、観た人たちが感じ取ったからかもしれません。

そして同映画祭で女優賞を受賞したエリカ役のイザベル・ユペール。
彼女の演技力には、もの凄い力を感じました。
ちょっとした表情で全ての感情を表現していて、演技とはなにか、
映し出される映像から受け止めるものはどんなものなのかを、
熟知しているような、とても素晴らしい演技でした。
エリカの異常性を淡々と演じきった彼女は本当に凄い女優さんだと思います。

同じく男優賞を受賞したワルダー役のブノワ・マジメル。
エリカに想いを寄せ、彼女の異常性を知り、激しく心が揺れ動く微妙な心境を、
見事に演じきっていたと思います。
激しさと繊細さを持つ若者の心を上手く演じ分けていました。

誰もが持つ心の深い闇を描いたハネケ監督の衝撃的な問題作。
観る人の心をとことん追い詰めて、その物語の中にある深いテーマを突きつける、
ハネケ監督の独特の演出と表現方法は、万人に受け入れられるものではなく、
かなりの心構えがないと、暗く深い闇のどん底に突き落とされてしまいます。

そして深く深く落ちていった先には、どうしようもない位、救いはありません。

「ピアニスト」という美しいタイトルとは裏腹に、
人間の醜くて汚い、誰にも知られたくないような心の闇を描いた作品です。

この作品も、あえてオススメはしません。
というかハネケ監督作品は自分からオススメすることはないでしょう。
とにかく、衝撃的で深く考えさせられると同時に、
もの凄い不快感と嫌悪感、そして喪失感に駆られます。
そして、ものすごく後味が悪いです。

ですので、この作品をはじめ、ハネケ監督作品を観ようという方は、
Toy'sのレビューを読んで、心の準備をして頂き、
自分の想像以上の衝撃を受ける事を覚悟の上、ご鑑賞下さいね。


評価☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(10点満点中0点 …1点)
※0点は評価の付けられないカルト映画という意味です。

※ハネケ監督の作品は普通の評価ができないのでカルト作品の分野に入れることにしました。


<DVD情報>

ピアニスト


現在3つのブログランキングに参加中です↓↓↓
記事の内容を気に入って頂いた方は是非クリックして頂けると嬉しいです(^^

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

ハネケ作品、全部観てますが、いろんなパターンで攻めてきますよね。
程度の差はあると思いますが、人に言えない変な癖ってみんなあると思います。嫌悪感を抱きつつ、心のどこかで理解できる人、ほんとは結構多い作品なんじゃないかな?。堂々とこの作品好きですって言いにくい作品だとは思います。それにしても、どの作品も観るのに忍耐力がいります。鑑賞後はとても疲労感に襲われますが、忘れた頃にまた観ています。ハネケ監督の作品は、観たくないけどまた観てしまう不思議な魅力は感じます。
応援ポチ
【2008/05/30 22:40】 URL | Whitedog #- [ 編集]


>Whitedogさんへ
ハネケ監督作品を観たのはまだ3本目なんですが、どれも違ったアプローチの仕方をしていますよね。
その中で共通するのは、人間の心の闇を描くと言う事、人間の醜くて汚い部分を包み隠さずありのままを表現するという事。
その描写はもの凄く不快感や嫌悪感を抱かせますが、それは誰もが持つ心の闇の部分、
自分の中の痛い部分をストレートに突き刺されているからなのだと思います。
ハネケ監督作品は、表面的にみれば、ただひたすら人間を追い込んでいるだけのように思えますが、
その先のもっと深い部分、人間の心の奥にあるものを引きずり出して、人間そのものを丸裸にして自分自身をあらためて見つめさせる・・・
そんな深い想いがあるような気がします。
たしかに、この作品に嫌悪感を覚えつつ、心のどこかで理解できる部分があったり、
共感を覚える部分がある人って結構多いんじゃないかと思います。
やはり、そこは自分の痛い部分なので、表向きにはそうは言えないと思いますけどね。
ハネケ監督作品を観終えた後は本当に疲労感に襲われます・・・
そして、脳裏に焼きついてなかなか離れない。
「ファニー・ゲーム」を観た時は本当に一週間くらい立ち直れなかったです(^^;
今でも思い出すだけで心が落ち込みます。
だけど。Whitedogさんと同じく、観たくないんだけどまた観たくなってしまう、
本当に不思議な魅力を持つ作品を撮る監督ですよね。

応援ポチありがとうございます♪
【2008/05/31 10:50】 URL | Toy's #- [ 編集]

こんばんは
>人はきっと誰もが多かれ少なかれ、
>人から見たら異常だと思われるものを持っているんだと思います。
>誰にも知られたくない、心の中に持つ深い闇の部分を・・・
なるほど~。妙に納得してしまいました。
カルト作品として評価外にするところも納得です。
ハネケ作品は「ピアニスト」と「隠された記憶」しか観ていないので、
今度は「ファニー・ゲーム」を観ようかと思います。
【2008/05/31 19:31】 URL | ひで #- [ 編集]


>ひでさんへ
ハネケ監督は作品ごとにアプローチの仕方を変えながら、
人間の心の奥にある深い闇を描いているのだと思います。
目を背けたくなる程強烈な描写が、観る人の心の奥にある闇を直接刺激するのではないでしょうか。
とても不快感や嫌悪感を抱く物語は、なかなか受け入れられないですけどね。
どんな評価をして良いのか分からなかったので、カルト作品の分野に入れてしまいました(^^

「ファニー・ゲーム」はハネケ監督作品の中で初めて観た作品ですが
、一番強烈でしたので、心してご鑑賞下さいね。
自分はこの作品を観て、1週間ほど立ち直れませんでした(^^;
ナオミ・ワッツ&ティム・ロス主演でセルフ・リメイクされましたが、
たぶんブチ・トラウマになってるんで観れないと思います。
「ピアニスト」「隠された記憶」の比にならないほど救われない、
喪失感と絶望感に包まれますので、十分ご注意下さいね。
【2008/05/31 21:54】 URL | Toy's #- [ 編集]

こんばんわ
なんか凄い感じの作品みたいですね。
私はハネケ監督の作品は観てないんですが、
気合を入れて観るべき映画なんでしょうね。
なんか興味出てきちゃいましたよ(笑
心の準備が出来たらレンタルしようと思います。

応援ぽち
【2008/05/31 22:22】 URL | RIELU #yjAvvF4. [ 編集]


>RIELUさんへ
とても凄い感じの映画です(笑)
いや、冗談抜きでハネケ監督作品はどれも強烈です。
たぶん、自分のブログの記事を読んで事前情報があったとしても、
想像を超える衝撃を受けると思います。
こう書かれると興味出ちゃいますよね~(笑)
とても不快感や嫌悪感に包まれますが、とても考えさせられる作品です。
もし観る時は相当気合いを入れて観て下さい。
とくに「ファニー・ゲーム」は本当に精神的にやられてしまいますので・・・

応援ポチありがとうございます♪
【2008/05/31 22:48】 URL | Toy's #- [ 編集]


ハネケ作品、ウワサは聞いていますが見ては居ません。
なんだか、興味が惹かれましたよ。
是非、見たいと思います。
ハネケ作品、テーマ的に、うちのBLOGでもレビューできそうですね。

相互リンクありがとうございます。
今後とも、色々とよろしくお願いいたします。
【2008/06/01 00:24】 URL | とら次郎 #mQop/nM. [ 編集]


>とら次郎さんへ
ハネケ監督作品って、レビューとか解説を読むと興味惹かれますよね~。
でも、十分心して観て頂くことを強くオススメします。
人間の醜くて汚い部分をまざまざと見せつけられるので、
ある意味、ホラー映画よりもずっと怖いと思います(^^;
また別の意味で恐怖を感じる作品なので、
とら次郎さんのブログでも十分レビューできると思いますよ(^^

こちらこそリンクして頂いてありがとうございました(^^
今後共よろしくお願いします♪
【2008/06/01 10:17】 URL | Toy's #- [ 編集]

こんにちは~
ミヒャエル・ハネケ監督は,「隠された記憶」を見ましたが
世界中から賞賛される意味が僕には,さっぱり
正直言って,なにこれみたいな印象でした(汗)
感覚が人と違うのでしょうか?
「ピアニスト」や「ファニーゲーム」はよく聞くタオトルなので
トライしてみようかと
Toy'sさんも評価が付けにくいようですね~
応援3クリックさせていただきました<(_ _)>
【2008/06/01 10:25】 URL | hiro #- [ 編集]


>hiroさんへ
「隠された記憶」はキャッチコピーが悪かったんじゃないかと思います。
思いっきり普通のサスペンス映画と思っちゃいますよね。
ハネケ監督がどんな人なのかを知らないと、思いっきり置いてけぼりを食らっちゃいますね。
まぁ、自分もその一人でしたけど(笑)
ハネケ監督は最初から犯人が誰だということは描くつもりはなかったんだと思います。
重要な部分は犯人ではなく、その事件に翻弄されている主人公の心の闇。
幼い頃、アシッドを陥れてしまった事への後悔、
その自分の心の闇を映し出す出来事を知られたくないという羞恥心や自己防衛本能、
その出来事によって生まれる猜疑心など、人間の裏の部分を描きたかったんだと思います。
これだけ、裏側をさらけ出されたらやっぱり不快感を覚えますよね。
誰もが持っている闇の部分を描いた事によって、誰もがその痛い部分を刺激されてしまう。
ハネケ監督作品はきっと観る人の心の鏡みたな感じなのかなと思います。
スミマセン、長々と。

「ピアニスト」は人間の裏側にある性的なものを描いています。
なので不快感レベルは高です(^^;
でも、いろいろと考えさせられる作品でもあるので、是非トライしてみて下さい。
「ファニー・ゲーム」はいろんな人に言ってるのですが、
決して興味本位で観ない方が良いです。
とても救いのない、喪失感と空しさに包まれ、しばらく立ち直れないかもしれません。
観る時は気合いを入れて、覚悟の上ご鑑賞下さいね。

応援3クリックありがとうございます♪
【2008/06/01 12:12】 URL | Toy's #- [ 編集]


隠された記憶は 私も観ました。
はい。キャッチコピーに騙された感が・・・(笑)
ピアニスト ダークでヘビーな感じですね。
私 結構好きなんです。早速 リストに入れました!
深呼吸してから 観ます。
応援ポチ。
【2008/06/01 20:51】 URL | 詩乃 #- [ 編集]


>詩乃さんへ
詩乃さんも自分と同じくキャッチコピーに騙された派ですね(笑)
「ピアニスト」をはじめハネケ監督作品は人間の心の裏側、
闇の部分を惜しげもなく表現しているので、とてもダークでヘビィです。
たぶん、詩乃さんの想像を超える物語が待っていると思います(^^
とても不快指数が高い作品ですので、その点をご注意して観て頂くことをオススメします。

応援ポチありがとうございます♪
【2008/06/02 12:49】 URL | Toy's #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takhn.blog113.fc2.com/tb.php/152-f8a12f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【恋愛映画】についてブログでの検索結果から見ると…

恋愛映画 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると… おまとめブログサーチ【2008/05/31 04:57】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。